マレーシア

空港の保安検査が終わってから忘れ物に気づいたら戻れるのか?【ペナン国内線編】

こんにちは!たびなすびのちかです。

 

今回の話題は、

空港の保安検査が終わってから忘れ物に気づいたら戻れるのか?

ですが、結論は、

マレーシアのペナン空港の国内線で戻れた

です!

 

では、以下私の体験ストーリーを交えた、事の顛末をば…。

 

===========

マレーシアのペナンから釜山に到着しました!

 

でねでね、

これから約1ヶ月の韓国&日本への一時帰国の旅なんですが、ほら、私達って、

 

ネット中毒じゃん?

 

年齢はアラフォーだけど、高校生並みにYoutubeとか見てるしね?

暇つぶしはインスタの動画だし…。

夫婦揃って、いつまでも精神はティーンエージャー!(でも顔と体はしっかり老化中!)

 

ということで、旅ではパスポート並に欠かせないんですよ!

 

今回はペナン空港で海外旅行レンタルWi-Fiを借りることにした

そんな、必要不可欠なネット接続ですが、

 

私、日本のSIMって好きじゃないのよね。

※日本へ来た観光客向けのプリペイドSIMのこと。一時帰国ではいつもこのSIMを使っている。

 

なぜならば!

接続が難解、ネット接続が遅い気がする、高いのダメダメ三点セットだからです。

 

一時帰国前、↓このような愚痴を延々とお友達に聞かせてたところ、

「いいの見つけたよ!」

と紹介してくれたのが、こちら。

TRAVEL RECOMMENDS

(マレーシアのやつ)

 

韓国&日本のどちらでも一つのルーターで使えて、28日間で6500円位だったので、申し込んだんですよ。

めっちゃ安いっしょ!

しかも容量無制限なので、例え毎日動画三昧だとしても問題ナッシング…。

 

レンタルWi-Fiを借りずに保安検査場を通ってしまう…

Wi-Fiに関しては、使い終わってから感想を別記事に書くとして…。

とにかく、こういった経緯でWi-Fiを借りることにしたんです。

このWi-Fiはペナンの空港で受取と返却ができるので、ラクじゃん!と思ってたんですが、

 

なんと…

 

受けとるの忘れたーーーーーー!!!

 

で、それを気づいたときには、

 

保安検査終わってた…

 

保安検査場でダメ元で聞いてみたら、まさかの!

いつものように機械でチケットを発券しようと思ったんですが、今回は預け荷物があったのでカウンターへ行く必要がありました。

結構並んだのでいつもより時間がかかり、預けた瞬間にホッ。

早く一休みしたい…それしか考えてなかったんですね。

 

保安検査が混みそうだったので、早足で行くと電子製品をカバンから取り出し、何事もなく通過。

…と、よし(夫)が、

 

「やばい!!!」

 

私「…?」

夫「わいふぁい!!!!」

私「へ?」

夫「Wi-Fi借りたじゃんうちら!!!」

私「あああああああ」

 

このとき私は、もう無理だと思ってたんだ…。

なぜなら偶然前日に同じ境遇のブログを見たから…。

 

↓マレーシアのサラワク州在住の方のこのブログ。めっちゃ面白いから見てみて!(でも見終わったら戻ってきてね♪)

マレーシアの田舎キッチンからこんにちは

 

この方は関空でWi-Fi返却を忘れ、中に持ってきちゃったタイプ。

しかし、「自己責任でマレーシアから送れ」と無慈悲に言われたと…。

 

夫「戻れるかなあ…」

私「保安検査もしたもん、十中八九だめじゃん…」

夫「でも聞こう!」

 

もちろん諦めないよし、保安検査をしている空港職員のところへ行く!

 

夫「エクスキューズミー」

職「なんだね?」

夫「あのー、Wi-Fiレンタルのことすっかり忘れちゃってて取りに行きたいんですが、戻っていいですか?」

職「外に?」

夫「はい…」

職「あー、こっちは通れないから、

 

あっち通ってって」

 

私「ええええええ、いいのかいっ!!」

職「CAN、ここからね」

 

って言われて指さされたのが、保安検査の乗客がくぐる門。

 

まさに逆走。

 

私達が通ると…

 

プープープー!!!

赤ランプ!!!

 

でも通してくれる…。

 

そして、中に入る前のパスポート&チケットチェックのところでも、事情を話すと「ふーん」みたいな感じだった!

え、いいの…?

そういうもん?

 

ペナン空港の国内線では、事情があれば保安検査場から外に戻れる

その後何事もなくWi-Fiを借り…

戻り…

再び荷物検査をして…

 

無事、今釜山で使っております。

 

テレマカシーーーーー!

※マレー語でありがとう。なぜなら保安検査場の職員はほぼマレー系だから。

 

これはペナンだけなのか?

それとも世界基準なのか?

それは私にはわからない!!

 

でも上で紹介したブログの人との違いは、

 

国内線か国際線か

 

これも大きいと思いますね。

いくらゆるいマレーシアでも、出国審査をしたら外には出せないでしょうし…。

ただ、国内線だからといってどこでも出られるかは謎。

私達が逆走した直後に、偶然アイルランド人の友人にあったので事の顛末を話したところ、

 

「ありえない!!絶対マレーシアだけ!!ゆるすぎる!!」

 

と言ってたので、アイルランド人(イギリス住み)には非常に信じられないことだったようです。

まあ私もそう思ったけど。

 

とはいえ!

こっちが絶対に無理だろそれ…と思うことも、意外とできちゃう場合があるので、特に海外では「とりあえず聞いてみる」は必須ですな!

 

レンタルWi-Fiのおかげでこうして今もブログを書けているのであった…。

 

 

 

マレーシアにロングステイするならMM2H