たびなすび日記

「ガソリンはもう満タンなんだ」というジェスチャー

9月1日。

ネジが緩んでいたのか、よく言えば、年季の入った黄色いカード読み取り機が豪快に外れていました。

レーンの少ないガソリンスタンドでしたし、隣に車を移動させるのも面倒だったので、そのままカードを挿入してみたところ、特に問題なく、支払いはでき、ガソリンもいれられたんですが、レシートはやっぱり出てきませんでした。

一応、ガソリンスタンドのコンビニレジに座っている店員さんに

「2番のカード読み取り機外れてたよ〜。でも、使えたから大丈夫」と伝えて、車に戻ろうとしたところ、すぐに別の店員さんが小走りで僕の後ろを追い、そして、追い越し、さっとネジを締め、優し眼差しで一言、

「OK, boss」と。

インドやバングラデッシュで「YES」を意味する首を横にふる動きと共に、親指を立て、その場から離れずに、じっと、僕のことをみていたので、きっと、彼は、僕がまだガソリンをいれられていないと思っていたのでしょう。

だから、ネジを締める様子を観察していた僕に、「もう使えるから、ガソリンいれな〜」と伝え、ちゃんと使えるかどうかを見守ろうとしていたのかもしれません。

英語は通じなかったので、僕も首を振りながら、「ガソリンはさっき入れて、もう満タンだよ」をジェスチャーで表現し、車に乗って去ろうとしたら、「何でいれていかないの、直ってるのに」といった感じの不思議そうな顔をしていましたね。

伝わっていなかったみたいです。

「もうガソリン入れたから大丈夫だよ」を非言語行動でどう表現したらいいですかね!?

 

この記事を書いた人
YOSHI
17歳のときに「深夜特急(沢木耕太郎)」と「青年は荒野をめざす(五木寛之)」に出あってから、これまでの人生、迷うことなく突っ走っています。