【金沢グルメ】おすすめは寿司だけじゃない!一週間滞在した私達の全メニューまとめ!

      2018/07/05

こんにちは!たびなすびのちかです。

今回の一時帰国の裏目的、それは…

 

海鮮三昧!

 

現在マレーシアに住んでおり、住心地は最高です。

なにも不満はありません。

海鮮を除いては…。

 

やっぱりね、南国だからなんでしょうね。

海に囲まれてるんですが、シーフードは和食にするとイマイチなようです。

現地の食べ物には合うんですけどね。

 

夫と海鮮食べたい病にかかっており、一時帰国直前には発狂しそうに…。

 

夫「日本に行ったら、浴びるほど海鮮を食べる!」

私「一年分食べる!」

夫「ねえ…」

私「なに…」

夫「どうせなら。日本でも屈指のお寿司が食べられるところに行こうか!」

私「そこは?」

夫「北陸!金沢を目指せ!」

 

と盛り上がりまくり、一週間の北陸旅行へと向かったのであります。

振り返ってみれば、お寿司・お刺身だけじゃなく、ありとあらゆるものが美味しかった北陸旅行。

今回は私達が一週間で食べたグルメを、金沢を中心に振り返ってみたいと思います!

 

けっこう和食以外も食べててびっくり。

 




金沢グルメの王道、お寿司は回転寿司で十分!

金沢在住の友人に、

「私達は寿司のために来たから、最高のお寿司屋さんを教えておくれ!」

と懇願したんですが、ほぼ全員、

「回転寿司で十分、お腹いっぱい食べな」

との回答。

 

雰囲気を味わいたいなら別だけど、回転寿司でも新鮮なネタがリーズナブルに回ってるから、そうしなさいと。

彼らのアドバイスを信じ、金沢で愛される二大回転寿司に行ってきた!

 

『もりもり寿司』(金沢駅前店)

まず、初日に金沢駅に着いてそうそう向かったのが、駅の中にある「もりもり寿司」。

感想…?

 

めちゃくちゃ感動した!!

 

多分初北陸で盛り上がってたのもあると思う…。

ここのもりもり寿司は、ネタもシャリも大きめでダイナミックに感じました。

他ではあまり見ないネタにテンションがあがりました。

 

のどぐろでしょ、

ホタルイカでしょ、

ガスエビっていうのもあった!

「これが…噂ののどぐろ…」

パクっ…

「なるほど…」

 

初のどぐろを体験し、大人になった気分…

駅の中だし、行列必至だと思ったんですが、11時過ぎに行ったら余裕でカウンターに座れました!

お昼時に席を立つと、お店の外まで行列がっ。

 

 

『まいもん寿司』(金沢駅西本店)

国道沿いの独立店舗。

ディナータイムだったので、駐車場が開いてるか心配でしたが、なんとか駐車もでき席も確保。

 

こちらは板前さんに直接注文するタイプのお店。

シャリも小さめで、上品なお寿司という感じ。

もりもり寿司はタッチパネル式での注文、ダイナミックなネタだったので、それぞれ特徴があるんだなーと思いました。

 

適当に注文して食べてたんですが、

隣りに座ってた体格のいいスポーツ選手っぽい人が…

 

「ブリ10貫とイクラ10貫で!」

 

って!

夫「は?」

私「は!?」

 

ってなった。

 

北陸ってブリが有名なんですってね…。

私共全く情報がなかったもので…。(調べろ)

 

それを踏まえてメニューをちゃんと見たら、

 

ブリメニューが独立してる!

 

寿司メニューって「まぐろ」とか「貝」とかでグループ分けしてたりするじゃない。

まぐろ→赤身、トロ、中トロ、大トロ、ねぎとろ

みたいな。

 

ここじゃブリが!

独立グループを形成していた…

 

この日より、ブリを中心に注文するようになったのは言うまでもない…。

 

 

金沢は和食もレベルが高い!

おでん『菊一』

アンジャッシュの渡部さんをご存知でしょうか。

佐々木希の旦那さんなんですけど、同時に超グルメなんですよ。

Huluっていう動画配信サービスに彼のグルメ番組があって、偶然ここが紹介されてたのを見た私達。

 

金沢初日に繁華街を放浪してたら偶然見つけて、

 

私「あ、ここ渡部のおでん屋!」(呼び捨て失礼)

夫「ホントだ!」

私「ちょっと覗いてみる…?」

夫「有名店だから混んでるかな…」

 

と恐る恐るドアを開けたら、開店直後なのか一番乗り!

本当は定休日なんだけど、ゴールデンウィークの振替?で偶然開けたため、人が少なかったんだとか。

ラッキー!

まさかおでんを食べるとは数分前までは想像もしてなかったんだけど、

目の前にネタが並ぶと箸が進むね!

 

ここで教えてもらったのが、

 

・生麩、車麩

・赤巻(ナルトみたいな柄)

・カニ面

 

とかが珍しいネタだよと。

カニ面目当てにわざわざ来る人もいるらしいけど、時期が過ぎてたので今回は口にできず。

カウンターしかないので、ダラダラお店の女将さんとお話できるのが最大の魅力!

 

 

割烹『味処高崎』

金沢近郊に住んでいる友人と夕食で訪れた場所。

友人の周りでも評判のお店で、イチオシは

 

「ホタルイカの石焼き」!

 

これね、お酒の親友、いや運命共同体?

これ食べたらお酒飲むしかないよ、美味。

 

カニの季節に来ると注文されるメニューも様変わりするらしいです。

でも私、カニクリームコロッケでも満足できたし!

割烹なんていうので、どんだけきっちりした店かと思ったら、庶民的な感じでとっても居心地良かったです。

 

 

『カレーの市民 アルバ』(小松本店)

実は私、カレーそんなに好きじゃない…。

多分一人暮らしだったら、十年単位で食べてないと思う。

 

が、夫は多くの人がそうであるように、カレー大好き。

金沢(石川県全体かな?)ってカレーが有名らしいですね!

この日は、これまた全然興味なかった「松井秀喜ベースボールミュージアム」に行った帰りでした…。

そんなに大きな施設でもないのに、回るのに1時間もかかったよ、夫が進まなくて。

 

「マジでー」

「やべえ…」

「これがあれか!」

 

とただのユニフォームや写真に感嘆してた…。

 

すっかり野球脳になった夫は、「絶対カレー食べたい!」と熱望。

やってきたのが、ここ「カレー市民アルバ」でした。

石川のカレーは黒っぽいのが特徴だそうで、私達がオーダーしたカレーも黒かった。

味は…、美味しかったよ!

日本の昔ながらのカレーっぽくないので、好きなタイプ。

 

夫は満足げな表情で「カレー最高!」って言ってました!

中華・餃子・ラーメンも食べたいグルメにはここ!

餃子専門店『7番ギョーザの店』

金沢情報をくれた友人の一人が「金沢といえば餃子なんだよう!」と連呼してて謎だったんですが、

その友人、めちゃくちゃグルメなんで信じて行ってみた…

 

7番ギョーザ混みすぎ!!

 

いつ行っても行列。

7時過ぎに行ってどのくらい並んだかな、30分位?

並んでる最中あまりにも暇だったので、グーグルで情報収集してました。

すると、

 

「ホワイト餃子が看板メニューだけど、地元民は焼餃子を頼むんだ!」

 

という書き込みを多数発見。

「これ見てよ…」

と夫に情報を伝えると、

 

「一応看板メニューも一度は食べないとね…、じゃあホワイト餃子と焼餃子ダブル注文で!」

 

食べてみた感想は…

焼餃子おいしい!皮の薄さもパリッと加減もジューシーさも。

ホワイト餃子、皮厚くて揚げパンみたい!口の中の水分持って行かれる!

 

こんな感じ。

もちろん再訪ありで、その場合は焼餃子を注文するつもりです。

 

 

味噌ラーメン『麺屋大河』

市街地の路地裏で、駐車大変だったなー(遠い目)

カウンターのみの小さなラーメン屋さんですが、超有名らしく行列でした。

しかも半数は外国人!

ここまで探し当てて来るなんてすごいー。

味噌ラーメンを食べましたが、濃厚なんだけど飽きることなく最後まで食べられました。

最近の凝ってるラーメン屋さんは、あと3分の1で「もういいかも…」と思うことが多いので、ここは私の味覚にとても合ってたのだと思います。

味噌ラーメン独特の縮れ麺も大好き!

 

外国人客が多かったので、一番若い男の店員さんが英単語で一生懸命接客してたのが印象的でした。

流暢ではないんだけど、臆することなくバンバン英語で対応してたんですよね。

こういう環境って、言語習得の近道だよね。

対話する恐怖心が言語習得の大きな弊害になることが多いんですが、それがもう取っ払われちゃってるし。

 

 

本格中華『菜香樓 新館』

夫の20年来の友人が金沢在住、しかも彼はオーストラリア人。

日本語、私達よりうまい。

しかもイケメン。

私は今回初対面だったんですが、アメドラに出てくるインテリ弁護士かと思ったよ!(そのくらいイケメン)

 

彼が

「金沢もう数日目だから和食とか飽きてるでしょー」

と連れてってくれたのが、このお店。

こういう気の利き方もすごいわね。

 

メニューとかもちろん日本語オンリーだけど、うちらより読むの早いし。

なんなの、この能力…。

 

確かに和食続きで、しかも今中華圏寄りの暮らしをしてるので、この選択は考えていなかった!

日本の中華って、他の国ではなかなか味わえない日本人にピッタリあった味付けなんですよね。

昔から慣れ親しんでいる味だし。

 

久しぶりの中華は優しい味で感動したー。

味つけも盛り付けも丁寧!

 

 

 

朝食には、金沢駅で焼き立てのパンを!

『ドンク(DONQ)』(金沢駅店)

なぜドンク…と思ったあなた!

ドンクの実力がわかってない…。

海外、しかもアジアに住んでいたら、好みのパンに出会うのがどれほど難しいか。

店内に入った途端、感嘆のため息が漏れてしまう…。

どれをとっても美味しそう。

惣菜パンも種類豊富、スイーツ系もある、ハードパンもあるし、アレルギー対応パンまで網羅。

 

これが100円チョイで食べられるなんて!

贅沢すぎてテンションがあがってしまった…。

立地も駅ナカと最高で、駅を必ず毎日通っていた私達には、超便利スポット。

一階なので、窓も広く開放感があるので、居心地も良かった!

 

外国人にも好評のようだったんですが、パンの説明POPが全て日本語だったので解読できずっ。

アレルギー持ちの外国人に助けを求められました。

英語がちょこっと補足で書いてあればパーフェクトですね!

 

 

【金沢グルメまとめ】お寿司以外もおすすめがたくさん!

私達は初金沢で、友人の情報やグーグルマップを頼りに一週間グルメを楽しみました!

今回紹介した以外にも、めちゃくちゃ沢山いいお店はあるでしょう!

一週間じゃ全然足りない…。

 

意外だったのは、海鮮以外にもそりゃ豊富な美味しいメニューがあること。

地元の人には当たり前でしょうが、旅行で来ると、

 

北陸=海鮮

 

のイメージが強くてね…。

 

私が仙台から来た、というと、多くの人が

「金沢は仙台と似てるでしょ〜」

と言ってくれました。

 

確かに緑の多さ、街の新しさ、土地の贅沢な使い方は似てるかな!

 

金沢は城下町なので、お城を中心に栄えてるのがステキ。

北陸新幹線効果で、駅も街も更にきれいになったんだって。

 

私の生まれ故郷東北地方に比べると、北陸は各県が小さいので、

金沢に泊まってればどこでも日帰りで行けるのが便利だな、と感じました。

 

私達も富山、福井、岐阜、能登半島と毎日回りましたが、日帰り余裕!

 

永平寺近くのお蕎麦も美味しかったし、

輪島の能登定食にも満足、

富山の『きときと寿し』は絶品だった…(←絶対行くべきだから太字にした!)

 

「最高〜、金沢住みたい〜」と二人で話してましたが、友人の、

 

「降水量日本一で、冬は雪に埋もれても大丈夫…?」

 

の一言で、おいしい食材には厳しい気候がある、と改めて感じたのでした…。

でも楽しかった!

 

【一時帰国は幸せ!シリーズ】

【金沢ゲストハウス】『ネイバーズイン』はおしゃれで安くてきれいで優しい!そして外国人にびっくりの静かさ!

日本の地方都市を外国人観光客におすすめしたい理由!どこへ行っても整ったインフラと秩序は超レア!

長期海外在住者が一時帰国でびっくりした日本のいろいろと、私の思い込みが激しい件

 

⇒ 目次で他の旅記事を探してみる!

 

 - アジア, 妻:ちか, 日本