インドネシア

【バリ・ウブド旅行記⑱】デンパサール空港ラウンジ2軒はしごレビュー(プライオリティパス)

こんにちは!たびなすびのちかです。

ウブドから空港まで1時間(30万ルピア)で到着した私達。

 

結構余裕を持って到着しました。

 

3時間半も前にっ!!!

 

まあ、国際線のフライトに関しては、早い分には問題なし。

さて…

じゃあ、お得意の、

 

サッ…プライオリティパスを取り出す)

 

ラウンジに行こうぜっ!!!

 

これも旅の楽しみの一つ…。

説明しよう!

プライオリティパスは世界各国の空港ラウンジが使えるカードのこと。

大抵の空港にプライオリティパスで入室可のラウンジがあるので、持っていると心の余裕が生まれるのである!

日本で入手する一番お得な方法は、楽天プレミアムカードの付帯。

プライオリティパスのみを申し込むと年会費が3万円くらいかかるが、楽天プレミアムカードの付帯だと年会費が1万円、しかも初年度は実質無料でゲットできる!

自動付帯の海外旅行保険も付いてるので、年1回でも海外に行くなら作ることをおすすめ。

公式サイトはこちら

 

デンパサール空港にはプライオリティパスラウンジが2つ

バリの空港(デンパサール)国際線エアサイドには、プライオリティパスで入室できるラウンジは2つあります。

2つ並んでっ!!!

 

免税店があるだだっ広いエリア(3階)が吹き抜けになってて、その上段(4階)にラウンジエリアが。

あ、もう一個、ガルーダ・インドネシア航空ラウンジがあるけど、そこはカードで入れないから省略するね…。

 

私達がプライオリティパスで入れるのは、

『PREMIER LOUNGE』

『T/G LOUNGE』

の2つ。

 

私「どっちに入る…?」

夫「なんか情報ないの?」

私「プレミアはゆったりしてるけど食事は普通、TGはパスタがあるけど席がキツキツって言ってる人がいる」

夫「なるほど…」

私「どうする?」

夫「じゃ、まずパスタの方に行って、飽きたらプレミアに移ろう」

私「ラウンジはしごっ!!」

 

楽天で申し込んだプライオリティパスの場合、回数無制限なのでこんなこともできるのだ…。

ワクワク…。

 

デンパサール空港ラウンジ一軒目『T/G LOUNGE』

ということで、パスタ情報につられてまずはTGへ。

 

パスタなかったんですけど。

 

ちょっとー、パスタがあるっていうから来たんですけども!無いんですか!

といちゃもんレベルのことを言うのもあれなんで、一旦、

 

ビール飲んだ。

 

ぷは〜…

これで世界は平和になった(気がする)。

 

多分入ったの午前10時とかだからね、まだ朝ごはんの時間だったんだと思う。

焼きそば(ミーゴレン)はあったけどね!

もう焼きそばでいいや!って食べたよ。

席がキツキツって聞いてたので、上野駅のスタバ並かと思ったけどそんなこともなく、

むしろ、コンセントが各テーブルに備え付けられてて素敵だと思いました。

わたくし夫婦はコンセントを中心に生きてますので…命拾い…。

 

デンパサール空港ラウンジ二軒目『PREMIER LOUNGE』

1時間半くらいをTGで過ごし、真隣のプレミアラウンジへ。

あー、確かにゆったりしてる、TGに比べると。

空間が広いので、リラックスできるのはこっちかもね。

ふわふわしたデカ目ソファが多い印象。

あとね、しっかり座って姿勢良くパソコンを使えそうなテーブルもありました。

パソコンちょっと小一時間やんなきゃいけないんだよね、空港で!!

って人はプレミアがいいです。

腰のために。

 

コンセントもたくさんあったけど、TGは各テーブルに1つなので、それには及ばず。

食べ物は朝ごはんタイムに限っては、どっちも大差ないかな、という印象。

でもTGで焼きそばいっぱい食べちゃったので、全く食欲なくコーラのみを頂き搭乗時刻。

 

でも3時間あっという間に潰れちゃうっていいね!

 

KL(KLIA)の国際線ラウンジに国内線のチケットで入りたい

さて!

10泊11日に及ぶバリ・ウブドのチョイ住み旅行の終了〜〜〜!

定時にマリンドエアのKL行きに乗り、

 

「バリ島の雰囲気がわかったねー」

「やっぱ老舗のリゾートって感じだったよねー」

 

とぺちゃくちゃ(私が)おしゃべりしながら3時間後にKL到着。

午後4時。

で、ペナン行きの国内線が、

 

午後11時。

 

時間開きすぎやーーーーーー!

 

「なんでこんなに時間あいてんのさっ!?」

 

とお馴染みのよし(夫)への八つ当たりをしつつ、調べてみると、

マリンドエアのKLーペナン便って一日3便しかないのねー。

しかも8時、14時、23時…。

 

そりゃしょうがない!

エアアジアばりに1時間に一本くらい飛んでるのかと思ったの、ごめんちゃい。

 

まあ、そうはいっても7時間だよ、何すんの…?

しかもマリンドエアはKLIA(第1ターミナル)で、国内線用のラウンジがないーーー。

エアアジアが使うKLIA2(第2ターミナル)は国内線用のラウンジがあるんだけど…。

 

私「やっぱり一回外出ようか?」

夫「え、俺さ、ちょっと仕事したいからラウンジ行くわ」

私「だから、国内線はラウンジ無いって言ってるじゃん」

夫「ほら、国際線のラウンジ、行けないかな?」

私「え、意味不明」

夫「マレーシアって搭乗と到着分かれてないでしょ?だから到着後でも、出発前に使う国際線のラウンジに行けるっちゃ行けるじゃん。」

私「ほう…、でもチケット無いじゃん、ペナン行きしか」

夫「どう、だから一旦行ってみよう。ダメならその時考えればいいし。」

私「おおおおお…!でも予想はダメな気がする」

 

わかりますかね?

バリから到着したら、KLIAの国際線搭乗ゲートに降りるんです。

出発客と一緒のエリアだから、出発時に使ったラウンジ(プライオリティパスOK)に物理的には行ける。

だから、国内線のチケットしか持ってないけど、入れたらラッキーくらいの気持ちで行ってみよう、と。

 

で、

 

入れたーーーーー!!!

ちゃんと一人ずつ国内線のチケット渡したのよ。

ってことは、出発チケット持ってれば国内線だろうが利用できるみたいです!!

すごく嬉しい…。

 

KLIAのプラザプレミアムラウンジは広くて居心地がよく、シャワー付きで生ビール付き、窓の真ん前には滑走路!

ここに乗り継ぎまでいられることになって、助かった…。

だいたい5〜6時間いましたけど、みんな結構長居してたので乗り継ぎ待合室として賑わってました。

私も2食+デザート+ビールだったし…。

 

そして最後にマリンドエアにまたやられる

ー午後10時過ぎー

私「いくら居心地がよいとはいえ、さすがに長時間は疲れるね」

夫「そろそろ入国して国内線エリアに行こう」

私「そうだね」

 

トランジットなので、他に並んでる人もおらず一瞬で通過。

国内線エリアは何もないねー。

チョコレートとタバコ、化粧品がちょこっとあるくらいで、ただただゲートに向かって歩くのみ。

まあでもあと1時間ですからね、一番端のゲートがペナン行きなので、ゆっくり散歩しつつ行こう…

 

 

2時間遅延とか。

 

「出発時刻は午前1時になりました。」

 

とか。

 

マリンドさん頼むよーーーーー!!!

ねみーよ!!!

 

行きも遅れたし、遅延王マリンドって呼んでやる。

※ちなみに同じくLCCのエアアジアもめっちゃ遅れますけどね(特に国内線)

 

ここに来て2時間の遅延は辛い…。

しかも国内線で1時間弱だから飛行機の中で寝ることもできず、家に帰るまでは身体を動かし続けなければならない…。

ということで、

ペナン到着2時半、

自宅到着3時過ぎ、

いろいろ片付けて就寝5時…。

 

 

バリ島から帰ってきて時差ボケになりました。

 

 

これにて旅行記、終了ーーーーーー!

 

プライオリティパス付帯のおすすめカード、初年度会費がポイント還元されます!

楽天プレミアムカードはこちら

 

ウブド番外編へ

①から見る

ウブド旅行記全19話一覧

 

バリ島の現地オプショナルツアー(日本語)はこちらがおすすめです

>>『タビナカ』バリ島オプショナルツアー

  • 全てのツアーが日本語対応
  • ガイドさんとの事前連絡が可能。やりとりが丁寧なので、安心
  • 約200種類のあらゆるバリ島ツアー有り

 

「住んでみたい国」13年連続No.1

そんなマレーシアを30秒で体験してみよう!