香港

【MTR油麻地駅すぐ横】香港の雑居ビルホテルに泊まって、バックパッカー時代を思い出す【窓なし4畳半】

Ukkei_Inn_香港_ホテル

こんにちは!たびなすびのちかです。

ASKAのコンサートを見に香港に来ました。

先月1ヶ月、日本への一時帰国で散財しちゃったので、

 

ホテル代節約した!

 

そしたら、

 

窓なし4畳半だった!

 

というお話です…。

 

泊まったホテルは『屋企旅舎 Ukkei Inn』

↓泊まったのはここ『屋企旅舎 Ukkei Inn』

今グーグルマップで見てびっくりしたけど、3つ星ホテルなのか!!

 

いや、だけど…、

実際に窓なかったし、4畳半だったし、バックパッカー時代を思い出すような雰囲気でした。

 

ただ!

「だから全然良くなかったんですよー」

とは言えない。

 

泊まってみると、

「なるほど、悪くない」

とも思える不思議な宿…。

『屋企旅舎 Ukkei Inn』のよくないところ

まずはね、短所から話そうと思う。

なぜなら、チェックインした瞬間は「えっ…」ってなるから。

 

狭い

Ukkei inn|香港

さすが香港。

 

東京も狭いですけどね、それを凌駕する狭さでしょう。

いくら東京でも、この狭さで3つ星ホテルはないわー。

しかも、深夜特急に出てくるような雑居ビル内だからね。

 

シングルベッドが二つのツインルームだけど、二段ベッドを解体したような大きさです。

但し、寝心地は悪くなかった。マットレスは○。

居室は4畳半といったところですねー。

 

Ukkei_inn|香港

この狭さで、なんとバスルームはあります。

が、トイレの壁にシャワーを付けたサイズなので、いろいろ工夫しないと快適ではないですね。

じゃないと、いろんなものが濡れる。

あと、世界にこんな小さい洗面台あるの!?って思ったし。

 

窓がない

イメージとしては、細長い部屋を区切って部屋を作ってるので、一部屋以外は全て窓なしです。

箱だよね。

東南アジアではあるあるなんだけど、もちろん嬉しくはないですねー。

2泊しましたが、アラームをセットしないと真っ暗で自然に起きるのは不可能。

日中、昼寝以外で部屋に長時間いるのは精神的に無理だな。

 

いろんな音が聞こえる

大都会香港ですからね!

しかも雑居ビル(古いアパート?)にこの狭さで人が生活してるので、カタカタワサワサ…四六時中なんかの音がします。

まあでもそれは、この宿に限らずかも知れないけど。

 

電波が悪い

ビルの中の中で、どんだけ壁に囲まれてるのかわからない部屋だったので、プリペイドSIMの4Gが入らない…。

Wi-Fiも激遅。

まあ、部屋にあんまりいなかったしいいんだけど、建物の構造の問題かな?

LINEとかWhatsappくらいは問題なく受信送信できました。

 

『屋企旅舎 Ukkei Inn』のよかったところ

前章では不快なところをつらつら書きましたけど、

第一印象の「狭っ!暗っ!」インパクトを乗り越えると、長所も見えてきたのである…。

 

駅近!MTR「油麻地駅」の真横!

駅が近いなんてもんじゃない、駅の真横。

出口で首をひねれば目の前に見える。

30歩くらい?

中心部の駅だから周辺になんでもあるし、香港中どこにいてもMTRに乗っちゃえば安全に快適に帰れます。

 

ゲストハウスとは比べ物にならないほど備品が揃っている

見た目がザ・ゲストハウスなので、期待値が低かったのか?

実はいろいろ頑張ってるのね、って思った。

  • シャンプー、ボディーソープ
  • 歯ブラシ
  • 部屋用スリッパ
  • ドライヤー
  • ケトル
  • 壁掛けテレビ
  • リモコン付きエアコン
  • 毎日の清掃とタオルチェンジ

 

ほら!

ホテルだ!

タオル交換してもらえるか聞いたら、「クリーニング入るよ〜」って言われたときはびっくりしたわ。

 

安い

一番重要!

香港のホテルは高いんですよ〜。

しかも泊まったのは週末。

それがなんと、

 

一泊6千円台(一部屋料金)!!

 

二泊でもASKAのコンサートチケット一枚より安いっていう。

部屋でシャワー浴びれて、コンサート会場までも徒歩で行けて、駅もバス停も目の前でこの値段。

正直思った、

 

2泊くらいなら4畳半窓なしでもいいと。

 

結果的に立地が最高だった今回の香港ホテル宿泊

今回の香港訪問はASKAのコンサート目的で、会場がMacPherson Stadium。

ホテルから歩いて15分!

デモの影響でMTRも混雑してたので、利用しなくてもよかったのは助かりました。

帰りも11時近かったので、ゆっくり余韻に浸りながら徒歩で帰るのは最高だったし!


▲ 香港街歩き動画 ▲

まあでも、昼にちょこっと帰ると部屋の中が穴蔵のようだったので、2泊が限界かなと思います。

香港は街全体がいつも人でいっぱいなので、レストランでもカフェでもホッとするのは難しい…。

ホテルだけでもゆったりとしたい、とも思うので、本当に寝るだけなら利便性とコスパは最高。

 

これで6千円なんだから、広くて素敵なホテルは一体いくらになるんだろう…と戦々恐々としますけどね!

 

以上、香港節約型ホテルの滞在レポートでした!

 

『屋企旅舎 Ukkei Inn』の料金を確認してみる

 

 

マレーシアでMM2H(10年ロングステイビザ)をとってみた