韓国

釜山の魚市場で刺身(フェ)を買って屋台で食べよう!【広安里ビーチ】

釜山|魚市場|刺し身|屋台

こんにちは!たびなすびのちかです。

釜山に来たら、お刺身食べたくありませんか!!!

食べたいですよね!(決めつけ)

 

ということで、今回は、

地元民行きつけの活魚市場で刺身を買って、隣の屋台に持ち込んで食べる方法!

をお届けします。

 

韓国語しか通じなくて難易度は高いですが、うまくいけば、

 

達成感半端ない!

 

ディープな釜山が見たいんだ、俺はっ…(私でもいいけど)、という君!

行くんだここへっ…。

 

釜山でおすすめの刺身市場と屋台は広安里ビーチのそば

↓行ってほしい活魚市場はずばりここですよ

ネイバーマップはこちら

 

広安里ビーチ、海を正面に左にずーっと歩いていった端っこにあります。

周りは開発地区なので工事中で、「ここ!?」ってなると思いますが、そこです。

韓国語のデコ看板で、

 

『민락어민활어직판장』

(民楽漁民活魚直売場)

 

と書いてありますので、それを目印に…。

え?アルファベットとか漢字?

 

そんなものは無いぞ!!

オールハングル!!

暗記だ!!

 

さあ、ディープ釜山へまいろう…。

 

まずは、活魚市場(魚市場)でお刺身を買おう

店の選び方

上記の活魚市場には、無数のお店がブースになってひしめき合っています。

私達のお店の選び方は、

  • お目当ての魚(イカ)がある
  • 寡黙そうなおじさんがいる(夫の希望)

の二つ。

お店によってそれほど値段に差はなく、気になるとすれば「やりとり」と「切り方」ですかね。

これまでの経験上、寡黙な店主は推しも強すぎず、おじさんのほうが切り方と魚の並べ方が丁寧であったことから、夫が頑なに寡黙なおじさんを探します。

これは、好き好きなので、基本どこでも大丈夫。

 

また、私は大のイカ好きなんですが、

イカの取扱が少ない日は、イカが置いてあればどこでもよい、というスタンスになります。

 

魚の買い方

お店が決まったら、早速魚を買いましょう!

食べたい魚を告げると、重さで価格を確認して、お刺身用に切ってくれます。

↓魚市場でよく見かける魚

・광어(クァンオ=ヒラメ)

・방어(バンオ=ブリ)

・숭어(スンオ=ボラ)

・조기(チョギ=イシモチ)

・산낙지(サンナクチ=テナガダコの踊り食い)

・오징어(オジンオ=イカ)

※ボラとか最初「えっ…」ってなるけど、臭みが全く無くすごく美味しい!しかも安い。おすすめ。

 

大人数のときはそれでもいいんですけど、たまに夫と二人で行くときは、たくさん食べられないので、

 

「イカ入れて、○万ウォン分ください。」

 

となどと伝え、明朗会計にしてました。

そうすると、お店の人があれこれサイズ感や種類を考えて作ってくれるので、おもしろいし、ボラれることもなく安心。

まあ、ここでボラれるってことはないと思いますが。

 

但し!

韓国語以外通じないので、フレーズを暗記していくかメモっていったほうが無難。

 

↓魚市場で使えるフレーズ

○만원어치 주세요

○マンウォンオチ ジュセヨ(○万ウォン分ください)

 

○は指の本数で通じると思う

※2〜3万ウォンくらいからがお手頃の魚一匹の相場です

 

どこで食べるの?と聞かれるので、ポジャンマチャ(屋台)と言ってください。

てか、何言ってるかわからなかったら、ポジャンマチャでいいです。多分それを聞かれてる。

 

↓ここで使えるフレーズ

・포장마차로 갑니다

ポジャンマチャロ カムニダ(屋台に行きます)

 

その辺の公園で食べる人もいるので、チョジャン(韓国の赤いソース)や醤油、わさび、箸などが必要かどうか聞いてるんですね。

 

注文が終わったら、おじさん(おばさんでもいいけど)が魚をさばくのをひたすら見守るっ!

別に出来上がるまでウロウロしても構いませんが、作業を見てるのが面白いので私はじっとしてる…。

魚の皮を剥いだり、イカを千切りにする機械もあるんですよ!

お刺身への取り組み方が、日本とは一味違うので是非ご覧あれ…。

 

お刺身を持って屋台に行こう!

市場を出ると、横の道路にずらりと屋台が並んでいます。

お店の選び方は、

 

どこでもよい

 

です。

 

屋台での注文手順

テーブルに付いたら、人数分のチョジャン代(=席料みたいなもの、5,000ウォン)がチャージされます。

買ってきた刺身は適当にテーブルに並べる。

 

チョジャン(赤いソース、醤油とわさびは言えばくれる)、サムジャン(味付け味噌)、野菜セット、にんにくスライス、唐辛子、

など、お通し的なものが運ばれてくる。

全ておかわり自由。

 

飲み物は瓶ビール、ソジュ(韓国焼酎)、サイダー、水(無料)など。

 

実は手ぶらで屋台に入っても、お刺身は注文できるので、時間がなければ市場を飛ばしてもOK!

でも市場で買うの楽しいから体験してほしいけどね。

 

屋台で韓国的に刺身を楽しむ方法

刺身って言ってると、日本のお刺身をどうしても期待してしまうので、ここからは、

 

フェ

 

と言いましょう!

 

いいですか、あなたの目の前にあるのは、フェです。

フェフェフェフェフェ…

 

日本のお刺身のように、キレイに並べられてないでしょう…。

山のようにこんもりと無造作に積まれる、それがフェなのです。

 

そこから数切れをとり、サンチュに乗せましょう。

その上にサムジャンとにんにくスライスを一切れ加え、

 

食すっ!!!

うまーーーーー!

うまうまうまーーーー!

 

うん、刺身じゃないね。これは。

シーフードサラダだよね。

 

もちろん、わさび醤油も確実に美味しい。

しかし、このフェの食べ方は絶対に日本ではできませんよ、もったいなくて!

韓国、しかも釜山だからこそできる、ご当地グルメなのです。

しかもそのフェ、君がさっき選んだ魚だぜ…。

 

最高じゃん…。

 

 

屋台でのシメにメウンタンを注文しよう!

そろそろ食べ終わりましたか…?

さて…と、

 

ちょっと待て!まだ席を立つんじゃない!

 

식사(シクサ=食事)がまだでしょうが!!

 

シクサを食べずして、一日が終われるのでしょうか。

いや、韓国人なら終われない。

韓国では、焼肉やお刺身など、お酒付きのメニューの場合、最後のシメの炭水化物をなぜかシクサ(食事)というのである。

 

シクサ食ったわ今!!!

 

と言わずに、韓国スタイルで行きましょう…。

フェのシクサの絶対的王者は、

 

매운탕(メウンタン=辛いスープ)

 

です。

メウンタン|釜山|屋台|刺し身センター

一択、迷うなかれ。(てか、メニューにそれしかない)

 

フェ屋さんのメウンタンは、お魚のあら汁なので、だしが効いててめちゃくちゃうまい!

 

ただ、文字通り辛いので、苦手な方は、

덜맵게 해주세요

(トルメプケ へジュセヨ=辛さ控えめにしてください)

と言うか、これを見せましょう。

 

支払いは現金がよい

私達が2019年4月に入った屋台は、韓国では珍しく現金のみ。

屋台でかかったのは、

席料二人10,000ウォン、ビール1本4,000ウォン、メウンタン10,000ウォン、ご飯2つ2,000ウォンの、

 

計26,000ウォン

 

でした。

持ち込み料などはなし。

 

釜山の魚市場で刺身を買って屋台で食べよう!【復習】

市場のブースで、好きな魚を選ぶ。選ぶのが難しければ「いくら分」と言うと明朗会計。

市場で買ったフェを持って、屋台に行く。

サンチュとサムジャンに包んで食べる

シメにメウンタンを頼む。

 

完璧。

 

これを韓国人に頼らずにこなせれば、釜山マスターと言ってもいいでしょう!

外国人観光客(単独)はほぼ見ないので、本当の釜山の雰囲気を感じることができます。

 

屋台の中、超うるさいから。

 

この間行ったときは、酔っ払った3グループとも、

 

チングヤー

ウリチングー

チングニカー

 

直訳

友よー

うちの友達ー

友達だからー

 

ってチング(=友達)コールが鳴り響いてたわ…。

 

というわけで、メジャーな釜山に飽きた方におすすめのスポットでした!

 

 

 

マレーシアにロングステイするならMM2H