マレーシア

【マレーシア】クアラルンプールの新築コンドミニアムを内覧してきたレビュー【不動産物件】

こんにちは!たびなすびのちかです。

KL(クアラルンプール)に妹に会いに行ってきたんですが、そのことを知った我が家のエージェントのタンさんから、

「私もその日車でKLに行くから乗せてってあげる!」

とうれしい提案が!

 

しかし…

もうバスのチケット取っちゃったよおおおお!

もう1日早く言えばよかった…。(バス嫌い)

 

結局、タンさんとはKLでランチをすることに。

タンさんは情を一切挟まずに淡々とテキパキと仕事をしてくれるので、厚い信頼を置いていて、いろいろやり取りするうちに友人になったのである。

すると、私達の趣味がコンド内覧だと知っているタンさん、

「時間空いてるから、ランチ挟んでKLのコンドも見る?」

と。

 

「超見たい!」

 

と即答し、内覧決定!やったー!

以下の情報は、私がパンフレットやサイトで判断したもの。

感想は私の主観です。

 

【マレーシア】クアラルンプールの新築コンドミニアムを内覧してきたレビュー【不動産物件】

今回は3軒ほど内覧してきました。以下詳細。

(ジャンプすると物件レビューに飛びます)

 

①The FACEⅡVICTORY SUITES

きらびやかですごい装飾のコンドミニアムだった。

インフィニティプールはシンガポールのマリーナベイサンズ並みの人気。

 

②AGILE BUKIT BINTANG

無難な物件。マレーシアではよくあるタイプ。

 

③Stonor3 K.L.C.C.

三菱地所レジデンスが参画している造りのしっかりしたコンドミニアム。

日本大使館目の前。

①The FACEⅡVICTORY SUITES

場所

KLCCエリア(JLAN Sultan Ismail)

 

公共交通

LRT:Kampung Baru駅まで約600m

モノレール:Bukit Nanas駅まで約300m

 

周辺主要施設

KLCC(800m)

KLタワー(800m)

Quill City Mall(500m)

パビリオン(1.3km)

※全て直線距離

 

↓『THE FACEⅡ』はこの系列ホテルの隣に建設中。

デベロッパー

PLATINUM VICTORY(マレーシア、公式サイト

間取り

タイプ ベッドルーム 広さ(スクエアフィート) 方角
F 1,140
G 1,100
H 1,030
J 1,160
K 1,600 北と東
L 770
M 1,215
N 1,150 南と東

9〜29階がホテル、30〜50階が住居エリア

 

価格帯

RM1,944,000〜

(約5160万円)

※為替レートは2018年12月24日現在

 

特筆すべき点

51階(屋上)にインフィニティプール。KLタワー、ツインタワーが一望できる都会的な眺めが売り。

全室家具付きという大盤振る舞い!但しかなりアクが強い趣味(ロココ調…?紫、金、緑とか)。好き嫌いが分かれそう。

THE FACEというブランドだけに、そこかしこに顔ロゴが飾ってある…。

内覧した感想

  • ホテル併設なので、場所は便利なはず
  • インテリアの圧がすごい
  • 隣のThe face suitesホテル(PhaseⅠ)のプールの眺めが超人気なので、ここも人気スポットにはなりそう

 

インテリアすごかった!

きらびやかですね、一言で言うと。

内覧に行ってびっくりしたのでタンさん(エージェント)に

「ここのCEOの趣味かな、すごいね」

と言ったら、

「全室この家具ついてくるよ!」

ってさ…。

どうだろ、私が若かりしデヴィ夫人だったらきっと似合うでしょう…。

 

あとは、人気ホテルになりそうなので、ホテル階から下はちょっと住人としては落ち着かない可能性もあるかな。

もし購入しても短期滞在の人に貸し出すならありかもしれない、逆に引く手あまたかも。

 

②AGILE BUKIT BINTANG

サービスレジデンス

AGILE BUKIT BINGTANG公式サイト

場所

ブキッビンタン(BUKIT BINTANG)

 

公共交通

MRT:Tun Razak Exchange駅まで約400m

MRT:Conlay駅まで約500m(未完成)

MRT:Bukit Bintang駅まで約900m

 

周辺主要施設

パビリオン(500km)

Lot10(900m)

KLCC(950m)

※全て直線距離

 

 

デベロッパー

AGILE PROPERTY(中国)

TROPICANA(マレーシア)

間取り

タイプ ベッドルーム 広さ(スクエアフィート) 方角
A 1+1 616〜638 部屋による
B 1+1 687〜716 部屋による
C 2 886〜935 部屋による
D 3 1157 部屋による

タワーBのみ内覧、タワーBは11〜59階が住居。

60階スカイガーデン、10階ファシリティエリア。

 

価格帯

RM1,863,000〜

(約4950万円)

※為替レートは2018年12月24日現在

 

特筆すべき点

内覧当日、一番始めに見たのだが、インパクトが弱かったのかあまり覚えてない。

無難な造りだったと思われる。

 

内覧した感想

  • 内装は無難なコンドミニアム
  • 同じデベロッパー(TROPICANA)のコンドにペナンで家族が泊まった
  • モデルルームに中国人のお客さんがたくさんいた

 

多分『THE FACE』のインパクトが強すぎて吹っ飛んだ模様。

「へー」とか「なるほどー」と言ってたのは覚えている。

多分特徴が特にない、よくあるコンドミニアムなんだと思う。

悪い印象もないので、無難なのかも。

ちなみにペナンでTROPICANAがデベロッパーのコンドも家族が利用したが、特に悪くなかった。

たまに外観はすごく良くても、中ががっかりというのもマレーシアあるあるだけど、ペナンのコンドはまあまあだった。

立地や環境で人気はかなり左右されるでしょうね!

 

③Stonor3 K.L.C.C.

場所

KLCCエリア(日本大使館向かい)

 

公共交通

LRT:Ampang Park駅まで約700m

MRT:Conlay駅まで約300m(未完成)

MRT:Bukit Bintang駅まで約900m

 

周辺主要施設

パビリオン(900m)

Lot10(900m)

KLCC(1km)

※全て直線距離

 

↓このコンドの手前くらいかな?

デベロッパー

TAN & TAN DEVELOPMENTS(マレーシア)

三菱地所レジデンス(日本)

間取り

タイプ ベッドルーム 広さ(スクエアフィート) 方角
A 1 649 南西、北東
B 1 689 南東、北西
C 871 南東、北西
D 1,031 南東、北西
E 1,232 南東、北西

9〜39階が住居。

40階がルーフトップガーデン、7階がファシリティエリア。

 

価格帯

RM1,630,800〜

(約4330万円)

※為替レートは2018年12月24日現在

 

特筆すべき点

マネジメントオフィスでモデルルームを見たんだけど、

 

落ち着きっ!

余裕っ!

重厚っ!

 

きらびやか(てかギラギラ)なコンドミニアムが多い中、なぜここがこんなに居心地がいいのか…と思ったら、

 

三菱地所レジデンスが共同開発したんだって!

 

納得よ。

全く情報がなくてもうすうす感じるものなのね…。

 

今回見た3つの物件の中で唯一スタッフがつきっきりでショールーム内を隅々まで解説。

スタッフ「サッシは全てYKKです。」

私&夫   「YKK!!」

タンさん「…有名なの?」

私&夫   「日本人のファスナーは全てYKK!」

というやりとりもあり…。

 

スタッフ「お風呂はジャパニーズスタイルです。」

 

洗い場があるどこから見ても『お風呂』でございますよ。

 

なんかね、キッチンシンクもステンレスじゃなくて、テフロン加工のフライパンあるじゃん、

そんな感じで高級感。(←説明が下手すぎ)

 

パンフレットもらったんだけど、なんと、

 

写真が一枚もないシンプルイズベスト!!!

 

ありえないよ、中国系企業じゃ。THE FACEなんてロココ調ギラギラ系ですからね!

しかも…

 

見開きに芭蕉の句!

 

安心感半端ない…。

 

内覧した感想

  • 内装の品質にかなり自信がありそう
  • モデルルームは一番重厚感あり
  • 三菱地所レジデンスという安心感

 

私が超金持ちで、今回見た中から一個選んでいいよって言われたら、即決でここですね。

※他の物件をくまなく見てないので、あくまでも今回の中での話。

 

まず気に入ったのが、床がフローリングであること(水回りは除く)。

冷蔵庫の扉が隠れていて、ただの壁に見える。

シンク回りがキレイ、ディスポーザー付き。

トイレがTOTO!!(地味にうれしい)

 

いや本当、金縁紫ソファとかいらないからTOTO入れろって話ですよ。(小声)

 

KL(クアラルンプール)のコンドミニアムを内覧した感想

今回見たのは、KLCCとブキッビンタンエリアというKLの中心部コンド。

そのため郊外の物件よりちょっと狭めですね。

ただ、私がもしKLに住むなら絶対にこの辺がいい!と思ってるので、テンションはUP。

 

KLに仕事のために来てるんであれば、帯同した家族のことも考えて郊外に住んだらとても環境がいいでしょう。

私達の場合、KLに住む時は「都会に住みたい」からなので、ど真ん中のほうが楽しめる!

のんびりするならペナンで十分なのでね。

 

ということで、こういう人がいる以上、中心部というのは需要がまだまだあるようで、どこもまだ建設中で、周辺にも開発は広がりそうな雰囲気でした。

以上、私の超主観KLコンド視察ツアーでした!

 

タンさんも月に数度KLでも仕事してるようなので、もし内覧したいとかコンド借りるのにに頼みたい、という方がいればご連絡ください。(英語・北京語・マレー語可)

2019年3月追記

タンさんは現在、KLでの賃貸はやってないそうです。

KLでは売買のみ、ペナンでは賃貸・売買どちらも可、とのこと。

 

 

 

マレーシアでMM2H(10年ロングステイビザ)をとってみた