韓国のワンルーム(オフィステル)が機能的すぎる!一人暮らしが楽しそう!

      2018/07/10

こんにちは!たびなすびのちかです。

3ヶ月ぶりの釜山滞在を何の違和感もなく過ごしています。

Busan_Dubai

Photography by YOSHI

 

とはいえ、今回からはもちろん家はないので、Airbnbを利用してワンルーム(オフィステル)に泊まってみました。

そのワンルームがさあ…

 

すごいの!機能的で!

 

あまりにびっくりしたので、ここに書き記す…。

スポンサーリンク




15年前の韓国の状況

私が初めて韓国に住んだのは今から15年ほど前。

外国語塾の講師としてソウルで働くことになりました。

外国人が多い塾だったので、塾が家賃補助をしてくれたり当面の住む場所を提供してくれるシステムでした。

韓国に精通しているならまだしも、降り立ったその日が初韓国、という人も多いため、大抵の外国人はまず塾が用意した家で寝泊まりすることが主流。

 

なんですが、その頃はほぼシェアハウス状態で、ワンルームが提供されることは皆無。

シェアハウスといっても現在のような形態ではなく、3DKだったら3人の講師が住み、2DKだったら2人が住む。こんな感じでした。

結果としてすぐに職場の同僚と仲良くなれたし、他の講師の家にも遊びに行きやすかったのでよかったんですけどね。

それにしてもなぜワンルームを契約しないのかなー、と単純に思ってたんですが、

 

そもそもなかったの、ワンルームが。

 

だからシェアするしかなかったわけ!

じゃあ学生とかどこに住むのか…

 

下宿か寮!

 

私の推測ですが、多分ご飯を超重要視する韓国人は両親が子どもの食事を気にして、食事提供がある場所を選んでいたからだと思います。

また、その頃の韓国人は恐ろしくプライバシーを気にしなかったので、共同生活がそれほど苦にならなかったんじゃないかと。

韓国人もプライバシーを求め始める

15年ほど前はそうでしたが、韓国もだんだん成長して余裕が出てきました。

そうすると、日本同様、

 

自分の空間…

プライバシー…

一人で楽しむ…

 

そういうものを求めるわけですね。

すると、「寮なんていや!自分一人の部屋がいい!」とか「下宿のおばさんいちいちうるさい!」ってことになり、

 

ワンルーム建設ラッシュが起こったと。

 

今や溢れんばかりにワンルームやオフィステルが街中に建ち、下宿なんてほぼ見かけなくなりました。

ところでオフィステルって何なの

日本的にいうと全部ワンルーム、というくくりなんですが、韓国語ではワンルームとオフィステルはちょっと違います。

ワンルーム

・世帯数が少なく、エレベーターが無いところも多い

・ゴミ捨て場とかがない

・守衛さんがいない、セキュリティが甘い

・住宅地にある

・家具が揃っているかは大家次第

 

オフィステル

・ビルのような外観、高層でエレベーターは必須

・ゴミの管理などは徹底している

・守衛さん常駐、セキュリティ強化

・繁華街にある

・家具や家電が一通り揃っている(備え付け)

全てが当てはまるわけではないですが、大体このような感じ。

オフィステルは管理が行き届いてることもあり、家賃の他に管理費も結構取られます。

一方、ワンルームは家賃が手頃。

今回泊まったオフィステルがすごい

で、今回ですよ!

二ヶ所のオフィステルに泊まったんですが、どちらも経って数年しか経っておらずピカピカ。

30階まである高層タワマン!

エントランスからセキュリティ

どちらもエントランスはカードキーまたは暗証番号を知らないと入れないつくり。

1カ所は各階のエレベーターから部屋へつながる廊下にもセキュリティロックドアがありました。

部屋のカギはほぼ電子キーで、カードもしくは暗証番号を自分で設定するタイプ。

全てオートロックですが、暗証番号を覚えていればインキーの心配はなし!

部屋は基本的に広い

Photography by yOsHi

で、部屋ですよ!

まず、広い!

日本でいう8畳は確実にあります。

韓国人にとっては狭いみたいですが、そもそも韓国人の家はデカイので基準が違います。

例えばファミリータイプのアパートに昔住んでいましたが、一番小さいタイプだった私達の部屋が80平米の3ベッドルーム。

100平米超えは家族で暮らすには当たり前の文化です。

たまにネットなどで韓国の小さいワンルーム!とかありますけど、あれは「コシウォン」と呼ばれる浪人生が勉強するためだけに借りる部屋のこと。

お金の節約でそこに住んでいる人もいるにはいますが稀だし、韓国人に「コシウォン」住んでいると言ったらビビられ、多分速攻でご飯奢られます。

システマティックな造り

Photography by yOsHi

驚いたのが、

・セントラルヒーティング(エアコン埋込み式)

・家電が備え付け

・ウォシュレット

・冷蔵庫が目隠し

・キッチンも目隠しできる

・しまえる机

・ライト、空調、インターホンが全てタッチパネル

・じゃまになるドアは引き戸

すごいー。

 

しかもね、インテリアも超シンプルで素敵。

韓国の築40年超え物件にしか住んだことなかったのでわかりませんでしたが、そういう物件ってインテリアも壁紙もかなり微妙だったんですよね。

 

ピンクの壁紙とか…

黄金の天井とかさ…

 

韓国にこんなシンプル部屋があるなんて、私は無知でしたよ。誤解してた、コリア…。

これでお家賃いくらだと思う?

Photography by yOsHi

釜山の高級エリア、ヘウンデの海が見える一等地で、家賃は…

 

驚きの4万円!!

40万ウォンね。

 

日本とシステムが違って、まずはじめに保証金としていくらか(ここは50万円)を預けなければなりませんが、基本的に全額戻ってきます。

ただ、管理費は別で1万円くらい払わなきゃいけないと思いますが。(アパートはもっと安い)

 

いやはや…住環境に関しては、韓国かなり進んでますね。

実は私も韓国に住んでいたときには家に文句ばっかり言ってましたが、これには理由があって、

 

自己負担で一ウォンも払いたくないから。

 

だから職場が払ってくれるギリギリの家しか探さなかった結果、築40年超えの物件ばかりに住んでいたと。

それなりの額を払えば、ものすごく快適な生活が送れたみたいです。(と今更気づく)

東京でもAirbnbを借りたことあるけど

東京でも何度かAirbnbを借りたことがあるんですが、こういう物件にはお得に泊まることはできませんね。

と言っても家賃で支払うなら10万円超えの物件だったんですけどね、比べ物にならないです。

まず第一に、

 

・東京中心部の物件は基本古い

・めちゃくちゃ狭い

 

これはデフォルト。

釜山やこの前泊まったバンコクの物件(これもかなり良かった!)は開発エリアですからね、とにかく新しい!

Photography by yOsHi

一方の東京は、昔からの建物が多いのでいくら中をキレイにしても古さと狭さが目立ちます。

需要が多いので、そのままでも借り手があるんでしょうね。

でも、今まで4軒くらい東京で物件に泊まりましたが、

 

私が大学生のときと、仕様は全く変わってなかった。

まだユニットバスもあのままの形…。

 

それに引き換えこのオフィステルの進化の仕方よっ!

『住』だけを考えてみると、新興国の発展は目覚ましい

この素敵なオフィステル、家賃4万円って韓国では高い部類でしょ、と思いがちですが、至って普通の価格です。

普通の大学生でも住める金額。

いいなー、最近の大学生はー。

 

私のワンルーム事情はしばらく更新されてなかったので、かなり度肝を抜かれた今回の釜山滞在でした!

 

↓airbnbで住むように旅行しよう(クーポンで割引されます)

Airbnb(エアビーアンドビー)世界の空部屋シェアサイト

Airbnb(エアビーアンドビー)世界の空部屋シェアサイト
無料
posted with アプリーチ

 

スポンサーリンク

 

 

目次で他の旅記事を探してみる!

 

 - アジア, 妻:ちか, 韓国