韓国でプリペイドSIMカード使うなら、データ無制限の『KT』がおすすめ!空港カウンターでセットしてもらってね…(レンタルWi-Fiとの比較もあり)

      2018/06/04

レンタルWi-Fiについても追記して後半にまとめました。

先にWi-Fi記事をご覧になりたい方は、こちらからジャンプできます。

 

===========

 

こんにちは!たびなすびのちかです。

ネットとともに生きているわたくし、滞在する国が変わってまずすることは、スマホを常時ネットに接続させること!

最近ではどこでも空港でSIMが売られているので、そこカウンターで何日間滞在するか言えば、ものの数分で付け替えてくれるので助かります。

今のところ、最短がマレーシアのクアラルンプール国際空港(30秒!!!)、最長が日本の羽田空港(40分!!!)

羽田の場合は自分でセットするタイプなのでかなり苦戦しました。




韓国ではレンタルWi-Fiが主流

結構いろんな国を旅行しましたが、SIMよりレンタルWi-Fiが主流という国は珍しいです。

私の勝手な推測ですが、

 

・同じ空港で出入国する人が多い

・日本人客が多い

 

この辺がレンタルWi-Fiが多い理由かな。

東南アジアやヨーロッパなんかでは、LCCの利用率が高く片道チケットで買う人も多いので、入国した場所と出国する場所が違うことが多くレンタル機器を返すのが面倒。

また、日本人はSIMフリーじゃないスマホを持っている人が多いので、プリペイドSIMが使えない。

それでWi-Fiのほうが売れると。

日本から家族が来たときには、やはりレンタルWi-Fiが重宝しました。

 

で、今回自分が観光客となり韓国(釜山)に降り立って、プリペイドSIMが少ないなーと感じたわけです。

金海空港(釜山)で見つけたプリペイドSIMは『KT』と『EG-SIM』

空港の到着エリアにはズラッとレンタルWi-Fiのカウンターが並んでいますが、SIMも売っているのは二つ。

 

『EG−SIM』『KT』

 

『EG−SIM』は向かって左手の特に会社名が書いていないカウンター、

『KT』は向かって右手の携帯会社が並んでいるカウンターのKTマークのところ。

『EG-SIM』のプリペイドSIM

まず『EG−SIM』のところに行ったのですが、

 

30日間/1GBで35000ウォンのみ。

 

3日間しかいない私にはちょっともったいないですね。

しかも一ヶ月で1GB少ない感じもするー。

カウンターのお姉さんに、「他にSIM売ってるところってある?」と聞いたら、

 

「ない」

 

って言いましたけど、すぐそばにありますからね、信じないで下さい。(悪気はない。本当に知らないんだと思う)

『KT』のプリペイドSIM

ない、と言われかなり不安になりましたけど、先に釜山入りしている夫情報では「3日間とかのあった気がする」と言われてたんで、おかしいな…と首をかしげながらも色んなカウンターを覗き込む…。

”ない”カウンターから10メートルも右に行くと、ありました、KTに。

 

早速説明を受けると、

・5日、10日、30日がある

・『SIMレンタル』と『SIM買い取り』がある。

・『SIM買い取り』はデータ専用。電話はできない

SIMレンタルっていうのが何回聞いてもよくわからなかったんですが、電話ができる代わりに返却の義務があるそうです。

私は電話は使わないので、5日間買い取りタイプを選びました。

 

『SIM買い取り』タイプの料金は、

5日間:27500ウォン

10日間:37500ウォン

30日間:71500ウォン

こっちのほうが割高ですね。さっきのEG−SIM30日間の料金と5日間でもあまり変わりないし。

でもね!

 

データ無制限だからね!

 

もし30日間1GBしかなかったら動画とか絶対見られないし、パソコンも繋げられなくて、最後の2週間とか多分ハラハラしながら使わなきゃいけなくなるよ!…私はね。

SNSとかで連絡手段として使うくらいなら1GBで十分です。

絶対に店員さんにセットしてもらうべき

この記事を書くにあたり、他にも日本人でSIM買った人いたかな〜と検索してみたんですけどね、結構自分でセットした人多くて、

 

苦戦してました。

私の羽田空港状態。(40分かかった)

 

多分日本だけじゃなくて、自分でSIMをセッティングするのってそもそも難しい作業なのかもしれませんね。

苦戦した人たちと同じ作業だと思いますが、カウンタースタッフにやってもらったら、

 

2〜3分で終わった。

 

もちろん付加料金はかからないので、韓国でSIMを買うつもりなら空港カウンターでセットしてもらっちゃったほうがいいです

 

日本で申し込むレンタルWi-Fiのほうが安い場合もある

SIMはバッテリーを持ち歩く必要もないし手軽でいいんですが、

レンタルWi-Fi業界は競争が激しいのか、日数によってはそっちのほうがオトクな場合もあります。

 

また複数人で共有できるものWi-Fiのメリット。

一人ひとりSIMを買ったら結構な値段になりますからね…。

 

Wi-Fiは韓国でも借りることができます。

現地で借りるメリットは、韓国に来てから「やっぱり必要!」と思ってすぐに申し込みできることかな?

着いてそうそうバタバタしたくないー、とか、前もって完璧に準備しておきたいタイプ…という方は、

日本でレンタルWi-Fiを申し込んじゃうのも手かな、と思います。

 

SIMフリースマホを持っていて、余計な機材を持ちたくない場合はプリペイドSIM、

数人で共有したい場合はレンタルWiFi、

 

更に日程がはっきり決まっていれば日本のレンタルWi-Fi、

現地で突然借りたくなったら、韓国のレンタルWi-Fi、

 

あとは、自分の予定と価格で検討する、

 

というのがおすすめです!

 

以下、日本のレンタルWi-Fiの相場をくらべてみました。

※すべて韓国旅行の場合を想定しています。(2018年6月調べ)

 

■XMobile(エックスモバイル)

・一日650円(300MB)/850円(500MB)

・4日前までキャンセル無料

・受け取り:郵便受け(無料)、宅配便(無料)、空港(無料)

・返却:ポスト投函(360円)、宅配便(実費)、空港(1080円、成田のみ)

⇒ 『XMobile』の詳細を見てみる

 

■イモトのWi-Fi

・一日680円(500MB)/1580円(1GB)

・2日前午後5時前はキャンセル無料

・受け取り:宅配便(500円)、空港カウンター(500円)、東京本社で直接(無料)

・返却:宅配便(実費)、空港内ボックス投函(無料)、東京本社で直接(無料)

⇒『イモトのWiFi』を詳しく見てみる

 

■Global Wifi(グローバルWi-Fi)

・プランが多いのでピンきり、端末自体は500円台からあったが保険が一日500円必須でかかるので合計1000円を超える。

・4日前までキャンセル無料

・受け取り:宅配便(500円)、現地空港(500円)、日本の空港(500円、地方もかなり網羅、ロッカー受取も選択可)

・返却:宅配便(実費)、空港内ボックス投函(無料)、現地空港(無料)

⇒『海外専用グローバルWiFi』詳細を見てみる

 

■Wi-Ho(ワイホー)

・一日730円(300MB)/1050円(1GB)

・3日前までキャンセル無料

・受け取り:宅配便、空港カウンター(どちらも540円、利用3000円以上で無料)

・返却:宅配便(実費)、空港内ボックス投函(無料)

・サイトのチャットサポートがめちゃくちゃ返信速い

⇒『Wi-Ho』を詳しく見てみる

 

主なレンタルWi-Fiを比べてみましたが、料金に思ったほどの差はなかったです。

が!!

受取手数料や、必須の追加項目などがかなり違うので、よくよく確認したほうがいいです。

グローバルWi-Fiは、安い!と思いながら申し込んだら、追加料金(保険)で倍くらいになったもん…。

他の三社の保険は任意でした。

 

ただ、グローバルWi-Fiがダメ、というわけではなく「現地空港で受取返却」「地方空港で取扱」はここだけ。

あと、サイトが結構わかりにくかったりすると不安ですよね。

Wi-Hoは、常にチャットサポートが繋がってて、小さなことでも質問しやすかったです。返信も一分以内に来るし。

こういう対応をされると、信頼できますね。

 

総合的に見ると、

 

料金を抑えたい

X Mobile(でポスト受取)、イモトのWi-Fi(で本社に出向く)

 

現地まで持って行きたくない

グローバルWi-Fi

 

いろいろ質問してクリアにして借りたい

Wi-Ho

 

という感じかな。

あとは自分の渡航日数とか使用容量を考えて選んでみてください!

 

【釜山観光はここがオススメ!】

【釜山グルメ】在住10年の私がおすすめ!来たら絶対に食べるべきはコレ!

【韓国の交通事情早わかり】バス&地下鉄はICカード、タクシーは個人をねらえ!

【釜山随一の繁華街】南浦洞(ナンポドン)駅から徒歩圏内のおすすめ店はココ!

 

目次で他の旅記事を探してみる!

 

 - アジア, 妻:ちか, 韓国