在住者がおすすめ!旅行中に便利なマレーシアのSIMカードとアプリの使い方まとめ!

      2018/06/09

こんにちは。たびなすびのよしです。今月は友人知人が日本や韓国、台湾から5組ほど遊びにきてくれるのですが、よく聞かれる質問の第一位がおそらく「どのSIMがいいかな?」です。毎回、回答していたら情報もある程度まとまってきたので、こちらでもシェアしようと思います。

この記事では数あるSIMの中でも特におススメのHotlink(Maxis)の紹介となります。

最初に細々とした説明<黄色>があるので、Hotlinkのデータプランの詳細やアプリの利用方法を知りたい方はこちらにおすすみください。

※ 以下<黄色い枠の中>は「海外旅行先でも自分のスマートフォンを使いたい。でも、その方法がよくわからない」という方向けになっています。

海外でも日本にいるときと同じように、ストレスなくスマートフォンを使いたい!

海外のデータプランは日本よりもずっと低価格で旅行者にとっても、在住者にとっても、使い勝手のよいものになっています。どのぐらい安いかと言いますと、マレーシアの場合、例えば、600円で1GB使えるものや、1300円で5GB、1600円で8GB使えるといったプリペイドプラン<先払い>プランがあります。

海外で日本のスマホを利用する方法としては4つあるのですが、ここでは主にインターネット(GoogleやYahooでの検索やGoogleマップなどの地図、LINEやFacebook、Instagram、TwitterなどのSNS)を利用する方法についてお伝えしたいと思います。

1)国際ローミング<海外パケ放題プランなど>を利用する

料金を全く気にしない方向け。海外にスマホを持ち込んでも、事業社提携により国内同様のサービス(電話・ネット等)を受けられます。例えば、日本のソフトバンクとマレーシアのCelcomやMaximという会社は提携しているので、日本からマレーシアに入国すると、自動的にCelcomやMaxisに繋がり、電話やインターネットが利用できます。しかし、国内と同じ感覚で使っていると、帰国後、高額請求が待っています・・・。それを避けるための料金プラン(パケットし放題、海外パケ放題、世界定額など)もいろいろあるようですが、それでも、24時間で1000円〜3000円と十分高いのではないかと思います。

2)SIMカードを入れ替えて利用する

tabinasubi.com

なるべく安くかつストレスなくインターネットを利用したい方向け。画像にあるのはiPhoneから取り出した2つのSIMカードですが、ご覧の通り、SIMカードには大抵キャリア(通信会社)名が印字されています。日本だったらdocomo・au・Softbankでしょうか。SIMカードを入れ替えて利用するというのは、すなわち、日本のSIMカードを抜いて、海外の通信会社のSIMカードを入れ、現地の料金プランに合わせて、インターネットを利用するということです。

ただ、日本の通信会社で購入したスマホの多くは、端末からSIMカードを抜いて、別の通信会社のSIMカードに入れ替えたときに利用できないよう、ロックがかかっています。「SIMロック」と言われていますね。ですから、ソフトバンクで購入・契約し、その端末にロックが施されている場合、ソフトバンク以外の通信会社のSIMカードを入れても、使えません。

では、どうすればよいのか。「SIMロック」を解除し、スマホ端末を「SIMフリー」の状態にすれば大丈夫です。海外で購入するスマホ端末はほとんど「SIMフリー」です。国が陸続きだったりする場合は、国を移動しながら同じ端末を使いたいですから、SIMロックの端末なんて持っていたら不便極まりないですよね。まだガラケー時代だった頃、ヨーロッパの旅人がSIMを入れ替えながら電話を使っているのが不思議でした。

ひとつ、注意しなければならないのは、スマホからSIMカードを抜いている間は当該国の電話番号は一時的に利用できなくなります。既にスマートフォンにインストールされているアプリケーションは新しいSIMカードを入れたり、wifiを拾えば使えるのですが、旅行中に日本の電話番号に重要な電話が入るという方はSIMの入れ替えは注意したほうがいいかもしれませんね。LINEやFacebook Messenger、Skypeなどで音声通話をされるという場合はインターネットが繋がっていればできるので、日本の電話番号は必要ありません。

3)Wi-Fiを拾う

インターネットは使いたいが旅行中そこまでインターネットに接続しする必要もなく、またカードの入れ替えなど面倒臭い事はあまりしたくない方向け。旅行中、スマートフォンは機内モードにし、Wi-Fiを拾ってインターネットを使うという方法もあります。この場合も日本の電話番号に電話がかかってきた際に受け取ることができませんがインターネットには接続できるのでSNSなどのアプリケーションは利用可能です。ただ、マレーシアの観光地で拾える無料wifiはそこまで快適ではありません。

4)海外旅行用wifiルーターをレンタルする

Wi-Fiを拾うためにいちいちカフェに入るのも大変。もっと気軽に、そして、難しいことをせずにインターネットに接続したいという方向け。いろいろな会社のレンタルルーターがありますが、旅行前にオンラインで簡単に予約できるWi-HO!などよさそうですね。




在住者おすすめ旅行中に便利なマレーシア「Hotlink」のSIMカード

ここでは2番目にご紹介したSIMカードを入れ替えて、ストレスなくインターネットを使うという方法についてご紹介します。

では、本題に入ります。

マレーシアのSIMカード、数ある中でも特におススメのHotlink(Maxis)のSIMカードの詳細とそのアプリの使い方です。

マレーシアにはCelcom(Xpax)、Maxis(Hotlink)、Digi、U Mobileという大手携帯電話サービス会社があり、それぞれプリペイド(先払い)とポストペイド(後払い)の支払いプランがありますが、観光客だけでなく、在住者の僕たちも手軽で便利なプリペイドを利用しているので、ここではプリペイド<先払い>プランについて記述したいと思います。

これまでCelcom(Xpax)、Maxis(Hotlink)、Digiの3社のプリペイドサービスをマレーシアの各都市や島で利用してきましたが、そこまで大きな差はありませんでしたので、いまは街中でもよく見かけるMaxis社のプリペイドサービス「Hotlink」を使っています。

HotlinkのプリペイドSIMカードの種類ですが、まず、旅行者が利用するのに最適なプランを5つほどあげてみました。

日本のデータプラント比べると破格すぎて、びっくりしてしまいますが、こんなものです!モロッコなんて、入国審査終わったところで、1GB使えるSIMカードを旅行者に配っていました!旅行中にGoogle MapやSNSの音声通話などを使うと1GBは割りとすぐに使い切ってしまうので、後々、SIMにチャージしてもらい、旅行中に使い続けてもらうのが目的でしょう。

さて、表に5つのプランをまとめましたが、すべて電話番号付きのデータプランなので、どのプランでも電話を受け、もちろん、インターネットも利用可能です。ただ、20、40、45、55の4つのプランはデータ利用重視のプランなので、マレーシア国内で電話もときどき使いたいという場合は各プランの金額とは別に電話代としていくらかチャージしておく必要があります(後述)。

もし、SNSの音声通話ではなく、通常の「電話(電話番号から電話番号に発信する)」をたくさん利用される方は70リンギットのプランがおすすめです。

「インターネットに接続できて、音声通話はLINEやFacebookのMessenger、WhatsappやSkypeなどでできれば十分」という方には上4つのいずれかのプランがおススメです。

tabinasubi.com

 

SIMカードは空港、街中の販売店で購入できます。観光エリアやショッピングセンターに行けば必ず販売店がありますし、定額なので、どこで購入しても価格は変わりません。(でも、先日、ペナンの空港では旅行者のためのSIMとして、上記プランが提示されており、40、45、55、70リンギットのプランが、それぞれ、39、44、54、69リンギットで販売されていましたね。なぜか、1リンギット安かった。)

ズバリ!旅行中におすすめのプランはこれ!

旅行中にスマートフォンで何をするかにもよりますが、ストレスなく、インターネットが使いたいという方には5GB使える45リンギット(≒1250円)、または、8GB使える55リンギット(≒1530円)のプランをオススメしたいです。ちなみに家でもインターネットが使える僕たち夫婦は5GB45リンギットのプランを利用中です。もし、観光客として購入するなら、迷わず8GBを選択すると思います!

日本にいて、5GB、8GBも使わないという方も多いと思いますが、旅行中は普段よりもネットに接続する頻度が高まると思うので、ストレスなく使うためにも大容量のプランを選択するのがよいでしょう。それに、2GBプランと8GBプランの料金の差が300円程度なので、2GB(≒1200円)のプランで残量を気にしながら使うよりは、5GB(≒1250円)や8GB(≒1530円)のプランでストレスなく使ったほうが楽しく旅行できるのではないでしょうか。

旅行中にスマートフォンで何をするか、ちょっと考えてみました。

① おすすめのお店や観光地を検索する
② 目的地までの行き方や料金について検索する
③ Google Mapを見ながら街歩きをする

④ SNSに非日常(写真や気づき等)を投稿する

⑤ SNSで家族や友達と音声・映像通話をする

⑥ SNSでライブ配信する

⑦ Google翻訳でローカルの人と会話する

⑧ 配車アプリ(Uber等)を利用する

これぐらいでしょうか。参考までに、僕たちが旅行中に使うデータ量は2日で1GBぐらいです。Google Mapをとにかくよく使うので、地図の拡大縮小を繰り返しているうちに容量が減っているということが多いです。ほかにはInstagramに写真を投稿したり、観光地やおすすめのお店や宿の情報を検索したりするぐらいです。

Hotlinkのアプリケーションの使い方

Hotlink RED

Hotlink RED
無料
posted with アプリーチ

 

tabinasubi.com

 

アプリケーションでできることは①残額確認、②データ使用量の確認、③チャージ<通話料・データ容量>です。5GB、8GBのデータ容量であれば、残量をあまり気にする必要もないのでアプリケーションを開くこともあまりないかもしれませんが、毎日無料で1GB使えるボーナスをもらうためにはアプリーケーションを開く必要があります。それは後述します。いずれにせよ、アプリケーション「Hotlink RED」はスマートフォンに入れておくことをおすすめします。

tabinasubi.com

 

アプリケーションは電話番号がなければ使えないので、まずはSIMカードを購入しましょう。SIMカードには電話番号が付与されているので、アプリケーションの初期画面に電話番号やTAC番号を入力し、承認を待ちます(1分かかりません)。

tabinasubi.com

 

アプリケーションのHOME画面では現在チャージされている残額とデータ残量の確認ができます。インターネットを利用するためのデータは必要額のチャージ後にデータ容量を購入するという流れになります。空港や街中のショップでおすすめプランとして提示されていものを購入した場合、希望データプランの金額分がチャージされたあと、データが購入される(店員さんがやってくれます)ため、残額は残高はほぼ0となっていると思います。

Internetを利用するためのデータ残量は「INTERNET ◯GB」と表示されているあたりをタップすると確認できます。

データ残量が少なくなり、データを追加購入する際には「BALANCE」に必要額がチャージされていなければならないので、まず、TOP UP<チャージ>します。以下↓。

tabinasubi.com

 

チャージ方法ですが、まず、「BALANCE」のTOP UPをタップし、チャージ方法を選択します。クレジットカードやデビットカード、オンラインバンクでのチャージも可能ですが、コンビニやスーパーのレジ、KIOSK、Hotlink販売店でもTop Upできます。画像にあるのはHotlink販売店で購入したTop Up Ticketです。

スーパーなどのTop Up Ticketはレシートであることもありますので、店員さんにレシートのどこにデジタルコードがあるのか確認してみてください!

デジタルコードを入力し、「Apply<申請>」をタップすると同時にアプリケーションの「BALANCE」にも金額が反映されます。

「BALANCE」に一定額がチャージされていれば、通常の電話(電話番号から電話番号への発信)もできますし、データ残量を追加購入することも可能となります。

tabinasubi.com

 

データの追加購入は簡単なのですが、選択できるプランが多いので、利用期間等を考慮した上で購入します。(データプランは毎月少しずつ変わるので、画像は参考程度に)

それから、Hotlinkの特筆すべきポイントは毎日無料で1時間限定のボーナス<1GB>がもらえることです。ただ、自動的に付与されるわけではなく、ユーザーがアプリケーション上でClaim<請求>する必要があります。

僕たちは「いまから1時間ぐらい映像通話を家族としたいなぁ」「FacebookやYoutube、Instagramでライブ配信をしてみようかなぁ」「暇だから映画でもみたいな」というときなど、データを集中的に使いそうな時間帯に利用することにしています。


 

以上、長くなってしまいましたが、今回はマレーシア旅行で便利なおすすめSIMカードとそのアプリケーションの使い方について書いてみましたが、プリペイドSIMカード「2GB」と「8GB」の差額が300円なら、2GB(≒1200円)のプランでデータ残量を気にしながら使うよりは、5GB(≒1250円)や8GB(≒1530円)のプランでストレスなく使ったほうが楽しく旅行できると思いませんか?

マレーシア旅行の参考にしていただけたら嬉しいです。

あ、SIM購入にはパスポートが必要なので、忘れずに!

 

↓年に2回以上海外行くなら空港ラウンジ利用も便利でオススメ

参照記事:空港ラウンジを使いたいから、プライオリティパスを作ってみたよ!

 

【マレーシアスマホ情報はこちら!】

マレーシアSIMは『HOTLINK』がオススメ!サービスで容量が2倍に!

海外旅行するならスマホをSIMフリーにしたほうが絶対に便利!でもロック解除ってできるのかな…?

マレーシアのスマホ代は一ヶ月800円(2GB)だった!なかなか減らないデータの不思議…

 

⇒ 目次で他の旅記事を探してみる!

 

 - アジア, マレーシア, 夫:よし