海外旅行傷害保険で得するクレジットカードはこれ!
インドネシア

【バリ・ウブド旅行記⑰】空港までのタクシーを街中で予約、30万ルピアだったよ

こんにちは!たびなすびのちかです。

バリスパで雰囲気からリゾート気分を味わい、大満足の私。

 

一夜明け、

 

今日、ペナン帰ります!

 

とうとう!

もう今日はね、帰るだけ。ちゃっちゃと。

 

空港まではタクシー?Grab?シャトルバス?

フライトは12時なんだけど、ウブドから空港までは車で1時間半。

KLまでの国際線なので、遅くとも10時までには着きたいから、逆算して8時半…。

余裕を見て、8時出発にしました。

 

さて…ここで、どうやって空港まで行こうか考えました。

数日前から。

 

まず、選択肢は、

 

・ホテルの送迎

・Grab

・タクシー

・シャトル

 

くらいかな?

到着した日は空港から宿泊ヴィラまで送迎をお願いしていて、それが40万ルピア(約3000円)。

それなら!

と今の宿、エレメントホテルに聞いたところ、

 

57万ルピア。

 

…ウェスティン価格か。

来るときよりかなり高くなっちゃって、うーん…なので却下。

 

夫「かといってGrabはなー、当日その時間に捕まるか心配だよね。」

私「しかも、そっから値段交渉しなきゃでしょ。」

夫「時間かかりそうだよねー」

 

と一抹の不安が残る…。

 

ウブドの街中でタクシーが予約できる

夫「一旦街中でよくあるタクシーに聞いてみっか!」

私「交渉面倒くさそうだけどそうだねー」

 

なんとなく『バリ島のタクシー=ボラれそう』というイメージがあるんだよねー。

ウブドの中心部には、タクシーやツアー予約のカウンターがたくさんあります。

ある日、ビアビアでランチを食べて外に出たら、直ぐ側の店で、タクシーの料金表が目に入りました。

 

↓このへんかな(このお店ではない、あくまでも場所)

 

…Airport 300K(30万ルピア)

 

夫「え、安いじゃん」

私「これって本当かな?」(一旦疑いっ…)

夫「あ、エクスキューズミー」

店「はいはい」

夫「タクシーで空港までって30万なんですか?」

店「うーん(メニューを覗き込む)そうだよ、書いてあるじゃん」

夫「それって、ホテルまで迎えに来てくれるの?」

店「ホテルどこ?」

夫「エレメントホテル」

店「あー、あそこなら行くよ」

夫「へー、いいね」

私「ねえよし(夫)、シャトルバス6万ルピア(約500円)ってのもある!」

夫「これは…?」

店「これは一人分の料金」

夫「ここまで自力で来なきゃいけないの…?」

店「いや、ホテルまで行くよ」

夫「ふーん、いいね。」

 

こんなやり取りでした。

 

夫「じゃあ、予約はどうすればいいの?」

店「出発日の前日に来て予約して、明日じゃなければまた来て。」

夫「それはタクシーでもシャトルバスでも?」

店「そう」

 

とのこと。

この日はまだ出発まで日にちがあったので、予約せず。

 

ちなみにこのシャトルバス、結局利用しなかったんですが、出発時間やどこから出発するのか上記のやりとりでは曖昧だったので、もし利用したい場合は、もう一度きちんと確かめてくださいね!

 

30万ルピアでタクシーを呼べることがわかったので一安心。

ちなみに、出発当日にGRABの値段を調べてみたら36万ルピアちょいでした〜。

タクシー組合は一律30万ルピアで空港に行くみたい

ーそして出発前日ー

借りていたバイクを返し店を出ると、またもやすぐ隣にタクシーカウンターが!!

どんだけーあるーのー。

 

↓ここ

ちょうどいいので、ここでも聞いてみよう!

店の前(てか外にカウンターがあるだけなので、どこが店なのかわかんない)で暇そうに座ってたおっちゃんに声を掛ける…。

 

夫「空港までってタクシーいくら?」

タ「30万ルピアだよ!」

夫「同じか!じゃあ、ここでお願いしちゃおっか」

私「そうだね」

タ「ホテルどこ?」

夫「エレメントホテル」

タ「フライト時間は?」

夫「12時ちょいすぎ」

タ「うーん、じゃあ余裕みて8時には出発したほうがいいよ」

夫「じゃあ、そうする。」

タ「オーケー!今30万払ってもいいし、デポジットだけでもいいよ」

夫「え、明日はお兄さんが来てくれるの?」

タ「うん、俺が行くよ!8時にホテルにね!」

夫「うーん、じゃあ今10万だけ払う」

タ「じゃあ、領収書書くねー」

 

てな具合で、あっさり予約できましたー!

タクシー組合で料金決まってるんですかね?

思った値段ですぐに契約できてよかったー。

 

で、当日。

10分前、ロビーにおじさん到着!

 

よし
よし
おじさんじゃないよ、お兄さんだった!

 

すごいじゃーん。

もちろんタクシーなので乗客は私達だけで、渋滞もなく1時間ちょいで空港に着きました!

高速代とかも払ってたけど、追加で請求されることもなく残りの20万ルピアを払って下車。

 

さあさあ空港到着!

バリ島ともさようならですーーーーー。

 

⑱につづく

①から見る

 

バリ島の現地オプショナルツアー(日本語)はこちらがおすすめです

>>『タビナカ』バリ島オプショナルツアー

  • 全てのツアーが日本語対応
  • ガイドさんとの事前連絡が可能。やりとりが丁寧なので、安心
  • 約200種類のあらゆるバリ島ツアー有り

 

 

どうする?海外旅行中の保険