たびなすび日記

たった3秒の日本語でのやりとりで店が沸いた

9月10日

「ちかさん!久々に、漢記のポークヌードル、どう?」

「おぉ、外食できないから、その存在を忘れかけてた!いいねぇ。」

ぐるっとひと回りすると6キロぐらいあるペナン島ジョージタウンの中心エリアにはローカルフードレストランやカフェなどがひしめき合っていて、「今日何食べよっか」と、お店選びに迷ってしまうことが多いんですよね。

「漢記」というレストランのポークヌードルは、そんなときにたどり着くメニューなんです。

今はロックダウン中で、残念ながら店内飲食は禁止されているのですが、フードデリバリーアプリにお店が出ていたので、この日は店頭でのフードピックアップの予約注文を入れておきました。

予約時間の16時になり、お店の前に到着するも、茶色くて重いお店のドアは閉まったまま。

開いている気配すらありません。

ノックをして、中を覗いてみると、おじいちゃんが出てきました。

そして、「今日はやっていないよ」と。

「Foodpandaで注文して、予約した16時になったから、取りにきたんだ。支払いも終わってるんだけど…」

「それについてはよくわからないよ。お店はクローズだよ、ソーリーソーリー」

おじいちゃんは何のことやらという雰囲気でした。

予約注文をいれたFoodpandaというフードデリバリーサービスのアプリに連絡してみたところ、やはり、レストランはクローズで、アプリに反映されていなかったとのこと。

支払った22リンギット(≒580円)は返金してもらいました。

お腹も空き、舌はポークを待っていたので、帰り際にホーカー(屋台村)に寄り、豚肉入りの炒飯と炒河粉、スープは肉骨茶を買ってかえることにしました。

ボスっぽさが出ていた店主らしきおじさんに「need ヤサイ?」と日本語で聞かれたので、日本語で「あ、うん!」と答えると、周りいた3人の男性店員は喝采。

「ワオ!ボス!日本語できるのか?いま、何て言ったんだ?」

「日本語でVegetableだよ」

そんな会話をしているようでした。

中国語だったので全くわからないんですけどね、雰囲気で、何となく。

ボスと僕の「ヤサイ?」「うん」というたった3秒の日本語によるやりとりで店は沸きました。

たびなすび
たびなすび
海外旅行先で面白い日本語で話しかけられたことはありますか?
この記事を書いた人
YOSHI
17歳のときに「深夜特急(沢木耕太郎)」と「青年は荒野をめざす(五木寛之)」に出あってから、これまでの人生、迷うことなく突っ走っています。