たびなすび日記

チョコモナカジャンボのパリパリ感はマレーシアでも実感できるのか!?

9月4日。

一日一食生活もあと3週間で1年になります。

昨年、9月に「LIFESPAN-老いなき世界」という本を読んで何となくはじめた一日一食生活ですが、慣れるもんですね!

最初の1〜2ヶ月は修行みたいでしたけど、3ヶ月目ぐらいからは、それが普通になってしまい、気がつけば、もうすぐ1年になります。

一日一食とは言っても、厳しいルールを設けているわけではないので、食後のデザートなどはときどき楽しんでいて、昨日もアイスクリームを食べちゃいました。

森永製菓の「チョコモナカジャンボ」を。(たぶん)20年ぶりぐらいに。

なぜ、ハーゲンダッツでもマグナムでも、マレーシアのローカルアイスでもなく、森永の「チョコモナカジャンボ」なのかというと、

毎日食事のときに観ているテレ東BIZの「カンブリア宮殿」で力説されていた「チョコモナカジャンボは”食感の鮮度が命”で、”パリパリに全力を注いでいる”」という話が印象的だったんですよね。

通常、アイスは冬に作りだめをすることが多いらしいのですが、チョコモナカジャンボは製造5日以内に出荷しているんだとか!

ちかと「さすがに、空輸されているものはパリパリ感、難しいんじゃない?食べてみようよ」ということで、近所の日系スーパーで買ってみたんです。

結果は・・・・・

 

 

あと3回ぐらい挑戦してみますね!!!

ペナン島でマラッカ海峡の水平線に沈む夕日が拝めるのはあと数日。来月からは山に。久しぶりに訪れたバトゥフェリンギにはフェイスシールドをした家族連れがたくさん。不思議な光景でした。

お気に入りの夕日スポットはありますか?
この記事を書いた人
YOSHI
17歳のときに「深夜特急(沢木耕太郎)」と「青年は荒野をめざす(五木寛之)」に出あってから、これまでの人生、迷うことなく突っ走っています。