海外旅行傷害保険で得するクレジットカードはこれ!
インドネシア

【バリ・ウブド旅行記④】『ヴィラキラニ(Villa KIRANI)』宿泊レビュー

こんにちは!たびなすびのちかです。

バリの空港で運転手さんが遅刻するという事態はあったものの、なんとか初日の宿に到着。

 

その名も、ヴィラキラニ(Villa KIRANI)。

ウブドにあまりにもヴィラが多すぎて、最後こんがらがってきて「まあここでいいだろう」と選んだから、そんなに期待してなかったんだけど、

思いのほかよかったよ!

 

ウブドの宿『ヴィラキラニ』のお部屋

夜遅くに到着したヴィラキラニは、一軒家のようなところ。

案内された部屋に入ると…

 

広っ!!

ワンルームみたいな感じで、リビングスペースの横の仕切の向こうにベッドがあって、バルコニーまで付いてるう!

着いた当日は真っ暗でわかんなかったんだけど、朝起きて見てみたら、

 

フル田んぼビュー!!

ウブドに来る前は「田んぼビューなんて実家かよ」と思ってたんですが、違いました!

ヤシの木とバリ様式のお家の屋根が見えるもん…。

2月なのにムシムシするし!

 

しかもねー、

 

バスタブが夢のようにかわゆい…。

石くり抜き系。

ただね、一つだけ注意点なんですけども、くり抜きがちょうど卵を半分に切ったような形なのね。

底すらもカーブしてるわけ。

 

湯船の中で、立ち上がりにくいのね…。

 

人によったら転びやすいので、十分に気をつけてください!

周りは石なのでね、ふらついて頭ぶつけたら大変なことになるよ…。

 

ウブドの宿『ヴィラキラニ』の朝食

キラニは朝食も付いている!

ナシゴレン、ミーゴレンのインドネシア料理、

トースト、フレンチトースト、パンケーキなどの洋食もあり。

5泊したので、毎日違うものを頼んで全制覇しました。

 

トースト以外は美味しかったー(トーストは薄くて硬かった)。

お気に入りは何かなー、

 

スイカジュースかな。

 

全部美味しいかったよ!

ただ、5泊となると最後ちょっと飽きたかも…。

別棟にプライベートプール付きのお部屋があるんだけど、そこは朝食もお部屋で食べられるみたい。いいね。

私達の部屋は真横がレストランだったので、聞きもしなかったけど。

 

ウブドの宿『ヴィラキラニ』のファシリティ

共用プールはありますが、泳ぐというよりは浸かるほうがメインの大浴場タイプ。

バスタブがあったので、私達は使いませんでした。

でも一応ビーチチェアもタオルもあるので、外出して暑くて死にそう!ってときにジャボンと入るのがいいかもね。

ランドリーの取扱もあったので、フライト用のジーンズなど手洗いしにくそうなものを数点出してみました。

街中よりは高いけど(KG単位じゃなくて一枚単位で計算)、高級ホテルよりは安い価格。

ジーンズ120円、Tシャツ90円、短パン75円くらい。(レートは当時)

昼にスコールが長引いた日はちょっと湿ってる…?気がしたので、部屋のエアコンで数日かけて乾かしてもいいかな〜とも思った。

 

あ、そうだ!

部屋に置いてあった案内ブックに「熱帯特有の病気」という欄があって、

「マラリヤ、デング熱、日本脳炎は全て蚊を媒介するので十分に気をつけましょう。」

という注意書きがありました。

デング熱にかかったばっかりのよしは「うんうん」とうなずきながら読んでたんだけど、そこに、

 

「ディート強めの虫よけを使ってください」

 

と明記。

これ、すごくそう思います!

虫よけで「天然成分のみ」とか「ディート不使用」と書いてあるものが最近増えてますが、効き目が無かったら意味ないので…。

論文とかも読んでみたけど、やっぱりディートが入ってないと虫除け効果は比較にならないほど弱いことがあるので、本当に予防したいなら見極めましょう〜。

 

虫除けできずにデング熱になるほうが、よっぽど体に悪いですからね!

By経験者(←かわいそう!)

 

ウブドの宿『ヴィラキラニ』の虫事情

二件ほど顔面蒼白の自然現象が起きたので報告しておくと、

一件目、チュー

初日の夜のこと…

移動で疲れたのか、ベッドに入ると即効で眠りについた私達。

それから数時間後、

 

チューチューチューチューチューチュー

ドタドタドタドタドタドタ

 

私「…?」(まだ寝ぼけてる)

 

チューチューチューチューチューチュー

ドタドタドタドタドタドタ

 

私「嘘って言ってーーーー!!!!よーーーーしーーーー(夫)!!!!」

 

夫「…?」

 

私「よーーーーしーーーー!!!!」

 

夫「えっ…なんなの…?」

私「チューがーーー!!!」

夫「は?」

 

チューチューチューチューチューチュー

ドタドタドタドタドタドタ

 

夫「ええええええええ」

私「チューだよう」

夫「まじでチュー?」

私「聞こえたでしょ!!」

夫「本当にチューって鳴くんだね」

私「鳴くんだねじゃないよ!!部屋にいる!!」

夫「…」

私「ねえよし!聞いてるの!?」

夫「…部屋じゃないな、屋根だ。」

私「え、部屋じゃない…?」

夫「違う、上。」

私「そっかー、私てっきりドアの辺にいるのかと思ったよ、よかったー、じゃない!」

夫「ははは」

私「よくない、キモいよチューの声!」

夫「ほんと、キモい。」

 

その間も鳴り響くチューの声…。

 

ちなみにチューってマウスですよ。

日本語で言うのがキモくて終始チューって言ってた…。

そしてここでもそうするよ…。

 

超キモかったー、数分で消えたんだけど、私には強烈過ぎて布団の中で震えてたもん。

まあ、いつの間にか寝ちゃったけど!

 

そして翌日。

この顛末を全スタッフに話したところ、

 

「それは大変!駆除業者呼ぶから!」

 

と言ってくれ、私達は出かけてて、業者が来たところは確認してませんが、

 

その後はNOチューでした。

 

よかったよううううう!

今後泊まる皆様、私達が駆逐したのでご安心を…。

 

二件目、無数のアリ

3泊ほどした朝食後のこと。

私達の部屋の真横にある別棟にプライベートプールがある、との情報を得たため、

「部屋から見えるかなあ?」

とバルコニーから身を乗り出したものの、全く見えませんでした。

 

私「あ、そうだ、お風呂場の窓からなら見えるかもー!」

とバルスームに行き、バスタブの横にあった窓を初めて開けて、覗いてみたら、

私「あ、やっぱ見えないや、ちゃんと設計されてるんだ…

 

ぎゃあああああああ!!!」

 

もうね、

空から降る一億の星ならぬ、

 

窓から降ってくる一億のアリ!!!!!

 

窓の三分の一がアリで真っ黒にーーーー!!

ちょっと目をつぶってそれを想像してみて…

 

ぎゃーーー!キモすぎでしょ!!!

 

私「やばいやばいやばいよしよしよし!」

(手に負えないときは全て夫の名前を呼ぶ)

 

夫「何、何なの」

私「一億のアリがお風呂場に…」

夫「へ?」

私「窓開けたらアリがいっぱい入ってきたんだよう!」

夫「またまた始まった、大げさクイーン」

私「今回ばかりは事実っ!」

 

と夫もバスルームに入ると、

 

夫「うわああ!」

私「ねっ!」

夫「ねっ!じゃなくて何なのこれ」

私「てかどうしよう、少なくても千匹はいそう…」

夫「そうだ!虫除け!持ってきて!」

私「はい!」

 

今回私達は夫のデング熱の教訓を生かし、虫除けスプレーを山程持っているのである!

虫除けスプレーを夫に渡し、

 

シューーーーーーーーーーー…

シューーーーーーーーーーー…

 

ポトポトポトポトポトポトポトポトポトポトポトポトポトポトポトポト

 

アリ次々に舞い落ちるっ!!!

 

夫「虫除けすげえ」

私「マジすげえ」

 

その後急いでスタッフを呼びに行くと、更に強烈そうな殺虫剤を持参し駆逐。

ほうきとちりとりで、故アリ達を片付けてくれたのでありました。

 

「すごいたくさんでしたねー、窓は開けないほうがいいですねー」

 

とスタッフに言われたのでそれから開けてない!

玉手箱くらい怖い!

 

開けなければ窓にアリが入り込む隙間など無いので、ご安心を…。

 

この二件が大きな虫事件でしたが、自然のど真ん中にあるのがウリのヴィラなので、この辺に宿泊するなら仕方ないんでしょうね。

ウブドは自然との一体化を求めてくる人も多いわけで…。

もしこういった問題が起こっても、キラニスタッフはちゃんと対応してくれるので大丈夫です!

 

ウブドのよさ(自然を感じる、ヒーリング、静か、田園風景)を存分に感じられて、清潔、スタッフも感じがよく、虫事件はあったものの、それでも嫌なことは全然なかったです。

1泊6500円くらいで予約したので、それを考えればこのクオリティはすごい。(雨季だし安めなのかも?)

 

ということで、最初の宿ヴィラキラニは、大当たりでした!

 

→⑤へつづく

①から読む

 

バリ島の現地オプショナルツアー(日本語)はこちらがおすすめです

>>『タビナカ』バリ島オプショナルツアー

  • 全てのツアーが日本語対応
  • ガイドさんとの事前連絡が可能。やりとりが丁寧なので、安心
  • 約200種類のあらゆるバリ島ツアー有り

 

どうする?海外旅行中の保険