たびなすび日記

マラッカ海峡に沈む夕日とイーサン・ホーク

Batu Feringghi Beach8月某日。

この日は夕暮れ時のペナンの空がとてもきれいでした。

上の画像は過去に撮影したものなんですけど、この場所はペナン島でマラッカ海峡に沈む夕日を写真に収めたいときに外せないスポットです。

バトゥフェリンギというビーチにあるスタバの近くです。

普段は、一服しにくるバイク乗りのおじさんや、撮影目的でブルーアワーを待機しているカメラマン、パラセイリングのボートを片付けるビーチボーイがいたりするんですけど、今はロックダウンですからね、きっと、ビーチも静かなんでしょうね。

寂しいです。

寂しいですけど、でも、前回、ここを訪れたときは、「素敵なワンシーンをありがとう」って思わず呟いてしまうような光景を目にしたんです。

夕日が沈むのを車の中で待っていた僕のすぐ横に、もう一台、車が止まっていました。

MazdaのCX5。

ちょっと覗くと、少しだけ倒された運転席と助手席にはカップルが乗っていました。

何やら、手に光るものを持って。

何だと思います?

夕日に照らされたその欧米人カップル、ワイングラスで、お洒落にコーラを飲んでいたんですよ。

イメージしてみてください。映画「Before sunset」のポスター。まさにあんな感じ。

運転席に座って、ワイングラスを手にしている男性はイーサン・ホークにしか見えませんでした。言っちゃいますよね、「素敵なワンシーンをありがとう」って。

ロックダウン中で外食ができないということもあり、みなさんいろんな方法で日常を楽しんでいるみたいで、いいですね。

8月某日、この日のペナンも心洗われるような素晴らしい夕暮れでした。

コロナ禍に、何か新しい遊び、発見しましたか?

この記事を書いた人
YOSHI
17歳のときに「深夜特急(沢木耕太郎)」と「青年は荒野をめざす(五木寛之)」に出あってから、これまでの人生、迷うことなく突っ走っています。