たびなすび日記

フードデリバリー会社から電話が2回。

8月某日。

ふとスマホに目をやると、未登録の電話番号からの着信履歴が1件。

フードデリバリーアプリでカレーを注文してはいたんですが、決済を終えて、1〜2分しか経っていなかったので、デリバリーの配達員が到着するにはあまりにもはやすぎますし、あとは、最近、クレジットカード関連の詐欺電話も多いので、かけ直すことはせずに放置しておきました。

すると、また同じ電話番号からの着信。

出てみました。

「ハ〜イ。Mr.YOSHI〜。フードデリバリー【Delivereat】のサポートセンターからかけてるよー。あのさー、さっき、カレー屋でロティ注文したっしょ?お店から『ロティはないけど、ナンならある』って連絡きたんだけど、変更してもいいかな?」

「あ、あぁ〜、ロティがないからナンに?いいよー全然!ナンのが作るの大変そうなのにねー。ナンにしちゃって〜。」

「OKOK。じゃ、お店にもそう伝えとくね〜。Enjoy your meal〜」

ナンは発酵させて、ふっくら焼き上がるので、発酵させないロティよりも手間がかかると思うんですが、お店側がそういうので、ナンに変えてもらいました。

数分後・・・

「ヘーイ〜Mr.YOSHI〜。またまた、Delivereatだよー。何度もごめんねー。今度はさ、注文してもらってたパイナップルチャーハンがないんだってさー!チャーハン系はほかにもいろいろあるみたいだから、別の好きなもの選んでくれってさ。いまから、お店の人と直接繋ぐから、話してみてー」

「オッケ〜。」

「ハローボス。こちらカレー屋。パイナップルチャーハンできないんだけど、なんか別のチャーハンに変えてもらってもいい?」

「うん、いいよー、ベジタブルチャーハンでお願い!」

「ハ〜イ、YOSHI〜。これで全て解決。じゃ、届くの待っててね〜。Enjoy Your meal〜!」

おいしくいただきましたよ!

ちょっと頼みすぎちゃいましたけどね。

好きなインドカレーありますか?

この記事を書いた人
YOSHI
17歳のときに「深夜特急(沢木耕太郎)」と「青年は荒野をめざす(五木寛之)」に出あってから、これまでの人生、迷うことなく突っ走っています。