【ペナンカフェ】ケーキに埋もれたければここ!『CHINA HOUSE』のティラミスは顔サイズ!

   

こんにちは!たびなすびのちかです。

ペナン島は、2008年に中心部のジョージタウンが世界遺産に登録されて以来、知名度が抜群に上がり、国内はもちろん、近隣のアジア諸国や中東、欧米からもたくさんの観光客が訪れます。

夫が1999年に初めてペナンを訪れたときにはエアコンの効く店はマクドナルドしかなく、高いビルも皆無の田舎町だったとか。

十数年でものすごい発展を遂げたんだって!

ジョージタウンにはカフェが星の数ほど!

中華とイギリスの文化が融合した建築物が立ち並び、情緒あふれる雰囲気が世界遺産となったジョージタウン。

街中はそれを上手くリノベーションした超かわいいカフェだらけ!

これまで何軒かペナンのおすすめカフェを紹介していますが、記事を書いた数日後にはまた良さ気なカフェを新たに発見!!

 

レポートが全く追いつきません。

 

やみくもに入ってもまずハズレのカフェはないので、前情報無しでふらっと訪れるのもいいと思います!

私達もカフェは大好きなのですが多すぎて迷うので、用途に応じて使い分けています。

・パソコンを長時間使いたい時

・美味しいブランチが食べたい時

・デザートを食べながらおしゃべりしたい時

・避暑にちょっと立ち寄りたい時

・がっつりランチをしたい時

・お酒も飲みたい人がいる時

これ、用途が違うカフェに行っちゃうと「あれ、どこがおすすめカフェ?」となる可能性があるので注意です!

『CHINA HOUSE』はペナンで一番長ーーーい!

「ペナンで一番長ーーーいカフェがここ!」

 

ローカルのお友達におすすめされたカフェが、

『CHINA HOUSE』

公式サイト

ジョージタウンをやみくもに観光しても一度は通り過ぎているくらい賑わっている場所にあります。

入り口はドアと窓2枚くらいの「狭そ…」と思う感じなんですが、中に入ってびっくり!

 

奥行き120メートル!

ボルトでも9秒はかかる長さ…。

 

入ってから一応奥まで行って折り返しましたが、4部屋くらいに区切られてて(ドアは開いてるけど)、それぞれ違ったインテリアに変わって面白かった!

でも二人で行くと第一の部屋(入り口から近いとこ)に座って、って言われるから奥で食べたい時は3人以上で行くと良いかもね!

バイキングと間違えそうなケーキ群

chinahouse

Photography by yOsHi

ローカル友にティラミスは注文必須と言われたので探そうと思ったんだけど、

 

どれかわからない。

ティラミス…どこ…。

 

なぜなのか。

それは、

 

ケーキが40種類くらい並んでるから!!

 

大げさなー、と思ったでしょ!ホントだから!

 

まず冷やさなきゃいけないクリームたっぷり系はガラスケースに約10種。

そして、その隣の長テーブルが二段になってて、上段にズラッと20種類、下にはそれより更に多く…。

其の向かい側にも数種類のケーキがあって… あれ、てことは40種類越えてるわ!!

 

この写真を家族に送ったら、

 

「ケーキバイキング行ったの?」

 

って言われたくらい!

ビビって一種類しか頼めなかった

注文を取りに来てくれたのですが、ケーキが把握できないので見ながら注文することに。

「2つでいいよね!」

と張り切ってスイーツ男子夫が勢い良く席を立っていった…

 

ケーキ群を行ったり来たりする夫をジッと眺める…。

 

1分ほどで夫が席に戻ってきましたが、

「ティラミスだけ頼んだ…」

とぽつり。

 

「え、なんで!?いつも2種類以上は必須で頼むのに。」

「まあ見ててよ…」

 

とそこへ、ケーキが運ばれてきたんだけど、

 

箱かよ!

と思うほどデカイ!

tiramisu

Photography by yOsHi

安室奈美恵の顔よりは確実にデカイと思う…(見たことないけど)

で、ティラミスなんだけど、珍しいことにホールケーキみたいに作っているそうで、一ピースが三角形に切られています。

とすると、どんだけの高さなのこのティラミスのホールはさ…。

 

夫「ね、ほぼこのサイズなのケーキが。」

私「これはランチをさっき食べたウチラは2種類食べられないね…」

夫「初めてだよこんな体験…」

大きいから大味かと思いきや!

思い込みなんですけど、大きい食べ物ってそんなに美味しくないんじゃないかなーという先入観がありましてね。

このケーキも

「あれでしょ、インスタ映えするからやたら大きくしちゃってるんじゃないの…」

とあまり期待せずにパクリと一口。

 

うまあああああ!!

 

スポンジしっとりクリーム濃厚。

あれ…なんだっけこの味。

 

夫「IN アルコールティラミスだよ」

 

酒か!

お酒が染み込んだ美味しさだ。

味に深みが出て、クリームにも飽きず新しいティラミスの感じ!

 

私「まさかなー、こんなに大きなケーキから繊細な味を楽しむとは思わなかったなー。」

夫「ここのケーキは日本では売られてない感じのものばっかりだね」

私「うん。アメリカンっていうか、欧米な感じ。」

 

日本のケーキ屋さんで売られているような繊細な飾り付けとかは全くなく、ケーキの概念が覆されます。

 

スポンジバーン!

クリームドン!

フルーツ?ドライか中に一応混ざってるバナナくらいかな。

 

こんな感じ。

でも日持ちしそうだし、満足感は半端ないし、こんなケーキもいいですね。

 

甘いものに目がない方には絶対にMUSTのカフェ。

パソコン広げながら長居、という感じではないので、ノマドには向きません(WIFIとかはあるけどね)。

 

ケーキ制覇するのは何年かかるんだろう…。

通わせる気だな…カフェの戦略か…。

 

【ペナンカフェレポート!】

■ノマド向き

【ペナンカフェ】おしゃれな店内はノマド向け!ボリューム満点ランチはコスパ最高

【ペナンカフェ】ランチ絶品!WIFI途切れない!体育館並の広さでのんびり作業

■スイーツ

ペナンの有名エッグタルト屋さん『名香泰』の脇役メニューが超おいしい!

■ブランチ

【ペナンでブランチ】最強『エッグ・ベネディクト』を堪能!夕方までお腹いっぱい

■パン買い出し

【ペナンのパン屋】『新世界』は密度が濃くて柔らかい系!味がしっかりしてておいしい!

【ペナンのパン屋】ここは日本!?ストレイツキー『Four Season Bakery』がやみつきに!

 

目次で他の旅記事を探してみる!

 

『週刊たびなすび』

↓一週間分の更新情報+αをお届け!

 - アジア, マレーシア, 妻:ちか