海外旅行傷害保険で得するクレジットカードはこれ!
タイ

【充電バッチリ】プーケット国際空港のラウンジ感想【プライオリティパス】

こんにちは!たびなすびのちかです。

楽しかったプーケット旅行も終わり、ペナンに帰ります!

帰るところがペナンという幸せ…。

 

プーケットからペナンまでは1時間足らずのフライトだし、

季節はまるで同じの常夏だし、

同じ島だし、

同じくゆるいし、

 

プーケットに何しに来たの?

 

って感じだねー。

国内旅行感覚だ、こりゃ。

 

でもプーケットのほうが断然観光地としてはイケイケだったし、娯楽はあふれるようにあったので、刺激的ではありましたね!

リラックス生活の極み生活のペナン住人としては。

 

適度に刺激をもらって活力を得た、私達夫婦。

プーケットの空港に着き、まずすることといえば、

 

ラウンジでくつろぎっ!

 

セレブなので…。

(嘘。プライオリティパス持ってるだけ。)

説明しよう!

プライオリティパスとは、空港にあるラウンジのいくつかが使用できるカード。

大抵の空港に使用可のラウンジがあるので、持っていると心の余裕が生まれる。

プライオリティパスのみを申し込むと年会費が3万円くらいかかるが、楽天プレミアムカードの付帯だと年会費が1万円、しかも初年度は実質無料でゲットできる!

自動付帯の海外旅行保険も付いてるので、年1回でも海外に行くなら作ることをおすすめ。

参照記事>>【空港ラウンジ】楽天プレミアムカードで『プライオリティパス』をゲットするのが一番オトク【比較してみた】

 

プーケット国際空港でプライオリティパス可のラウンジ

プライオリティパスを使う場合、ラウンジ情報はプライオリティパスの公式サイトで確認するのが一番いいです。

ここで確認すると、第1、第2ターミナル合わせて4つ使えるとのこと(2018年12月現在)

第1ターミナルは国内線、第2ターミナルが国際線。

 

私達はマレーシア行きなので、第2ターミナルのラウンジを使いました。

2つあるみたいですが、最初に見つけた、

に入ったよ!(サイトの写真でここと判断)

 

プーケットのCoralラウンジの居心地

概ね満足!(えらそう)

満足!と思ったところ

コンセントがたくさんある

大事。スマホ中毒だから。

長いカウンターのような席があって、そこはコンセントだらけなので、充電が必要な場合はまっすぐにそこへ行くとよい。

こういう席の場合、

「本当はソファのほうが座り心地いいってわかってるけど、充電のためにここにいなければならない…」

というジレンマに襲われるが、Coralラウンジに限っては大丈夫です!

カウンター席なのに、椅子がふわふわしてるミラクル…。

 

生ビールがある

これね!

これがあるだけでラウンジに来た意味っての?あるよね…。

スタッフのおばちゃん達がサーバーの前にダラダラ立ってて、一つは「Out of order」だったから今日は無いのかも…って思ったんだけど、一応聞いてみたら、

「ワンビア?」

って言われて隣のサーバーから無事ゲットーーーー!

みんなも諦めずに一応聞いてみてくれ!

 

Wi-Fiが速い

Wi-Fiさえあれば、YoutubeとかNetflixとか見放題だからね!

機内用に動画のダウンロードとかもし放題だよ。

Wi-Fi速度は東南アジアであんまり期待できないんで、爆速エリアを発見すると無条件に称賛せずにはいられないよ…。

 

寒くない

これ東南アジアの重要ポイント。

マレーシアでおなじみのプラザプレミアムラウンジは極寒なので、Coralラウンジの適温は非常にうれしい。

ドンムアンのCoralラウンジは暑いくらいだったので、ここの方針?

謎。だけどよい。

 

微妙…と思ったところ

特に無いんだけども、あえて言うならと思って聞いてほしい。

 

トイレが外、シャワーなし

トイレは入り口出てすぐ隣なので、全く問題ないんですけどね。

清掃員も常時いて、汚くないし。

ただ、ラウンジトイレみたいなキレイさはないのは、ちょっとがっかりかな?

トイレがないというのは、水回りがないということなので、当然シャワーもなし。

汗を洗い流したい方にはちょっと物足りないラウンジかも。

ご飯はそんなに美味しくない

充電できてビール飲めてくつろげるんだから、文句はないんですけどね!

あえてね、あえて言えば「美味しい!」ってわけではないかと。

よくあるカレー、チャーハン、焼きそば等と、パン類、ケーキ類があります。

許容範囲よ、全然。ちょいパサパサなだけ…。

 

あ、でも水のペットボトルあるのはナイス!

持ち出しできないようにウォーターサーバーしか置いてない所も多いのでね。

 

でさ、目撃したよ。

水にコーラ、サイダーなど、

 

20本以上リュックに詰め込むアジア人をさ…。

 

びっくりした、業者のように入れてて!

リュックがパンパンになったところで、スタッフと目が合うと、なぜかリュックの中身を見せ(なぜ!?)スマイルで去ってゆく彼…。

スタッフもビールサーバー前でおしゃべりしてたタイ人おばちゃんだから「ふーん」みたいな感じだったし。

 

持ち出していいかは、

 

よくわかりませんね。

 

各自の判断で…(多分ダメよね?)

 

プーケットの空港で気の利いたお土産は買えない

ラウンジを満喫しつつも、ちょっと早めに出てお土産を買うつもりでした。

が、お目当てのもの、なかった!

↓これ

 

マダムヘンの石鹸!

 

タイといえばマダムヘンって『でいぜろバンコク』(※)が言ってたのに!

※最近ハマってるバンコク在住日本人Youtuberチャンネル

 

↓このエピソードで言ってた

 

どこでも売っているだろうと踏んで、空港で買えばいいやーと思ったんだけどなかったよおお!

プーケットの第2ターミナル(国際線)のエアサイドには、ザ・お土産屋に売ってる高めのものしか無いので、お目当ての買い物がある場合はあらかじめ買っておいたほうが無難ですな。

 

 

 

 

⇒ 目次で他の旅記事を探してみる!

 

どうする?海外旅行中の保険