海外旅行傷害保険で得するクレジットカードはこれ!
タイ

【海外旅行の持ち物】タイのプーケットで困ったリスト【減らしすぎ注意】

こんにちは!たびなすびのちかです。

旅行の荷物を軽くすることに命をかけています。

最近、あまりにも荷物を減らしすぎて困ったことが頻発。

 

持ち物の減らし過ぎは禁物です!

※今回はあまりにも荷物を軽量化した結果困ったという、極端な旅行者の話です。

 

【海外旅行の持ち物】タイのプーケットで困ったリスト

詳しくは次章に書きますが、重い荷物が何より嫌いなため、旅行の度に減らしに減らした私。

荷物はいつも、街歩き用のデイバッグ一つ!

化粧もほぼしないし、おしゃれでもないし、服は速乾性を重視して選んでるし、

てことで、今回のプーケット旅行まではほぼ固定してたんです、荷物リストは。

 

が、ちょっと違ったのは、

 

・朝エクササイズが日課になった

・当てにしてた洗濯機が宿になかった

 

この2つが大きなハードルにっ!

その結果、

  • 靴選びに失敗、ビーサンは街歩きに向かない
  • 洗濯機がないと、上下2ペアじゃ足りない
  • 手洗いの洗濯、許容範囲は下着まで

という気づき…。

それでは詳しくお伝えしていこうと思う…。

 

海外旅行の持ち物を減らした経緯

その前に、ここでなんで私がこんなに軽量化に固執するのかを解説。

旅行大好き歴が長く、大半は2週間以上のバックパック旅行だったため、大荷物でヘトヘトになり後悔することが多かったんですよ。

LCCで機内持ち込み可能な重量は7キロのところが多いので、最初はぎりぎりまで詰め込んでたんですけどね、

 

7キロ無理、私。

重い…。

 

バックパック旅行は荷物を背負ったまま、歩きまわったりするからね、

7キロも一瞬持つ分にはいいけど、長時間はさすがに…

 

じゃあスーツケースにすればいいじゃん、ってことなんですけど、ちょっとした秘境に行った場合(例えば、インド、ネパール、モロッコ、キューバなど)、

無舗装!石畳!段差!うん○!

 

やだ…絶対…

という場所によくいってたので、「背負うしかねえ!!」って感じだったんですよねー。

 

その結果、街歩き用デイバッグ19Lのみで出かけるこの頃…。

 

ノートパソコンと周辺機器入れて、3〜4キロだよ。

軽さはほぼ街歩きの時と同じですからね、空港から寄り道もどんと来い!

 

今回のプーケット旅行で失敗した持ち物とは

①靴選びに失敗、ビーサンは街歩きに向かない

いつもならね、TEVAサンダル一択なんです!

特に南国に行くときはね。

今回もTEVAを選んでれば間違いなかった。

 

しかし!

 

私は最近、朝走っているのだ…。

 

こういう朝活はですね、非日常でサボり癖がつくと三日坊主まっしぐらなのである。

 

できれば旅先でも走りたい!

ランニングシューズ必須!

TEVAサンダル追加は重すぎる

ビーサンでいっか

大後悔

ですわ。

 

プーケットってビーチリゾートですよ。

ランニング以外、あんまりスニーカー履きたくはないところ。

ビーチに寄ったり、マッサージ屋に入ったり、足元忙しいんです。

だから、朝ラン以外はビーサン履いたわ私も。

 

…歩きにくうううううう!

 

ビーサンが歩きにくいこと、TEVA履きすぎて忘れてた…。

あまりにも歩きにくく耐えられなかったため、毎日ビーチをスニーカーで歩く羽目に。とほほ…。

ちか
ちか
メインになりそうな靴にビーサンを持ってくるのは自殺行為。

 

改善方法

ビーサンの代わりに歩きやすく軽いサンダルを血眼で探し、見つけた!!

↓これ

(▼画像をクリックすると公式サイトに飛びます)

クロックスのサンダル(スウィフトウォーター)なんだけど、クロックスって軽いじゃん。

小さくてヘニョってリュック押し込んでも問題なし。

でね、上の三本線がしっかり足を固定しますからね!歩きやすいいいいい!

TEVAと比べればクッション性はないですが、クロックスはあくまでもサブ。目的違うのでね。

クロックスだから、一瞬で水気乾くしねー。

ビーサンの指の間痛くなる現象もないし、水辺ではもう一生これ履くわ。

※ワンサイズ落としたほうが足にピッタリ合ったよ(23.5センチの幅広だけど、サイズ6=22センチ履いてる!)

 

②洗濯機がないと、上下2ペアじゃ足りない

一週間以上一ヶ所に滞在する場合、最近はほとんどAirbnbに泊まってます。

そうなると、暮らすスタイルの家にお邪魔してるので、9割がた洗濯機があった。

 

今回は洗濯機無しっ!

 

想定外!

 

私の頭の中では、

朝洗濯する

その日の帰宅までには乾いている

一日置きに同じものが着られる

運動・普段着2ペアづつでOK

だったんだよおおお!

 

2ペアって少な!と思うかもしれませんが、結局運動用と合わせると4ペア持ってきてるんです。

私にしては量が多いな、とこれ以上増やすのが嫌だったんですね。

だから洗濯すればいけるだろうと踏んだ!

 

しかし、洗濯機が無いということで、近所の洗濯屋さんに毎日出すことに。

アイロンまでかけてくれるし、ありがたいんだけど、受け取りは24時間後が基本。

すると、

 

1日目:1ペア目

2日目:2ペア目(1ペア目外出とともに洗濯屋へ、受け取りは3日目の同時刻)

 

3日目:服がない。

 

水着で洗濯屋に行けばありますけどね、いくらプーケットといえども、ねえ…?

ちか
ちか
着ていく服も含め、最低3ペアは持っていこう!

 

改善方法

いたって簡単、

 

現地で買った。

 

現地購入は思い出にもなるしいいんですけど、短所もあって、時間が取られるんですよね。

「明日の服がない!」と焦ってるので、余裕のあるショッピングでもない。

気に入ったものがなくても、時間が迫りこの中で選ばねば!というストレスもあり…。

「旅行だしつい買っちゃったー」という趣味ショッピングとはまた違うので、良し悪し。

余裕って大切ね…。

 

手洗いの洗濯、許容範囲は下着まで

洗濯機がなかった。

でも洗濯屋さんに行くと、明日の朝に着る服がない。

手洗いすればいいじゃん!って思ったよ一瞬。

だけど、

 

無理。

 

だってさ、一回の洗濯量、

  • Tシャツと短パン(普段着用)
  • Tシャツと短パンと靴下(運動用)
  • 下着一式
  • 水着

 

×二人分

 

だよ…。

一方の近所の洗濯屋さん、50バーツ(約150円、アイロン含)。

もちろん洗濯屋さんに私の下着は出しませんでしたけど、私の服が足りないくらいでこんな重労働はできない!(ほぼ夫がやるんだけどね…下着以外は…)

ちか
ちか
タイの洗濯屋さん、安すぎて出しちゃうね!

 

海外旅行の持ち物を極限まで減らすと不都合が出てくることがわかった

全ての原因は、

 

朝の運動なんですけども。

 

朝のエクササイズさえやめれば丸く収まることに驚愕っ。

でもね、健康は大切ですからね!

 

お気づきでしょうが、

「荷物が多すぎて困る!日本から持っていかなくてもいいものって何?」

とお悩みの方には全く参考にならない記事でしたね…。

 

タイ、特にプーケットでの持ち物をまとめるとね、

  • 服は最低3ペア
  • 靴下履かない靴がビーサンしかないと辛い

てことです!

 

安心してください、タイはドラッグストア、コンビニ、多分東南アジアで一番品揃えがいいので、実は現地で何でも買えます。

私の3ペア目はH&MのTシャツと短パン(各200バーツ:600円位)だったからさ!

 

ちょっと今回軽量化の限界を感じたので、次回は一回り大きなリュックで行こうかな、と考えてますが、重くなるのですごく憂鬱…。

 

▼プーケット旅行記事を一覧にしました

あわせて読みたい
【プーケット旅行記まとめ】宿泊・物価・レンタカー・観光・持ち物などふり返りこんにちは!たびなすびのちかです。 2018年の年末に行った初プーケット旅行の記事をまとめてみました! ↓ツイッター...

 

プーケットの現地オプショナルツアー(日本語)はこちらがおすすめです

>>『タビナカ』プーケットオプショナルツアー

  • 全てのツアーが日本語対応
  • ガイドさんとの事前連絡が可能。やりとりが丁寧なので、安心
  • 約60種類のあらゆるプーケットツアー有り

 

どうする?海外旅行中の保険