インドで寝台列車のキャンセル待ちは地獄!永遠に番号は呼ばれない

      2016/04/22

こんにちは!たびなすびの千佳です。

インドの歴史は古く、見応えのある歴史的建造物がインド全土にあります。できれば一度の訪問でできるだけたくさんの観光地を訪れたいですよね。

しかし、インドの国土は日本の約9倍。空の便で直接行けないところや本数の少なさ、更にはインドに多い節約旅行者の懐具合により、長距離の移動に鉄道の利用頻度が高くなります。

インドの鉄道で思い浮かべるのはテレビなどでよく見る「屋根まで人が乗る」とか、「走行中の列車に飛び乗る」といったワイルドなものですが、キチンと予約すればワイルドとは無縁の快適寝台体験ができるのです。

Photography by YOSHI

Photography by YOSHI

 

詳細に等級が分かれているインドの鉄道

インドの鉄道は詳細に等級が分かれており、自分の懐具合に合わせてチョイスできます。

外国人のみならず、当然インド人も自分の生活レベルに合わせて等級を選ぶので、等級の高い車両に乗ればセレブインド人に囲まれるし、節約車両に乗ればワイルドインド人に囲まれるわけです。

Photography by YOSHI

Photography by YOSHI

寝台列車の等級は一般的に下記のように分かれています。

【エアコン付き一等(1A)】
2〜4名コンパートメント。あまり見かけないし知らないおっさんと同じ部屋になるくらいなら開放的な二等でいいと思う。

【エアコン付き二等(2A)】
2段ベッド、超快適。おすすめ。同車両のインド人は確実に自分よりお金持ち。

【エアコン付き三等(3A)】
3段ベッド、多少狭いが快適。二等より庶民的なインド人が乗っているが、英語も話せるインテリが主。

【エアコン無し寝台(SL)】
スリ、置き引きが発生する可能性あり。自分のベッドの知らないおばさんが寝る事例は頻繁に発生。ワイルド度50%

【エアコン無し二等(2nd)】※予約不要!
日本の戦後引揚げ体験ができる。板張りの席に店員の三倍ほどの人が座る、床も座席の一部とみなされる。一度席を立ったら二度とその席に座れる日は来ないであろう。ワイルド度120%

 

自らの精神状態と体力とご相談の上選択してください。

桁が違う、インドの鉄道利用者

Photography by YOSHI

Photography by YOSHI

じゃあ、2Aをインド版みどりの窓口で予約して快適旅行でインドの移動も楽勝ね!と思ったそこの過去の私、ちょっと待った!

ではなぜ情報が氾濫する現代で、こんなにもインドの移動大変ふざけんな話が横行しているのでしょうか。

2Aの寝台列車に乗れば快適なんです。3Aでもなかなか寝心地よく目的地に到着できます。なぜなのか…

それは、

 

エアコン車両はとにかく現地では予約が取れないからです。

インドでは年間70億人もの人が鉄道を利用するんですってよ!(ウィキによると)

 

そう、席がない。翌日の長距離移動の寝台列車などはまず予約はとれません。

日程を変更し、SLに乗るか、気力で2ndに乗るか…

そしてあなたは、20時間にも及ぶインドワイルド体験後、恨みつらみをSNSに書き連ねることになるのです。

こうして引き継がれるインドふざけんなネバーエンディングストーリー

サイトからなら日本からでも予約可能

でも、対策があります!

インドに旅立つ前にインド鉄道のサイト(http://www.cleartrip.com)で予約してしまえばいいのです。

日程が変更できないというデメリットはありますが、ワイルドインド体験よりはマシでしょう。(英語なのとページの切り替わりが遅すぎるのでイライラは10回位マックスになりますが、耐えてください)

私達も1ヶ月のインド旅行に旅立つさらに1ヶ月前に鉄道の予約だけは済ませていき、ほとんど2A車両で移動することができました。

始発から乗れば快適さ倍増

実際に乗車してみて、これだけは断言できます。

始発で長距離列車に乗るのが一番快適だ!と。

 

まず第一に、始発だから絶対に遅れない。

インドの列車は1時間単位で遅れることはもちろん、たまに1日単位で遅れるというインダス文明の歴史の深さでは片付けられない時間の歪みをもたらします。

しかし、始発で乗れば自分たちは時刻通りに乗車でき、万一遅れてもベッドでゴロゴロしていればいいわけですからね。

 

さらに重要なのが、トイレが綺麗

当たり前ですが、トイレというものは使用する頻度が高ければ高いほど汚れるのが宿命というものですね。

出発したばかりのトイレはインドのものと言えど異物もなく綺麗です。さっさと用を済ませ寝てしまえば余計なものを見る回数が減らせます。

予約の補欠合格は駅で確認

Photography by YOSHI

Photography by YOSHI

しかし、どんなに早めにチケットを取ろうとしても予約が取れないこともあります。

私達もジャイプール⇒ジョードプル間の寝台列車の予約が取れず、キャンセル待ちとなっていました。

キャンセル待ちは補欠合格のように順番がつけられ、時間が近づくに連れてどんどん繰り上がり当選する仕組みです。

予約さえできていれば時間までに駅に行き乗車するだけですが、キャンセル待ちとなるとそうも行きません。

私達が訪れたのは2012年の冬でしたが、当時キャンセル待ちはネットなどでは確認できず、駅の掲示板を張り出された紙を見て自分の状況を確認するしかありませんでした。

 

深夜12時の列車のキャンセル待ちをしていた私達、当日の朝に貼りだされる紙を見に行くと、順番は8番9番。つまりあと9人キャンセルすれば乗れるわけです。

一時間ごとに更新される紙。結果を確認したくなかなか駅を離れられませんが、なんせインドの駅は床じゅうに電車待ちの人が寝ているという状態で、足の踏み場もありません。

しかたなく15キロのバックパックを背負ったまま、あっちへフラフラこっちへフラフラしながら時間を潰していました。

 

昼になると順位は4番5番に。

これはいける!

 

夕方また見に行くとまだ同じ順位。

この時点で相当疲れていました。インド人に習い駅の床に寝れば楽なのでしょうが心のハードルが高すぎる…

それでも順番が繰り上がるのを信じて待ちます。

 

よる9時、順位は2番3番に!

よしいける!

ヘトヘトですが、最後の力を振り絞り、乗れるとふんでホームで3時間待ちます。

 

そして12時の最終発表は…

 

2番3番変わらず!!!…

 

こうして朝から16時間に及ぶインドとの戦いは敗北という形で幕を閉じました。

 

結局旅立つことのできなかった私たちは、一歩も歩きたくない気持ちを振り絞り駅前の薄汚いホテルにしぶしぶチェックイン。

その夜ふたりとも謎の高熱にうなされ、結局4泊もする羽目になったのでした…

 

ふざけんなーインドー

筆文字オンライン

**************

今までの筆文字をまとめました

『たびなすび』ショップ

**************

スマホアドセンス




 - アジア, インド, 妻:ちか