搭乗前、ちょっとセレブに過ごしたいあなたへ
タイ

プーケットでゲストハウスの日本人オーナー『くまさん』に会う【Maritime Rooms Patong(マリタイムルームズパトン)】

こんにちは!たびなすびのちかです。

今回プーケット旅行をするにあたり、旅行情報がほしくて検索しまくってると…

 

私「『プーケット シーフード』…、あ、またこの人」

夫「もしかしてくまさん?」

私「そう、『プーケット レンタカー』…、またしてもくまさん!」

 

と、プーケット縛りでググると必ず登場する、謎のくまさん…。

↓そのサイトがこちら

 

私「くまさん気になる…」

夫「しかも夫婦で海外移住って!」

私「同じ属性!」

 

ということで、プーケットに着いてそうそう、くまさんの経営するゲストハウスに行ってみました!

 

くまさん不在っ!

 

フロントには眉毛のお手入れに命をかけてる風のタイ人スタッフがいて、

 

夫「くまさんいますかー?」

ス「くま?…くま?」

夫「オーナーさん」

ス「あー!くま〜〜〜」

夫「うんうん…」

 

ス「ノー」

 

夫「OH…」

 

という残念な結果に…。

 

連絡してあげようか、と親切にスタッフさんに言われましたが断り、直接ツイッターからくまさんに、

「来たけど、いませんでしたーーーー!」

と告げると、

「すいません!じゃあ約束して会いましょう!」

と言ってくださいました!やさしい…。

 

そうだよね、約束すれば確実に会えるんだよー!

思い立ったら突然行く韓国スタイルが抜けない私達…。(以前韓国に在住←言い訳)

 

ということで、

その後プーケットマスターのくまさんに会うことができ、

プーケットの旅が更に楽しくなったよ!

ラッキー!

 

くまさんってこんな人

まず…

くまさんとはどのような方なのか、気になりますね…?

 

お答えしよう!

くまさんとは、

  • 30代の日本人男性
  • プーケットでゲストハウスを経営している
  • プーケット情報のブログを書いている
  • 奥様とはミャンマーで出会い結婚
  • フランスとかアルジェリアとかにも住んでた
  • 英語とかフランス語とかタイ語とかペラペラ

 

いろいろすごい!!!

この情報だけで100くらい質問できそうでしょ…。

 

フランス育ちだと聞いて、花輪くんみたいな人が来るのかと思ったら、

 

礼儀正しい日本紳士だったよ。

 

海外育ちとはいえ、その後日本で旅行会社にも勤務してたそうだから、挨拶とか本当に丁寧でした…。

この丁寧さね、くまさんのブログ記事にも言えることなんで、プーケットに行くなら必読です!

ここ読めばとりあえずプーケットが何たるかはわかるでしょう!

グルメ情報も在住者ならではのセレクトなので、安くて美味しかった…。

ソムタムユンパオ2回行ったし!

 

ソフトで笑顔が素敵なくまさんですが、信念は強く持っていて、そのへんは色んな所を渡り歩いてきたんだな〜と。

かなり年下ですが、そういう年の差全く感じなかった!

 

今プーケットでゲストハウスを経営していて、それが夢の第一歩になっているとのこと。

これからもっとビジネスを広げていって、最終的には自分自身で一から5つ星ホテルを作ってみたいんだって!

 

元旅行会社勤務ということもあり、世界中に精通しているくまさん。

かなりの数のホテルにも泊まってきていて、自分で目指すものが年々固まってきてるらしい。

その構想を話すくまさんの顔は笑顔で輝いていました!!

 

くまさんのゲストハウス『Maritime Rooms Patong』

くまさんの夢の第一歩であるゲストハウス『Maritime Rooms Patong(マリタイムルームズパトン)』にも遊びに行ってきたので、ちょこっと紹介したいと思います。

マリタイムの売り、それは何と言っても、

 

立地と安さ!

 

Maritime Rooms Patong(マリタイムルームズパトン)の立地

前の記事にも書きましたが、プーケットは物価が高い!(タイにしては)

特にパトンビーチは一番の歓楽街なので、ローシーズンであっても客足が途絶えることなく、年中盛り上がる場所。

ハイシーズンなんてプーケット中のホテルを合わせても部屋が足りなくなるほどなんだとか!

 

プーケットといえば中心はパトンビーチ、

パトンビーチといえばバングラ通り(※)のナイトライフ!

※タイの夜といえば…で妄想するものが全て揃った通り

 

そのバングラ通りから徒歩2分にあるのが「マリタイム」なのである!

どんなに夜遅くなっても、千鳥足でも、疲れ切っても、2分も歩けば宿に着く。

そんな立地が「マリタイム」の一番のセールスポイントでしょう。

 

宿の前にはレストランが目に見えるだけでも数軒あり、マリタイムで洗濯サービスもしているので、衣食住には全く困らなそうです。

 

Maritime Rooms Patong(マリタイムルームズパトン)の価格

上記の通り、プーケットは観光地で物価が高いので、ゲストハウスはあまり目にしません。

タウンのほうにはちらほらあるようですが、ビーチだとリゾートホテルが多い印象。

バックパッカーだとしたら、尻込みしてしまうような値段のホテルばかりです。

 

「俺…バックパッカーだけど、プーケットも行きたい…」

「どうせプーケット行くなら、パトンのバングラ通りで弾けたい…」

 

こんな方、安心してください。

マリタイムの価格はバックパッカー向きです!

 

Maritime Rooms Patongのお部屋

  • ドミトリー(共同バストイレ)
  • スタンダードルーム(バストイレ付き)
  • デラックスルーム(バストイレ付き)※リフォーム済み

の3タイプがありました。

 

建物は古いものだそうで、現在デラックスルーム3部屋をまずリフォームしたそう。

 

デラックスルームは日当たりもよく、インテリアもくまさん自身が改装していて、サーフィン好きの若者一人暮らしのお部屋のようでした!

大きな冷蔵庫、テレビ付き。

 

スタンダードルームも早くリフォームしたい、とおっしゃってました、

掃除で清潔に保たれていますが、デラックスに比べると若干建物の古さは感じるかな?

冷蔵庫あり!ビール冷やし放題!

 

ドミトリーは「ザ・ゲストハウス!」という感じで、今流行りのプライバシーにも重視したおしゃれタイプではありません。

が、この好立地と価格の安さを考慮すれば納得。

 

私達が訪れたときも、セルビア、オーストラリア、イギリス、UAE、インドネシアなど世界中からゲストが泊まっていましたよ!

公式サイトへ

プーケットのくまさんまとめ

「世界中からゲストが来るのに、何故か日本人が少ないんですよ…」

というくまさん。

日本人自体が少ないのか、はたまたまだ存在を知られていないのか!?

 

兎にも角にも、私達のプーケット旅行が楽しくなった一端はくまさんのおかげ!

プーケットを詳しく知りたいなら、彼のブログは必読です!

 

 

 

 

⇒ 目次で他の旅記事を探してみる!