韓国

韓国免許持ちの日本人が、外国人登録番号なしで国際免許証を取得できるのか?

こんにちは!たびなすびのちかです。

今回のトピックは、

 

韓国の運転免許証を持っている日本人が、

もう韓国に住んでいないため外国人登録番号がないのに、

韓国で国際免許証が発行できるのか?

 

そして、結果は…

 

発行できた!!!

でも、いろいろあった。

 

この事例に当てはまる人が他にいるのか?という謎は深まりますが、一応面白かったので書き留めておきます…。

 

では、以下詳細…

==============

これは、よし(夫)の話なんですが、

そもそも、なぜこんな面倒くさいことをやってるのかというと、

 

韓国で運転免許を取り、その後一度も日本に住んだことがなく、現在マレーシア在住だからです。

 

一度でも日本に住んでいれば日本の免許証への書き換えができるらしい…。

 

が!

その際は住民票的な「今日本に住んでますよ」という証明が必要!!

そして時間も結構かかる!

 

日本の免許証は完全帰国の予定がない今は手の届かない存在…。

じゃあ、今住んでるマレーシアで貰えばいいじゃん!マレーシア免許は書き換えできたんだし(※今はできるか謎)と思うでしょ…。

マレーシア政府が、

 

「外国免許から書き換えした人には、国際免許証あげない!」

 

ってさ…

ということで、日本でよしが運転するためには、韓国だけが希望の星なのです…。

 

釜山の運転免許センターの国際免許証発行窓口へ

まず、釜山の免許センターで国際免許証の申請書類に記入して、窓口へ。

書類とパスポートを出すと、

 

職「外国人登録証も出してください」

夫「あー、実はもう韓国住んでないので、ないんです。」

職「えっ」

夫「ない」

職「…あー、そういう事例ありました!」

夫「ほっ」

職「基本的に外国人登録番号がないとできないんですが、免許証自体の外国人登録番号を国外に出たものに変えればできます。」

夫「あ、そうなんですか!」

職「ですので、免許発行窓口でその手続を行ってください。新しい番号の免許証が発行されればこちらで国際免許証も作りますので。」

夫「わかりました!」

 

よかった、スムーズにできそう!

早速よしは免許発行窓口へ行くのだか、

 

ここで無限ループ地獄が始まるのであった…。

 

免許発行窓口で説明マシーンと化す夫

国際免許証がもらえそうだ、とわかった夫は満面スマイルで免許発行窓口へと移動。

ドラマに出てきそうなイケメンが対応してくれました。

 

夫「あのー、国際免許証…」

イ「国際免許はあちらですよ」

夫「あの、それが、韓国にもう住んでない外国人なんですけど、国際免許証を申請するために免許証の再発行が必要だということで、来ました。免許証内の外国人登録番号を変える必要があるそうなので。」

イ「…え?うーん」

夫「…」

イ「じゃあ一旦、

 

外国人登録証ください。」

 

夫「だから…、外国人登録証はもうないんですよ…」

イ「え、ない???のに、国際免許証が取れる…?」

 

と混乱したイケメンは、

 

「ちょっと待っててください、国際免許証窓口に聞いてきます。」

 

といい、さっきよしと話した担当者の元へ。

数分後…

 

イ「ああ、ちょっとわかりました!じゃあまず…」

 

とイケメンが手続きを始めようとすると、

 

「おい!!ちょっとこっち手伝ってくれ!!」

 

と後ろから強そうな上司の声が。

 

イ「えっ…?」

上「緊急だ!早く来い!」

 

と、問答無用に呼び出されるイケメン。

 

イ「あ、はい、今行きます!すいませんが、隣のものが引き継ぐので…、キムさんお願いしますね。」

隣「はいはい〜〜〜」

 

と隣のおばちゃん担当者に委ねてイケメンはどこかへ…。

 

隣「で、なんですか?」

夫「あああの…(もう一度いちから同じことを話す)」

隣「え、韓国住んでないの?

 

じゃあダメですよ。」

 

夫「いやだから…かくかくしかじか…(同じ話)」

隣「えー、そうなの?ダメだと思うけど…」

夫「いや、国際免許証の窓口ではいいって言われたんで、免許再発行してくださいよ。」

隣「えー、ちょっと待って、聞いてくるわ。」

 

と数分も立たずにイケメンと同じことをするおばちゃん…。

国際免許窓口の担当者は本日二度目の説明。

 

隣「わかったわかった!オッケー!」

夫「よかったです〜」

隣「じゃ、

 

外国人登録証、出して」

 

夫「だーかーらー」

隣「?」

 

またもや、もう外国人登録証などがないことを説明すると、おばちゃん担当者は「???」という顔になり、もう一度国際免許証の窓口へ…。

本日3度目の説明をする担当者…(うち2回は同じ人)

 

隣「なるほど!わかりました!」

 

と納得顔でおばちゃん担当者が帰ってきたところへ、

 

「いや〜、終わった…」

 

とイケメン再登場。

 

「じゃ、ここからはイケメンさんとお願いね!はい!」

 

夫「え」

イ「えっと、何するんだっけ俺は…」

 

と突然頭を抱え独り言をいいだしたイケメン…。

 

このままでは無限ループが終わらない…

と、「あ、あの…」とよしが説明し、途中でおばちゃんが加わり、なんとか再発行の手続き終了!!!

 

免許再発行で呼び出されたのは、夫ではないはず…

「やれやれ…」

と説明疲れした夫は、新しい免許証ができるまでベンチでスマホで遊んでいました。

釜山の免許センターでは、

 

「キムヨナさーん」

「ウォンビンさーん」

 

とフルネームを呼ばれたら、窓口へ行って免許証を受け取ります。

すると、突然、

 

「スリランカから来た方ー」

 

と名前ではなく国名で呼ぶアナウンス…

 

(えええ、こんな呼び出し方あるんだ…。名前が難しくて読めなかったのかな…)

 

なんて考えてたんですが、そのスリランカ人はなかなか現れないようで、2〜3回繰り返しアナウンスされてました。

すると、

 

横からよしをツンツン…

 

夫「え、はい?」

 

横「さっきからあなた、呼ばれてるわよ。」

 

夫「え?」

横「あなた、スリランカから来たんじゃないの?」

後「そうそう、ずっと呼ばれてるよ!」

 

後ろのおばちゃんまで加わって親切に教えてくれた…

 

夫「ええ、僕、日本人ですけど…」

横「あ、そうなの!?私てっきり…」

後「あらー」

 

よし、スリランカ人に間違えられる。

 

男性でも比較的色白が多く、顔もさっぱりした感じの韓国人の中にいると、色黒で顔の濃いめなよしはスリランカぽかったみたいーーー!

うける。

 

そんな間違いがあったよし、なかなか名前が呼ばれないので窓口に行って、

「まだ呼ばれてないんですけど」

と言ったら、

 

「ああ、スリランカの方でしょ?」

 

と言われたみたいです。

どんだけーーーーーー!!!!

 

やっと新免許証が発行され、国際免許証を手に入れた!

一瞬で。

秒で出たよ、国際免許証。

 

だってその場で窓口の人が書いてるんだもん。

 

さすが、せっかち大国コリア…。

もし、外国人登録番号が云々とかなければ、すぐに発行されたんですねー。

いろいろと面倒なことはありましたが、よしの国際免許証、無事発行されてよかったです!

 

じゃなかったら、日本での運転はこの私に100パー委ねられることになったのだから…。

サンキューコリア、カムサハムニダ…。

 

最後はイケメンとおばちゃん担当者に丁重にお礼を言い帰りました!

 

ということで、他に誰が当てはまるんだという誰得情報でしたーーーーー!

 

 

マレーシアにロングステイするならMM2H