レンタルバイクでクラビの『クロントム温泉』へ!タイ人から温泉マスターに認定!

      2017/02/07

こんにちは!たびなすびのちかです。

温泉という単語を聞いただけで、ワクワクが止まらない私。

 

現在住んでいる韓国にも入浴文化があり温泉も湧き出ていますが、家では湯船に浸かる文化はあまりなく、バスタブをはずして広いシャワールームにリフォームしてしまう家が多いのです。

私たちのアパートの部屋も、もともとはバスタブがついていたようですが、賃貸にするにあたり人気のシャワールームに模様がえ。

こちらとしては、「余計なことを…」と思ってしまいますが、韓国人には評判がよいのだそうです。

海外生活の反動でお風呂好きに

考えてみれば、日本に住んでいた大学時代までは、お風呂に関しては特になんとも思っていませんでした。

 

・母に「早くお風呂入って!」と言われ、怖いので入る。

・寮では入浴時間が決まっているので、時間になったら入る。

・あまりにも汗をかいて、人間関係に支障が出そうなので入る。

 

このように、お風呂に対しては完全に受身でした。

しかし、空気のような存在だったお風呂と離れて暮らすことなり、初めてわかりました。

かけがえのない大切な存在だったと…。

 

極寒の韓国で、マイナス10度の中帰宅し、心身ともに冷え切った冬の日。

疲れを癒すのは、

寒すぎて温まらない生ぬるいシャワー

 

銭湯へ行けって?

マイナス10度の中、片道徒歩5分かけて温まりに行き、帰り道に急速に冷え込む肉体…。

寒さに肩をすくめすぎて、冬は慢性肩コリ持ちに。

 

こうして私の湯船片思いが始まったのです。

レンタルバイクで温泉を目指す

韓国生活で思い描く「日本の温泉」への恋心。

それがなんとタイで味わえるという噂を聞きつけやってきたのは、リゾートとして大人気のプーケットの東に位置するクラビです。

 

その温泉とは、クラビにある『クロントム温泉』地図

秘境とも呼ぶべきこの温泉は、アクセスがなかなか難しいのです。

公共のバスもなく、市内でツアーに参加するか、自力で行くしかない…。すると、

 

「俺バイク借りたから!」

 

朝食をのんびり食べていた私を残し、どこかへ消えたと思ったら、バイクにまたがり現れた夫。

 

「い、いつのまに!!」

「ちかがダラダラ食べてるから、その間に借りてきたよ。隣レンタルバイクショップだったからさ。」

 

いいね!その行動力!

 

ということで、中心地であるクラビタウンでバイクを借り(150バーツ=約450円:2012)、走ること約1時間半。

短パンで調子よく後部座席に座っていた私の太ももは、この1時間半で真っ赤っかに!!

南国バイクの太もも出しは超キケン!!

『クロントム温泉』は露天風呂

すると見えてきた

 

「HOT STREAM」

 

の看板。

入場料(100バーツ)を払い、森の中を進んでいくと…

 

湯気が立ち込める露天風呂発見!

 

川全体に源泉が流れており、何人も入れる大きさの岩風呂が一段、二段…十段以上の棚田温泉

こんな豪快な露天風呂、見たこと無いよ…。

 

夫婦で無言でニヤニヤしつつ、水着の上に着ていた服を脱ぎます。

はたから見ていたら気持ち悪すぎる光景ですが、それにも気づかないほど温泉に興奮状態なのです。

 

チャプ…

 

痛いいいいいいいい!

太ももが!

 

1時間半もかけてバイクでここへ来た執念が仇となってしまった…。

温泉はおおよそ40度くらいで、結構日本人好みの温度です。その熱さがしみるわ…。

 

私が悪戦苦闘している中、夫は自分の体型にマッチしている丸めの岩風呂を見つけ、気持ちよさそうに肩まで浸かり、目までつぶっています。

ちょっと気になるので、私もその岩風呂に入り、夫の隣に座ってみました。

 

夫「ねえー、狭いからあっち行ってよー」

私「いいじゃん、ねえ見てみて!私の太もも!真っ赤っかになっちゃって今も我慢しながら入ってるんだよ!いたたたたた!」

夫「もー、せっかくのんびり寛いでたのに、ちかが来たらなんかガチャガチャしてきたよ…」

 

と言い残すと、3つ先の岩風呂へと移っていきました。失礼な!ぷん。

温泉が我慢大会のようなタイ人集団

結局一人になった私は、温泉に浸りながら周りをながめて暇つぶしをしていました。

 

すると、タイ人の若者集団がTシャツ短パン姿でキャーキャー言いながら温泉に仲間を落としあっています。

落とされた子は何か叫びながら、すぐに温泉からあがってしまいます。

「ねえー、何してるのー」

と話しかけると、

 

タ「だって、ここ超熱いんだもん!入っていられないよ!」

私「超熱いって温泉だから!ははは、面白いね。」

タ「あなたさっきから全く動かないけど、大丈夫なの?」

私「うん、まだ10分くらいだからねー」

 

するとタイ語で仲間に説明しだす彼。

それを聞いた仲間は「えええええ!十分も!?あの人、何者!?(たぶん。タイ語)」と騒いでいました。

 

「ねえ、あなたどこから来たの?」と聞かれたので、

 

「日本だよ」

 

というと、若者たちは一斉に「あーーーーーー(ガッテン)」と納得したようでした。

 

日本人の温泉好きは有名みたいです。

温泉マスターとして尊敬のまなざしを受けること数分。

 

その後、若者は温泉を熱湯風呂のように使い、飽きもせずに遊んでいました。

一方私は、若者たちが初めて出会った温泉マスターとして、期待に応えるべく長風呂をし、結局、

 

のぼせました。

 

海外の温泉では国を背負わないほうが無難です。

 

【タイでイケイケ旅シリーズ】

ピピ島は車もバイクも走行禁止!でもクラクションはひっきりなし!?

タイ・ピピ島ですれ違ったハングル帽子にロン毛の男性の正体とは!?

重量級は要注意!バンコク・カオサンのマッサージ屋さんで突然・・・

 

目次で他の旅記事を探してみる!

筆文字オンライン

**************

今までの筆文字をまとめました

『たびなすび』ショップ

**************

スマホアドセンス




 - アジア, タイ, 妻:ちか