韓国

【お土産に】韓国の人気インスタント・スティックコーヒー事情【安全性?】

こんにちは!たびなすびのちかです。

今でこそ、韓国はカフェ天国になってますけど、十数年前はブラックコーヒーなんて皆無!

どうしても飲みたい時は、麦茶のようなうっすいコーヒーをロッテホテルで1万ウォン(約千円)出して飲んでました。

 

若い子ならともかく、私より年上のアジュンマ(韓国オババ=私の友達)が、

「韓国人は食後のコーヒーが欠かせないの!おほほほほ…」

なんて、ブラックコーヒーを飲みながら新入り外国人の前で豪語してたりするとね、

 

バラしたろか?

 

って思っちゃう…。

「君が飲んでたのはタバンコーヒーだろう!!」

と…。

説明しよう!

タバンコーヒーとは、その昔、コーヒーといえばこれしかなかった、韓国でおなじみのインスタントコーヒーのことである!

今のように洗練されておらず、粉ミルクと砂糖そしてインスタントコーヒーを混ぜ合わせた代物。(大体激甘)

タバン=茶房、いわゆる昭和喫茶店。

なんと配達システムもあり、配達員はなぜか保守的だった時代の韓国で超ミニスカートの妙齢以上女性。

お・と・なの飲み物だったのである!

 

韓国の人気インスタント・スティックコーヒー事情

今ではカフェ飽和状態の韓国で、オシャレなインテリアに囲まれながら、最先端のコーヒーもカンタンに味わえますが、

実はインスタントコーヒーもなかなか根強い人気があります。

だって、

 

タバンコーヒーの歴史があるからね!

 

タバン(茶房)=昭和喫茶店は絶滅の危機にありますが、安心してください…。

家庭で気軽に楽しめますよ!

韓国のスーパーやコンビニに行けば、スティックコーヒー(コーヒーミックス)が売られていますからねー。

 

それでは根強い人気を誇るスティックコーヒーをいくつかご紹介。

 

マキシムコーヒー(maxim)

 

韓国のスティックコーヒーといえばこれ!

マキシム!

 

おいしいっていうかね、王道?

スティックコーヒーといえば、韓国人の脳裏に浮かぶだろう絵はこれ。

待合室とか、食堂のコーヒーで出されるのは大体マキシム。

 

フレンチカフェ

 

甘さ控えめなので、マキシムよりこだわりがある風。

私の印象は、キム・テヒ(写真の女優さん)だね!

キム・テヒは韓国芸能界でも絶世の美女なので、ブランド力もかなりついたかと。

 

カヌ(kanu)

 

スティックコーヒー=二流、の概念を覆したのが、このカヌ。

スタバのスティックコーヒーのように、ドリップコーヒーに味を近づけて、より本格的な味に近づけた、ネオスティックコーヒー!

確かに苦味もあるし、そもそも粉ミルクが入ってないものが主流。

スティックコーヒーといえば、砂糖とミルク入だったから、すごい変化。

 

私も自分の事務室に買っておいておいたんだけど、お客さんにカヌを出すと、

「お!ちかさん、わかってらっしゃる!」

とお褒めの言葉をいただくことあり…。(インスタントだけども!)

 

ルカズナイン(Lookas9)

 

バニララテとかカプチーノなど、フレーバー系が得意なブランド。

お湯を入れるとミルクが泡立つ!

たまにもらって飲んだりすると嬉しいかな。

 

スティックコーヒーの安全性を危惧する声もありますが

「スティックコーヒーって…、あんまり身体によくないって聞いたんですけど…」

と心配する声もありますが、

 

そりゃそうですよ!

 

だって、あなた。

砂糖たっぷりにスキムミルク入ってるんですよ。

 

しかもね、あなた。

もし材料にこだわってたとしてもよ、

韓国じゃ、

お湯入れたら、

 

スティック袋で粉を混ぜるんだからねっ!

スプーン?なにそれ…

 

エコとも言う(言わない)

 

なんかねー、

私、昔激務でさ。

疲労困憊して、事あるごとにタバンコーヒーの自販機の前でコーヒー飲んでたわけ。

そしたら、教え子に、

 

「先生、それ毎日3杯飲み続けたら、死にますよ。」

 

って言われたっけ…。

で、

 

2杯に減らした。

 

こういうものはスナック菓子と同じですから、そういう気持ちで飲んでください。

3杯はキケン!

 

 

 

どうする?海外旅行中の保険