韓国で風邪になったときにはアレを食べるなって!?日本と反対じゃん!

   

こんにちは!たびなすびのちかです。

先日突然風邪を引いてしまったのですが、さほど酷くも無かったため病院へは行きませんでした。

病院へ行くと、問答無用でお尻注射をブチブチ打たれちゃいますからね!

とはいえ、仕事はあるので体調不良を醸し出しつつ出勤すると、韓国人から様々なアドバイスが。

韓国親父は絶対にこう言う

韓「なんだ、風邪か!」

私「そうなんです~、熱もちょっとあるんですよね…」

 

韓「そんなときは、焼酎飲みゃ一発よ!」

 

私(言うと思った。千パーセント。)

韓「唐辛子と混ぜるともっといいぞ!」

私(絶対に断る。)

 

韓国親父は想像以上にめちゃくちゃお酒を飲みます

何かにつけて酒!酒!酒!

なんと夫が週末の早朝に行っているテニス同好会も、アルコール付き

早朝ですよ!?しかも、運動よ!?

 

なんでもかんでも酒に絡めてうやむやにしてしまう癖があるので、絶対に鵜呑みにしないように。

治りませんよ!

韓国の常識、飲み物編

韓「あら、ちか、風邪引いたの?」

私「まあね、ちょっとだるいんだよ…」

韓「病院は?」

私「注射されるし薬強すぎるから行かない」

韓「行かなきゃダメなのに…」←根拠の無い強制

私「時間たてば治るからさ。」

 

韓「じゃあ、水いっぱい飲んでね!」

 

私(出た!)

 

韓国の常識:風邪は水をたくさん飲むと治る。

 

マジか!

いやはや、これ、すごくよく聞くんですが、効果関係ないでしょ?

ちょっと口滑らせて調子が悪いカミングアウトすると、

 

大抵水飲んだ?

水いっぱい飲んで!

水は!

水水水!!!

みーーーーずーーーー!!!

 

こんな感じ。

水がそんなに飲めるならそもそも風邪引いてないわ!と思うんですがね。

韓国人に聞いても、根拠はわからず昔からの常識だったそうです。

乾燥地帯だから、保湿の意味も兼ねてるのかしら。

韓国の常識、食べ物編

韓「水は飲んだとして…、ご飯は食べたの?」

私「食欲ないから…」

韓「だめよ!食べなきゃ」←韓国で食事抜きは犯罪レベル

私「まあ、じゃあ家でうどんでも作って食べるわ…」

 

韓「ダメよ!うどんなんて!!!消化に悪いわ!」

 

私(風邪にうどんはセットじゃないんか…)

 

韓国の常識:風邪の日は小麦粉を食べてはいけない。

 

なんと!

韓国では小麦粉があまり好かれておらず、ウリミル(韓国産小麦粉:つまり韓国人にとって国産であり、信用できる)が普通の小麦粉と差別化して売られているほど。

日本では風邪の日には鍋焼きうどんに卵を入れて…、みたいなイメージがありますが、韓国人にとってはご法度なのです。

とにかくお米=ご飯という式が頭から取り外せない人も多いため、お粥やヌルンジ(おこげをお湯でやわらかくしたもの)を食べるようです。

理解できない、最強版

それでも韓国人にとって一番ダメなのは、

 

何も食べないこと。

 

前述したとおり、とにかくご飯を食べないことは非常にいけないこと、という考えが根底にあります(年齢に比例する)。

 

ーアジュンマ(韓国おばさん)編ー

韓「ちかちゃん、今日の会食だけど…」

私「あー、風邪なので、今日は早く帰って寝ます。」

韓「あら!でも風邪だと夕食作るの大変でしょう?食べてから帰りなさい!

私「…えっ。作らないし…。適当に食べるんで…。」

韓「ダメダメ!それじゃ良くならないわよ!会食に来なさい!

私「えー…。」

 

だって、

 

メニュー、ステーキだよ?

悪化するわ!

 

なぜかいい物を食べると風邪が治ると信じているアジュンマ

うどんがダメとか細かいことはどうなったの…。

突然話が矛盾してくるのもアジュンマの特徴なので、あまり気にしてはいけません。

 

今回は丁重に(そしてキッパリ!ここ大事)お断りしましたが、隣国でも体調管理にはちょっとした違いがあるのでした!

 

【韓国で体調を崩しちゃった!シリーズ】

韓国で風邪を引いたらとりあえず注射!でも腕じゃないよ、アソコだよ!

韓国にも国民健康保険があるよ!さらに民間の医療保険「実損型」で医療費ゼロ!?

韓国で胆石発症!手術代は先生のランキング形式だったの巻

韓国の病院は戦国時代!でも皮膚科に行ったらベルサイユ宮殿だった

【韓国の薬】口内炎の最強薬『アルボチル』で口の中を焼き尽くせ!

『週刊たびなすび』

↓一週間分の更新情報+αをお届け!

 - アジア, 妻:ちか, 韓国