アイルランドの首都ダブリンに留学したら、イタリア語まみれになっちゃった夏休み!

      2017/01/28

こんにちは!たびなすびのちかです。

ダブリンといえばパフィーの「アジアの純真」の歌詞として耳にする程度ですが、ヨーロッパの島国アイルランドの首都でもあります。

そのダブリンに英語の勉強を兼ねて大学3年生の夏休みに訪れた時の話です。

なぜアイルランドなのか

当時、将来の夢として本当はアナウンサーになりたかったものの、外見的に無理だということは大学で美女の友達と仲良くなった際の世間の反応で十分に理解していました。

早めに気づいてよかったです。

 

外見で勝負できないと悟った私は、「顔の見えないラジオFMでカッコよく洋楽の曲紹介する」という夢に切り替え、そのためには現地で英語を習得しなくては!と夏休みを利用し私を英語圏に送り込んでくれるよう父を説得しました。

私がピチピチの女子大生であった当時、英語を学ぶならアメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドと相場は決まっており、どこに行けばいいか決めかねていました。

大きいハンバーガーか、小さいハンバーガーか、メープルシロップか、コアラか、羊か…。これくらいのものですね、当時の私の脳みそなんて。

なんかなーと思っていると、羊の国の横に「アイルランド・ダブリン」の文字が。

 

『ペキンベルリンダブリンリベリア…』

 

友人は留学といえばやれニューヨーク、ロサンゼルス、ハワイ、シドニー、ロンドン…と超有名都市ばかりで日本人に溢れているらしい。

が、「ダブリン」には知り合いはまだ誰も行っていないようです。

 

「私、夏休みにダブリンで英語勉強してきたの」

 

かっこいいじゃん...。

 

井上陽水のおかげで、アイルランド行きを決められました。

夏のアイルランドは英語研修の外国人でいっぱい

私が行った夏はアイルランドが一番いい季節で、毎日快晴で過ごしやすい気候で、花々も美しく、おいしいギネスビールもパブでたらふく飲めました。

欧米圏にとって夏休みは一年の区切りで長い休みで、英語圏のアイルランドは研修先として人気があるらしく、英語圏以外の欧米圏からそりゃもうたくさんの留学生が英語を勉強しにやってきました。

特にイタリア人、スペイン人、フランス人が多く、ポルトガル人、続いて日本人、南米人といったところでしょうか。

日本人は外国でも日本人同士でつるんでばかり、と聞いていましたが、いやいやいや、他の外国人もそうですよ!いやそれ以上!

同国人となるべく絡まないようにしようとしている人、第1位は日本人ですよ〜。

時間が限られている中、勉強に集中するという点ではしかたないのかもしれませんが。

しゃべりつづけるイタリア人

ホームステイをしていた私の家には他に団体で来ていたイタリア人の一人を受け入れており、個人で来ていた私はよく彼女に誘われイタリア人団体のイベントに参加していました。

イタリア人数人は近所に住んでおり、通学時には同じ路線のバスに乗ります。

 

その彼ら、とにかくよくしゃべります

家から学校までの通学、帰り道、ウィンドーショッピング、食事中、ずっとしゃべりっぱなし。

 

彼らは終始イタリア語で話すので話の内容はわかりませんが、ベリッシモ的な何かは聞き取れました。

よくもまあ毎日毎日こんなに話すことがあるものです。

 

ある日、2階建てバスに乗っていたのですが、続いて乗ってきたイタリア人数人はあいにくまとまった空席がなく、席がばらばらになってしまいました。

1階と2階にそれぞれ分かれて座った彼ら。

がしかし、

 

階をまたぎ、しゃべるっ!

1階と2階で。

 

どれだけ急用の話…?

 

あまりの出来事にステイ先が同じイタリア人に、彼らは一体何についてこんなに大声で話しているのか、と聞くと、

 

「ああ、さっき会った人の電話番号の並びが面白かったんだって。ほんと、面白いわ、4444って4が4回続いてたんだから

 

 

…面白いの?

 

 

百歩譲って面白かったとして階をまたいでする話なのか...。謎。

 

すごいわーイタリア人!

と驚きの許容範囲が広がった大学3年生の夏だったのでした。

 

私の英語の話し相手もほぼイタリア人だった、グラッツェ!

 

【アイルランドでもドジな女子大生!シリーズ】

15年前アイルランドで財布を開くと5千円しかなかった、どうする!

烏龍茶はマジカルティー?アイルランド人のトンデモダイエット法

日本人女性の隠れた魅力発見!陰気なイタリア人にもてちゃった

 

目次で他の記事を探してみる!

筆文字オンライン

**************

今までの筆文字をまとめました

『たびなすび』ショップ

**************

スマホアドセンス




 - アイルランド, ヨーロッパ, 妻:ちか