マレーシアに10年滞在できるビザがあります
日本

韓国人のおじさん同士が手をつないで歩いていても、それは友情の証なのだ!

こんにちは!たびなすびのちかです。

自称おじさんの皆さん、いつ手をつなぎましたか?

 
男友達と。
 

え?

そんなヤツいるわけ無いだろ!って?

いや、いますよ。

今釜山の路上で目の前に。

なぜこうもベタベタするのか

実況中継をするとですね、

50代と思われるオジサン二人、お酒が入っているようで若干千鳥足です。

「ウリドー、ウリドー、カジャ!!(俺らも、俺らも、行こうぜ!)」

みたいな内容のない話を大声で話しながら歩いています。

 
お互いの手をしっかり握りながら…。
※しかも指を絡ませるタイプ!

 

しかも話す際には顔を必要以上に近づけるもんだから、

上島竜兵と出川哲朗のキスコントかと!

 

私「もうすぐあのおじさんたちキスするよ!」

夫「しないでしょ!」

私「もはやコントにしか見えん…」

夫「あ、アレみて!」

 

対向車線の歩道を見ると、手つなぎオジサン二組目を発見!

 

夫「そうそう、俺も飲み行ったときに太もも触られたわー」

私「男にまでモテ!?」

夫「いやいや、よく触ってくるんだよね、韓国のおじさんって。」

私「どんな気持ちなの…」

夫「嫌でしょ、普通に。」

 

これはおじさんに直接聞いてみるしか無い!

おじさんに聞いてみた

韓国おじさんの気持ちは韓国おじさんしかわからないので、早速聞いてみることにしました。

 

私「パクさん(仮)、あなたは韓国のオジサンですね?」

パ「まあね、もう50だし。何だよ急に。」

私「実は昨日、夜道で手つなぎオジサンを二組も見かけたんですが、あれはどういった心境なんでしょうか。」

パ「ああ、酔っ払ってるからだろ。」

私「酔っ払ってるからって、日本人のオジサン同士は手をつなぎません。間違っても指は絡めない。(キッパリ)」

パ「何でだ!」

私「えっ…」

パ「何で手を繋がないんだ!酔っ払ったら何か触りたくなるだろう!」

私「ええっ…」

 

何とむしろこっちが変わってるような言い方をされてしまった!

これではいかんいかん。

ちょっと日本のことも知ってるオジさんに聞こう…。

 

私「キムさん(仮)、日本詳しいですよね。」

キ「ああ、20年前に数年住んでいましたからね。何で?」

私「実はかくかくしかじかで、さっきパクさんに聞いたらこんな事言われちゃってー。」

キ「あー、パクさんお酒好きだからねー。昨日も3時まで飲んでたって言ってた。」

私「にしては朝からでかい声で元気ですね…。」

キ「日本はさ、他人に触らなすぎるんだよね。韓国は親子でもベタベタするから。」

私「そういえば、小学生の女の子とパパが口と口でチューしててビビりました。」

キ「そういうの当たり前だから。」

私「日本とは比べちゃいけませんね。」

キ「しかも僕らの小さいときには学校で席が足りなくて、二人で一つの机を使ってたし、椅子は長椅子だったからシェアに慣れてるんだよね。」

私「なるほど!」

キ「男は軍隊にも行くし、昔は何から何まで共用だったから、もう誰のものとか言う概念がその世代の男は気にしないの。」

私「まさかパンツも!?」

キ「あんまり気にしなかったね。」

私「うげー」

若い人にも聞いてみた

こんなおじさんを見て、若い子はどう思っているのでしょうか。

 

・パンツ共用は絶対に考えられないし、気持ちが悪い。

・友達だと結構触っちゃう。深い意味はない、仲がいいから。

・軍隊行ったらオジさんになるから、今はわからない。

 

こんな意見でした!

 

時代背景もあり、おじさんのほうが酔っ払ったときのベタベタ度合いは高くなり、軍隊生活が拍車をかける模様。

ただ、その偏差値は日本とは全く単位が違うようなので、両国間を比べてはいけない。

韓国人(同性)にベタベタ触られた場合は、「好かれているんだな」と思えばいい。

 

という結論ですね。

ちなみに、女同士は腕を組んだり、手を繋いだりはほぼデフォルトです。

振り払ったりしたら泣いちゃうから、大目に見てあげてね!

 

【韓国人ってこんな人達!シリーズ】

韓国人の財布の中にある他人の証明写真の謎・・・しかも修正しすぎて誰かわからん!

日本に興味津々韓国人の応援が面白すぎる!会話に気をとられて試合に集中できない

韓国人は電話が大好き!外国人には難しい韓国的通話終了サインを見極めろ!

 

【韓国カルチャーにてんてこ舞い!シリーズ】

韓国で風邪を引いたらとりあえず注射!でも腕じゃないよ、アソコだよ!

家賃タダってどういうこと?韓国のチョンセシステムの不思議発見!

韓国のオバサンはなぜ銭湯で場所取りするのか!?そこには納得の理由があった!