マレーシアで初めて夫が激おこ!なぜなら…宅配のピザが超絶ま・ず・か・っ・たから!!

   

こんにちは!たびなすびのちかです。

ブルブルブルブル…

怒りに震えている…

温厚で有名な夫が…

 

「もう!!信じられない!!」

「マレーシアでこんなに頭に来たのは初めてだ!!」

「どういうことなんだ!!」

 

イライラしている!

あまりにも珍しい光景なので、私もなだめたいところですが、

 

そうはいかないよ!!

私もプンプンしてるよ、一緒に。

 

だってね…

 

出前のピザが史上最強に不味いんだもん!!

 

食べ物の恨みは恐ろしい…




序章:人はなぜ出前を頼むのか

よく考えてほしい。

なぜ出前を頼んでいるのか。

 

・忙しくてご飯を作る時間がない

・疲れてて自炊したくないし、外に出たくない

・家にご飯の材料がない

 

こういうことが多いんじゃないですか、大体。

今日の私達は、ほぼ全てに当てはまってたんですよ。

私は家にいましたが、仕事が立て込んでたので一日中パソコンの前。

 

「今日は料理作りたくない!例えそれがラーメンだとしても!」

 

という強い意志がありました。

そこで外に出てた夫に、帰り道にご飯を買ってくるようにお願い。

 

「これで仕事に集中できる…」

 

カタカタカタカタ…(キーボードの音)

 

夫「ただいま~」

私「おかえり!…あれ?手ぶら?」

夫「なんかさ、これといったもの見つからなくて、デリバーイート(※)でピザ出前した!」

私「あ、そっか!」

夫「ピザって感じじゃない?今日はさ」

私「いいね!じゃあ一段落させてビール飲んじゃお!」

夫「俺もー!腹減ったー!とりあえずシャワー浴びてさっぱりして…」

 

こんな状況ですよ。

ピザで一日の疲れを癒そうとワクワクしてる…。

ピザが届くまでに今日の雑務を終わらせようと頑張る…。

 

※デリバイート(DeliverEat)はフードデリバリーのサービス

DeliverEat公式サイト

 

これをピザというのなら、ナンだってピザ

ピンポーン!

 

来た!!

待ちに待った今日の締めくくり、ピザが!!!

 

「ピザ来たよーーー!」

「ピザーーー、…ん?」

「なんか、小さめ…。」

「しかもなんか冷たい…。」

「やな予感しかしない」

 

パカッ。

 

まずそう。

 

「見た目からこんなまずそうってある…?」

「…出来損ないのパン?」

「トッピングほぼないし…、位置がここまでずれてること…ある?」

 

説明するとね、

 

まず生地がパッサパサのずっと店頭に置いておいたパン、硬そう。

で、トッピング。

大体まんべんなく端っこまでソースとかチーズが載ってるじゃん、ピザって。

今日のはね、中心部にちょこっとソース的なのが塗ってあって、きのこスライス3〜4枚。

 

以上。

 

しかもサイズもちっちゃ!

なんて表現すればわかりやすいかな…

鍋敷きくらい?

味噌汁作る鍋底くらい…?

なぜか鍋しか例えが思いつかないけど、ちっちゃい!

日本だったら、そのへんのコンビニのアンパンとか叩いて伸ばしたら同じ大きさになるよ…。

 

「いや…でもとりあえず食べよう…」

「うん、食べたら信じられない旨さかもしれない…」

 

パクッ

 

「まっず!」

「うわ、なにこれ。まっず!!」

 

吐き出すほどではないけど、想像通りの味。

生地はパッサパサ(×10くらい)

ソースの味はなぜか甘い

それだけ、ただそれだけの味…

 

食べ物にまずいとかあんまり言わないタイプなんですけどね、二人共。

好みとか環境の問題だと思うし、味付けって。

こういうもんだと思って受け入れるんですけど、

 

今日のピザ、お前は別だ…。

 

はっきりと言わせてもらう…

お前はまずい!!!!

てか、君、ピザなの…?

 

副菜もまずい、全部まずい

ピザだけでは足りないかも、と思った夫は、出前時にいろんなメニューをプラスしていました。

以下、レビュー

 

・ガーリックトースト

星マイナス10000

ガーリックトーストをどうやってまずくするの?むしろ貴重じゃん?

トーストじゃなく、一回パン粉にして固めたんだよね?そうだよね?

じゃなきゃ、こんな前代未聞のパサパサ感って出せないじゃん。

あとさ、ガーリック要素どこにあるのかな。

むしろ工業的なニオイしたんだけど、何塗った?マジで。

 

・ポタージュスープ

測定不能

ただの白い液体。

恐ろしくて飲めなかった。

多分想像通りの味だよね、ガーリックトースト一口噛んでから、液体入れるの怖くなったよ。

 

・ラザニア

星1

唯一星を獲得したメニュー

でも油断するな…

もしごく普通のピザに付いてたら絶対食べてないから。

周りが出来ないおかげで光ってるだけだから。

現に二口食べて「もういいや…」ってなったから。

てかさ…

粉っぽいんだよ!

 

お・な・か・す・い・た!!!!!

4品も頼んだのに、食べるものない…。

超超お腹空いてたから、2切れ食べた、この極悪ピザを。

 

でも…

もう…

本当に…

 

口に入れるのすら嫌!!

 

唯一の良心(にそのときは見えた)ラザニアも二口食べたけど、もう食べたくない…。

 

でも思い出してください。

私は「絶対に今日はキッチンに立ちたくない!」という強い意志の下、今日の後半を生きてきたわけです。

ここで「じゃあ、ラーメンでも作るわ」とはならない!

そんな弱い女じゃない…。

 

だってさ、ラーメン作ったらさ、お湯沸かすだけじゃないんだよ。

ネギも入れたい、卵も、もやしもってなっていろんな調理器具使うし。

食べたら洗わなきゃならないし。拭くし。しまうし。

カップラーメン以外お断りっ!(しかしそれはない)

 

ので、どうしたかというと、

 

ビールを二本飲んでカロリーを摂取しました。

 

缶だけー。

あとお菓子とか食べたし。

 

まあ結局ビールのおかげで

 

「最悪だー!」ゲラゲラ

「マレーシアで一番許せない出来事」ゲラゲラ

「これはいくらマレーシアといえども怒った!」ゲラゲラ

 

ってなったけれども!

デリバーイートでまずいピザを避ける方法

私「いくらなんでも不味すぎるから、アプリにレビュー書いたほうがいいよ!」

夫「いや、店を評価するところがない」

私「それはひどい」

 

ということで、評価で見分けることはできない…。

夫がこの日使った出前アプリは「デリバーイート」ですが、もちろんデリバーイート自体に問題があるわけではありません。

デリバーイートはデリバリーの委託サービスなので、作ってるのはお店。

結構使ってるけど、お気にいりのお店とかあるしね、普通は問題なし。

 

「あ!」

「何?」

「この店、ジョージタウンのコムタ周辺!」

「遠っ!!!」

 

ジョージタウンはうちから結構離れてるので、出前を頼むには無理がある…。

ペナンの地理環境だと隣の隣町から来るイメージ。

しかも夕食時は渋滞にハマるとかなり時間がかかるしね…。

確かに届いたときすでに冷たかったし。

 

「この店配達可能エリアに無理があるねー」

「ちょっと必死感出てる」

 

もしかしたら距離感も味に反比例する可能性もあるかもね!

あとはグーグルマップの評価を事前に確かめるとか。

お腹空いたときってここまでしたくないから出前を頼んでるんですけどねー。

 

今回の教訓は、

 

新しいピザ屋で挑戦するより、チェーン店を選ぶ出前が無難

 

でした!

 

※追記

ちゃんと探したら評価あったから星1にした!!

(0にしたいけどできないから…)

 

【楽しいペナン生活!シリーズ】

ペナン生活でよく利用するお店まとめ!【買い物・外食・カフェ・美容院・通販・など】

【ペナングルメまとめ】1年住んだ私のおすすめローカル店!旅行中食事に迷ったら参考にしてね!

【圧倒的妻目線】ペナン移住一年たったよ!『もう』って感じでも『まだ』って感じでもある!

 

⇒ 目次で他の記事を探してみる!

 

 - アジア, マレーシア, 妻:ちか