海外旅行傷害保険で得するクレジットカードはこれ!
インドネシア

【バリ・ウブド旅行記⑪】エレメントバイウェスティン宿泊レビュー【コスパ最高】

こんにちは!たびなすびのちかです。

ということで、移動に苦労しながらも新しいホテルにお引越しした私達。

 

次のホテルは、エレメントバイウェスティン(以下エレメント)!

 

エレメントを選んだ理由は、

前半がこじんまりしたヴィラだったから、後半は規模の大きなホテルに泊まって、ホテルステイも楽しみたい、

っていうのが一番かな。

 

私達のいつもの旅行スタイルが、基本長期の『チョイ住み』なので、

旅行中でもいつものように仕事や運動をしつつ、外に出ると非日常

というのが好き…。

 

前半のヴィラキラニは素晴らしかったけど、こじんまりしすぎてて、長時間部屋で仕事をして、合間にホテルの施設を利用〜とかができない…。

歩いて行けるカフェなどもないので、気分転換はただひたすら田んぼを散策するくらい。

それはそれでもちろんいい!

だから前半5泊はヴィラにしたし!

 

ただ、ウブド滞在中も仕事をきちんとしたい場合は、不便かな、と。

結果、エレメントに後半5泊しましたが、チョイ住み派の私達にはぴったりハマりました!

エレメントに到着すると、

「ハロー、ウェルカム」

ザ・バリ美人のお出迎えっ!

 

ザ・バリ美人とは、バリ舞踊のダンサーさんの衣装あるでしょ、あれを着てバッチリメイクをしている人のことである…。

そしてエントランスにニコニコしながらお立ちになっていたのである…。

 

インドネシア人は目鼻立ちがはっきりしてるので、バッチリメイクしたらお人形のように可愛いんですよう!

早くもエレメントに好印象。(単純)

 

思ったより大きなホテルで、ロビーも広々してる!ヴィラから来たからかな?

フロントがすごーく親切でしっかりしてたのに驚き。

まだ午前中だからチェックインはムリだろうと思い、荷物だけ預けて街に出ようかなと思ってたら、

「少々お待ちいただければ、お部屋のご用意できます」

とのこと。

これは嬉しい!

 

10分ほどで準備ができたので鍵をもらうと、私の大きいバックパックは

「あとでお持ちしますので、お先にお部屋へどうぞ」

って!

 

「いやいや、ウェスティンでしょ?当たり前じゃん。」

 

って思ったあなた!

ここ一泊いくらだと思います…?

 

9000円。

 

二人で。

朝食ビュッフェも込みで。

 

エレメントホテルはウェスティンが所属するマリオット ボンヴォイ(SPG、リッツカールトン)で、カテゴリーは3。

「ウェスティンホテル」と言われて思い浮かぶようなホテルは、カテゴリー5〜6なのでずいぶん低いですね!

なので、エレメントはビジネスホテル的な感じかなー、と思ってたんです。

が!!

 

超快適よ。

 

ビジネスホテルはお部屋まで荷物お運びしないー。

お迎えのバリ美人もいないー。

 

2万円って言われても、そうか、と思っちゃったよ多分。

(※雨季だから安いのかもしれないけど!)

 

ウブド『エレメントバイウェスティン』のお部屋

私達の部屋は6階のダブルルーム。

まだオープンして1年(2018年)だとのことなので、

 

KIREI!

ピカピカですわ〜〜〜。

大型チェーンホテルだから、安心感あるね。

規格がぴっちり揃ってて隙間なし…。イコール虫無し…。

 

夫「これこそ今の俺に必要なもの…」

私「そう、よし(夫)に必要なのは蚊のいない世界…」

※よしは数週間前までデング熱患者

 

夫「さてと…」

私「ねえねえ!」

夫「何…?」

私「いい!?ベッドに飛び込んで!」(片足浮かす)

夫「ダメダメ!まだ写真撮ってないから!」

私「ひゃあ!」(停止できずに飛び込む)

 

バアン!!!

ブスウッ…。

 

夫「もー何でそういうことするの!」

私「ねえよし!これ沈む系!」

夫「え、いいやつ?」

私「いいやつ!」

 

語彙少なすぎてやば夫婦…。

マットレスが、二人で寝てるのに動きが相手にほぼ振動しないやつだって言ってるよ。

ヘブンリーベッドって言うんだってー。

ほんと、ヘブンだった…。

 

部屋はバルコニー付きで、プールビュー。

前半のヴィラキラニの田んぼビューとは全く違うので、いかにキラニが絶景だったかがわかります!

こっちはこっちでいいけど、エレメントの景色だけじゃ物足りなかったかもしれないな。

 

バスルームもピカピカで言うこと無いんだけど、敢えていうなら、バスタブが無いこと。

プール有るからいいけどー、でもキラニでバスタブ嬉しかったからちょっと残念ー。

あとアメニティも壁付きタイプのソープとシャンプーがビジネスホテルっぽくもあり。

こういう簡素化がカテゴリー3なのか…?

 

しかも!

部屋の狭さ(といっても50㎡だけど)を感じさせないように、バスルームは壁なしスケルトンなのである!

もちろんカーテンはあるので、一人で泊る以外は結局閉めっぱなしだね。

 

だからよしがトイレに行くときに提案してみました。

 

私「でもカーテンしないと広く感じるから、一回『見ない』って約束してトイレに入ってみて!」

夫「えー、絶対ヤダ」

私「大丈夫!10年も夫婦だから!絶対見ないし!」

夫「じゃあ、ちかから行ってよ、俺見ないから。」

私「えっ…」

 

そう言われたらするしかねえ!とカーテン開けっ放しでバスルームに入り、

モジモジモジモジ…

 

無理だった。

 

シャッ!(カーテン閉める)

 

教訓:自分でできないことを人に強要しない。

 

部屋には他に、ちゃんとパソコン作業ができそうなデスクと椅子もあって、これは仕事が捗りそうだ…。

 

ウブド『エレメントバイウェスティン』のファシリティ

プールは泳げる大きさで、気分転換にはもってこいでした!

ビーチチェアのマットもふかふかだし、昼寝に最高。

昼間は日差しが強すぎて、プールがお風呂レベルで温かったから、夕方以降から盛況になってました。

夕方のハッピーアワーはビールも一本買ったら一本おまけ!

 

ジムもあったけど、施設に比べて狭いので、なんとなく気が乗らず使わなかった。

プールで泳ぐほうがこの場所に合ってるかなーって思ったりして。

 

あとは、ウブドといえばヨガなんだけど、エレメントではモーニングヨガが無料で参加できます!

レッスンを予約するほどじゃないけど、ちょっとやってみたい、って場合に超便利。

ヨガスクールまで通うとなると、行くまでが億劫なほど交通が不便なのでね、ウブドは。

私達が滞在中はそもそもゲストが少なかったようで、超少人数制(2人とか)でできたよ。ラッキー!

もちろん気に入れば有料レッスンの申し込みも可能。

スパもホテルにしては良心的な価格だったからやろうと思ったけど、街中に出たら更に激安だったので私達はせず。

 

ウブド『エレメントバイウェスティン』の朝食

ホテルとAirbnb、何が違うかって、そりゃ朝食付きかどうかでしょ!(超主観)

朝食さえ食べれれば、昼間まで部屋でダラダラしても支障ないですからね!

 

ビュッフェは一通りある、というのが感想。

「わあ、よりどりみどり!」

とは思わなかったなー。

バリ料理にインド料理、ヌードルスタンド、エッグスタンドはあるので、温かいできたてが食べられるのはいいですね。

フルーツとかチーズは種類が少ないかな。

 

あ、今書いてて思ったけど、もしかしてバリ料理とインド料理に飽きちゃってほぼパンしか食べてないからかもしんない…。

 

よしは「カレーうっま!」とか言ってた気がする。

私、後半スパイス料理を脳から排除してたから、よしの食べるものなんて見てなかったのかも…。

 

私の評価は、最高!ではなく、まあまあ、かな。

 

ウブド『エレメントバイウェスティン』のスタッフ

この世のスマイルがここに集まった、そんなところ!

皆合えばニコニコニコニコ…。

ニコニコ過剰摂取しすぎて、私までニコニコ…。

ニコニコしながら日焼けしすぎて、

 

バリでシワ3本増えたわ。

 

しかもー、バリ島民はみんな基本ニコニコしてるんですが、ちょっとのんきなところも見受けられます。

でもエレメントのスタッフは、ニコニコ+キビキビッ!

 

ビーチチェアに座って目を合わせれば、すぐにタオルを持ってきてくれるし、

お部屋の掃除もパリッとしてくれるし、

依頼したこともオンタイムだし。

 

忘れちゃいけない、

 

一泊9,000円だからね。

そして、東南アジアだからね。

 

それ考えたら大満足のクオリティですねー!

 

 

ということで、ザッとエレメントのレビューを書いてみましたが、

ウブド旅行記としては、まだチェックインして部屋でちょっとダラダラしたところなんで、

早速引越し後初のランチに行きますよ!

 

⑫につづく

①から見る

 

エレメントバイウェスティンの価格を見てみる

 

 

バリ島の現地オプショナルツアー(日本語)はこちらがおすすめです

>>『タビナカ』バリ島オプショナルツアー

  • 全てのツアーが日本語対応
  • ガイドさんとの事前連絡が可能。やりとりが丁寧なので、安心
  • 約200種類のあらゆるバリ島ツアー有り

 

 

どうする?海外旅行中の保険