【厳選6つ】海外旅行全般で入れておくべき基本アプリまとめ!【便利度パワーアップ】

      2018/10/13

passport

Photography by yOsHi

こんにちは!たびなすびのちかです。

海外旅行中、スマホってどんな感じで使いますか?

私の場合、

 

夫とはぐれても、スマホとはぐれるな。

 

というポリシーのもと、旅行をエンジョイしてる…。

 

もうね、スマホさんいないとやっていけないよ。

 

世界中の道も路地裏までしっかり把握、

タクシーすぐ呼んでくれる、

支払いしてくれる、

何十カ国語ペラペラ、

エンタメ充実、

即座に誰とでも連絡可、

知識半端ない…

 

もうね、彼ができないことはないんです、二足歩行以外。

例え一人旅であっても、一人じゃない…。心の友ここにあり。

 

スマホに絶大な信頼を置いている私、

まず現地についたら空港で即座にプリペイドSIMを購入するのが何よりも大切です。

そして、スマホが現地使用可になったら、気分は無敵!

 

そんな私が、海外旅行に行くなら入れたほうがいいと思うアプリを6つ紹介します!

今回は、どの国に行くにも重宝しそうな基本編です。

 




【旅行アプリ①】『グーグルマップ』でナビも周辺情報も評価付き!

マップ - ナビ、乗換案内

マップ - ナビ、乗換案内

開発元:Google, Inc.
posted withアプリーチ

何はなくともまずはこれ!

グーグルマップさえあれば、世界中が俺の庭状態に。

 

GPSで自分が今どこにいるか分かるし、マップに聞けば目的地の道案内もしてくれるし。

土地勘なくお腹が空いても、食べたいメニュー名を入れれば評価とともにレストランを瞬時に紹介。

 

グーグルマップおかげで、旅先での貴重な一食を無駄にする回数が減った!

2泊3日の旅行で二食以上ハズレたら、イメージ悪くなるもんね…。

 

但し…、一部の国では独自地図のほうが強いのでお気をつけを。

例えば韓国では「Naver地図」アプリが最強。

グーグルマップが使えないわけではないが、パワーは6割程度という感じ。

 

【旅行アプリ②】『グーグル翻訳』で見たこと無い文字でも解読可能!

Google 翻訳

Google 翻訳
開発元:Google, Inc.
無料
posted withアプリーチ

特にこれは、独自の文字を持つ国家に行く場合に強くおすすめ!

韓国、タイ、カンボジア、ラオス、ミャンマーなどなど、身近で観光でも人気の国々、

 

文字読めません打てません!

 

アルファベットとかね、漢字なら読めないまでも勘が良ければ推測できたり、そこまでは難しくてもスマホで文字がなんとなく打てて検索できますね。

ヒントあり、っていうか。

 

でも未知の文字の場合、ガイドブックにちょっと目を通しただけじゃ、

 

สวัสดี ค่ะ

 

全く一ミリもわからない。

 

ググればいいんですよね、普通。

でも、

 

紙に書いてあったらどうするの…。

 

てことになるわけです!

(ちなみに上記のタイ語は「サワディーカー:こんにちは」コピペした)

 

そんなとき!グーグル翻訳があれば!

スキャンして勝手に訳してくれるとか、神レベル…。

 

↓詳しくはこれを読んでくれ

 

【旅行アプリ③】『Grab』『Uber』でボラれる不安なく移動しよう!

Grab App

Grab App
開発元:Grab.com
無料
posted withアプリーチ

 

Uber

Uber
開発元:Uber Technologies, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

Grab(グラブ)、Uber(ウーバー)は配車サービス。

Grabは東南アジア、Uberは欧米で強い印象。

国によって規制が違うので、一般人が自家用車でドライバーしてることもあるし、タクシーが来ることもあります。

だけど不安なのが、

 

料金と行き先の言い方。

 

日本以外のタクシーじゃ、常にボラれる不安がつきまといます。

ガイドブックにもネット情報にも「事前に料金確認!」とか「メーターを使ってるかチェック!」とか。

言葉の問題も大きな壁、タクシードライバーはみんな英語が堪能なわけじゃないですから、ノーヒント言語で太刀打ちしなければならない場合も。

 

そんな二大問題も、これらのアプリを使えば万事解決!

乗りたい場所と到着地点を指定すれば、ルートの価格が表示。

オッケーなら車を呼ぶボタンをクリック、近くのドライバーが情報をキャッチし迎えに来てくれます。

名前、顔写真、車種、ナンバー、今までの評価などが一目瞭然で、問題があれば通報も可能。

ひとことも発することなく、目的地まで移動できちゃうのです!

(もちろんおしゃべりをすることも可能)

 

支払いもカード登録ができるから、スマホさえあれば後は手ぶらでOK〜。

 

【旅行アプリ④】暮らすように滞在したいなら『Airbnb(エアビーアンドビー)』で住人気分!

Airbnb

Airbnb
開発元:Airbnb, Inc.
無料
posted withアプリーチ

通称民泊ですね。

長期滞在でホテルが高くつく、繁忙期でホテルの予約が取れない、こんなときに第二の選択肢になってくれます。

「本当に大丈夫なのか不安…」という方は、スーパーホストを選べば大丈夫。

スーパーホストは、Airbnbから優秀だと認定されてるので、耳にする変な噂のような出来事は絶対に起こりません。

かなりの物件を渡り歩いた私の感想だと、ホテル、という概念は捨てて、知り合いの家に有料で泊めてもらう、という感覚で行けば8割がた満足!

観光客から住人に気持ちが切り替わるので、私は結構気に入ってるサービスです。

Airbnbを使う際には、チェックアウトまでこのアプリでオーナーとやり取りするので、利用には必須。

 

↓詳しい使い方はここを見てね!

 

【旅行アプリ⑤】世界の主流はLINEじゃなくて『Whatsapp』(ワッツアップ)

WhatsApp Messenger

WhatsApp Messenger
開発元:WhatsApp Inc.
無料
posted withアプリーチ

LINEと同じようなチャットアプリ。

日本をひとたび出れば、LINEは少数派なんですよー。

可愛いスタンプとかあるのにねー。

 

タイとかはLINEが人気みたいだけど。

だけど、世界は『WhatsApp』の独壇場です!

 

友だちになって、さて連絡先…ってなったときに、まずアプリからダウンロードしてる暇ないから、あらかじめ入れとこう!

 

 

例外:韓国人とは『カカオトーク』、中国では『Wechat』

韓国に行く人は『カカオトーク』を入れていきましょう。

韓国人はカカオトーク一色!

中国人はネット規制があるので、中国製の『Wechat』が主流。

その他のアプリは中国本土で使えない可能性もあるから注意が必要。

 

【旅行アプリ⑥】電子書籍『Kindle』『ibook』で荷物の軽量化で身軽に!

Kindle

Kindle
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted withアプリーチ

旅好きで、いろんな場所にいそいそと出かけるのが何よりの楽しみな私ですが、一つだけどうしても嫌なのが、

 

荷物が重いこと。

 

荷物がちょっとでも多くなると、途端にやる気を無くすタイプ…。

寄り道とかしたくなくなっちゃうんですよね、荷物を持ってでも行きたい!と思えなくなる…。

始めは道中が心配で、様々なグッズやらたくさん持っていったんですが、結局使わないし重いし、で苦節15年。

1ヶ月程度なら、デイバッグ(普段使いのリュック)で出かけるようになりました。

大体5キロ以内。

 

飛行機から降り立っても、地元の大学生にしか見えないと思うよ。顔以外は…。

 

そんな私ですが活字中毒っぽいところがあって、どこでも何かしらの文章は読んでいたいんですよね。

本当は書籍でカバンを満杯にしたいですが、海外にいるし、重いので電子書籍に切り替えてみたらこれが大正解!

100冊以上が重量ゼロでスマホの中に収まってるなんて信じられない…。

私はiPhoneユーザーなので『ibook』も入ってますが、Kindleと併用することで網羅できる冊数が増えます。

 

紙の本のメリットも十分にわかるので、時と場合によって使い分けるといいかもしれませんね!

 

 

【番外書籍】ビジネス書の要約サイト『Flier(フライヤー)』で無限に知識が吸収できる

読んでも読んでもまだ足りない!という方におすすめなサービスが、

ビジネス書の要約サイト『flier(フライヤー)』

一言一句読まなくても、新しい知識を速く吸収したい!そんなあなたにピッタリです。

私は有料プランを購読してますが、平均で月30冊は幼角を読了。

知識 ”だけ” はどんどん増えている…。

 

無料でお試しできるので、とりあえず登録して自分のスタイルにあうか試すのもおすすめです。

 

↓詳しくはこの記事に書きました

 

【まとめ】スマホアプリを使えば旅行が何倍も便利になる!

他にも、

宿泊予約サイトのアプリ(agoda, expedia, booking.comなど)、

LCC航空券アプリ(Airasia, peachなど)、

もよく使いますが、キリがないので特に現地で役立ちそうだな、というもの6つに絞りました。

 

スマホの出現により、私達も旅スタイルが大きく変わったことを実感。

先日のベトナム旅行も、GrabとAirbnbがあってどんなに楽だったか…と。

あの蒸し暑く混沌としたハノイの街で、バスや英語が通じないタクシーに乗ってたら、変なところで体力を消耗してただろうな〜と思ってね。

 

旅行の際には、うまくアプリを使って体力を温存し、有意義な思い出に残る道中になりますように!

 

 

⇒ 目次で他の旅記事を探してみる!

 

観光の最新情報を得られる『るるぶ』が見放題(初月無料)

▼観光の最新情報を得られる『るるぶ』が見放題(初月無料)


雑誌170誌以上、マンガ20,000冊以上、旅行ガイド「るるぶ」100冊以上!
まずは1か月無料でお試し【ブック放題】

 

 

 - 妻:ちか, 旅のよもやま話