韓国人女性が色白で肌がきめ細かいのはアレがないから!?

      2017/05/10

こんにちは!たびなすびのちかです。

皆さんは一度でも韓国ドラマなどを見たことがあるでしょうか?

好き嫌いはともかく、出演している女優さんの肌が「綺麗だな、色白だな」と思ったことはないでしょうか?

韓国ドラマは誰が母で誰が娘かわからない

韓国に住んでいると、威勢のいい方々が日々お腹から声を張り上げ、何かしらのアクションを起こしている場面に遭遇します。

そのため、わざわざジェットコースターのような韓国ドラマにチャンネルを合わせることはあまりないのですが、チャンネルサーフィンの最中、ドラマのワンシーンに出くわし度肝を抜かれることがあります。

 

先日、偶然チャンネルを合わせたドラマ。

若い女性二人がショッピング中にトラブルに遭い、一人が興奮しながら大声で文句を言っています。

しかし、あまりに興奮しその場に倒れてしまったのです。(韓国では怒りのあまり気を失うことはよくある。)

 

一緒にいた友だちは驚き、彼女を起こそうと呼びかけました!

 

「オンマ!(お母さん!)」

 

えええええ!!!

その後も騒ぐ、喚くの大騒ぎとなりましたが、私の頭の中にはストーリーが一向に入ってきません。

だって、友達が突然お母さんになっちゃったのですから。

韓国人女性は学生時代にスポーツをしない

ドラマの場合は女優さんですから、人にはいえないあれやこれや色々してるでしょう。

しかし、私の周りの一般韓国人女性をみても、日焼けしている人は真夏でもほぼいません

それどころか、子供やティーンエイジャーでも真っ白です。

なぜなら、彼女たちは、

 

全く運動をしないのです。

 

韓国の学校では勉学が何よりも優先されます。

体育を全く推奨しておらず、高校に至っては体育時間はほぼ自習勉強時間にあてられます。

部活に至っては、存在すらありません。

デスクで勉強至上主義の韓国では、金持ちのゴルフ以外のスポーツはプロを目指すもの以外には不必要なもの、という認識をされています。

成人した韓国人女性はほぼ日に当たったことがないということです。

中学時代から理不尽な部活をさせられてきた日本人女性とは紫外線の蓄積量が違うわけですね。

紫外線を気にしすぎると、旅行が楽しくない

マレーシアのランカウイ島、太陽がサンサンと降り注ぐ南国リゾートに行ったときのこと。

私たち夫婦はビーチに寝っころがり、「ぐでたまとドアラはどっちがかわいいか」といったような生産性のない話をしながらゴロゴロしていました。

隣のドイツ人などは、ほぼ布のないビキニで同じくビキニ姿のイケメンとイチャイチャしています。

 

そこに登場したのが目を除く顔面を全て覆い隠しサングラスとツバが30センチはあろうかというサンバイザーをかぶった集団が!

 

↓年齢高めのこういう人達


ヤー、ヨギ、ケンチャナー!!(ねえ、ここいいよー!)」

 

きゃー、ジェットコースターきたー!

彼女達は足首ほどまで海に入り、サッと顔面装具を剥ぎ取るとモデルばりのポーズをとりながら写真をパシャパシャとり、また魔法のようにサッと装具を身につけ、お腹から声を出し笑いながら車に乗り込み帰っていきました。

 

たった数分の嵐のような出来事…。

あっけにとられる私達とドイツ人カップル。

ドイツ人男性の右手が彼女のお尻で止まったまま動かないほどに…。

 

そう、紫外線をものともしないためには、瞬発力が必要不可欠。

ダラダラ生活の私にはちょっと無理なようです。

 

こうして私と夫は黒光りしていくのであった…。

 


 

まあでも彼女たち、普段からとにかく保湿もしっかりしています。
大陸性気候のため、日本より断然乾燥しているからでしょう。

年配の方に人気なのは、韓方の匂いプンプンの『雪花秀(ソルファス)』
ドロドロとしたとろみがある基礎化粧品ですが、50代以上の韓国人女性には絶大な人気があります。
なんとオマケの試供品まで高値で売れてしまうほど!

私も誕生日などによく貰いましたが、朝つけると夜まで全く化粧品の膜が剥がれない(守ってくれてると言うべきか)ので、特に冬には重宝しました。

ただ高くて一式はなかなか手が出ない!オンニ(お姉ちゃん)のお下がりを待つっ!

若い子はそんな高級品には手が出ないので、プチプラをもっぱら使用していますが、最近人気があるのが『水光肌(ムルグァンピプ)』
韓国女優さんで肌がテカテカしてるポスターとか、見たことはありませんか?

何も知らないと、「あれ?お風呂上がり、タオルで拭いてないの?」とつっこみたくなりますが、そうではないっ!
あえて、みずみずしすぎる肌を演出しているのです。

日本では、化粧品を塗ってテカっているとパウダーで抑えたりしますが、韓国ではご法度!乾燥したドライスキンに見られてしまいます。
ツヤってなきゃだめ…。

『水光肌(ムルグァンピプ)』を作ってくれるお手軽な水分クリームは、若い子の間では必需品なのだ!
そして雪花秀を変えないアラフォーの私もこっちなのね。

最近では、せっかちな韓国人のために

水光注射

なるものまであるって!

40になったらやりたい(すぐだ)!興味あり!

 

【美容と健康に命をかける韓国人!シリーズ】

韓国の温泉で日本人が身体を凝視される理由とは!?

韓国伝統茶の効能は無限大!?エキスが出れば何でもお茶になる美容の味方なのだ!

高麗人参茶は本当に効果があるのか、祖父で検証するよ!御年89歳!

 

【韓国でカルチャーショック!シリーズ】

韓国人の待ち受けは自撮りのキメ顔!なぜこんなに自分が大好きなのか

韓国男子は筋トレマニア!?取り戻したい軍隊時代の輝かしい肉体美

韓国で風邪を引いたらとりあえず注射!でも腕じゃないよ、アソコだよ!

 

⇒ 目次で他の記事を探してみる!

『週刊たびなすび』

↓一週間分の更新情報+αをお届け!

 - アジア, 妻:ちか, 韓国