【ペナンのイベント参加】コムタタワー59階まで階段でのぼる!やっぱりフワッと始まりフワッと終わった…

      2017/12/05

tabinasubi.com

こんにちは!たびなすびのちかです。

参加してきましたよ、

 

『コムタラン(Komtar Run)』に。

 

コムタ(Komtar)とは、ペナン中心部のジョージタウンに位置するランドマーク的ビルで、屋上には展望台があります。

ペナンに引っ越して10ヶ月になりますが、最初の半年はかなりバタバタしてて予定が読めませんでした。

 

が、いつだったかな、3ヶ月くらい前かな。

やっと落ち着いてきて、ペナンの居心地が良すぎるものだから、大好きな旅行への欲も沸かない不思議現象が…。

そんなとき、夫が、

 

「ちか、コムタの周り散歩するイベント参加しない?」

 

と。

 

私「え、いつも散歩してますけど、あの辺り。」

夫「まあそうだけどさ、朝から皆で歩く『コムタウォーク』っていうイベントがあるんだって。」

私「ふーん。」

夫「登録料30リンギットだし、Tシャツももらえるってよ!」

私「いや別にコムターのTシャツとかいらないけど…」

夫「でもさ、アクティビティっぽくていいじゃん、とりあえず登録しとくわ。」

 

という流れで参加することになりました。

色んなイベント、楽しいですが、私はどちらかというと見物客になるより体験したい派。

なので、まあ散歩だし?いいかなと思ってたんですけど、

皆さんお気づきでしょうか…

ここで夫が大きなミスを犯していることを…

 

そう、彼は『コムタウォーク』って言いましたけど、実際は、

 

『コムタラン』でした。

RUN!

 

走るのかーーーーー!

マジで前日にTシャツもらったとき「RUN」って書いてあって超ビビった。

散歩気分だったのにさあ、マラソン的なやつとか?無理なんですけど。

 

でもTシャツ受け取り所に来るマレーシア人を見てて思ったんだ…。

ちょっとぽっちゃり系の、とにかく日常で徒歩移動しないでお馴染みのローカルピーポーが沢山…。

 

うん、多分大丈夫だろう。

彼らは走らない。(走れない)

ペナンのスポーツイベントの朝は早い

前日にもらったドピンクのTシャツを夫とおそろで来て、コムターへと向かいました。

 

6時に。

 

早いでしょ!!

スタートは7時。

でもですね、年中真夏のペナンだと9時を過ぎたあたりから、外で走るなんて(普段から準備をしてない)一般人には無理なんですよ。

7時位だと涼しくて気持ちいい、この地域では最高の時間!

 

「みんな本気ランっぽかったらどうしよう…」

 

と不安になりながら現場に足を踏み入れると…

 

ワイワイ…

キャッキャッ…

チーズ!!

だらだら…

 

いつものペナンだ!!!

普段のゆるーい感じで、本気モードの人たち(格好だけで判断)は1割もいない、といった感じ。

 

私「ほっ…」

夫「これなら歩いても大丈夫だね」

私「見た目で判断しちゃわるいけど、あの子達とか絶対に100メートルも走らないと思うよ。」

 

5分前くらいにやっと皆がスタート付近に集まり、いよいよスタートの7時!!!

となりましたが、スタート合図担当のVIPが遅刻したので10分くらい遅れました。

いつも通り!!

交通規制が超適当

大々的なイベントはないにしろ、一応数百人が集まって一般道を走るイベント。

まずコムタービルの周りを一周するんですが、このへんは結構交通量が多いところです。

警察も出動してバイクで交通規制をしてる風だったんですけど、

 

途中で規制解除しちゃってさ。

 

車とバイクに追われるスタイルに早変わり!!

イベントの趣旨的には歩いて全然良かったんですが、

 

轢かれたくないので走りました。

 

500メートル位はランしたな。

みんな「きゃー!車来たーキャハハ」みたいな感じだったよ。

2キロのRUNの後階段を駆け上がるだと…?

Komtar

tabinasubi.com

 

これはもう私たちがちゃんと把握してなかったのが悪いんですけど、散歩で終わると思いきや、メインイベントはその後だったんです!

なんと、

 

コムタタワーを階段で上れと。

 

しかもね、

「階段狭いので男女に分かれますー」

ってことで、私たち夫婦は突然離れ離れにされた…。

 

しかも階段って、

 

非常階段ね。

薄暗い系の。雑居ビル的な。

 

「えっ…」ってなったよ、何のイベント要素もない感じだしさ…。

 

私、旅行中も結構すぐに音を上げる体力なし子なんですよね。

そんな私に文句も言わずに助けてくれる優しい夫…。

こういう構図を交際開始以来年に数回体験してるので、かなり大変な戦いになるだろうと思ってたんです。

このビル階段駆け上がりは。

しかも今回は夫が隣にいないし。

 

と思いきや、なんと今回は、

 

私、抜群に速かったの!!!!

 

自分でも信じられない追い込みスピード。

…てかさ、

 

マレーシア人、疲れやすすぎない…?

コムタタワーの周りを走る時は、ほぼお散歩状態だったので、最後尾付近でした。

階段に入るときは前が混み合ってて上れないほど。

それがさ、

 

5階…

10階…

15階…

 

どんどん人がいなくなっていく!!

 

ひどい人なんか階段に辿り着く前の大階段でへばってました。

20階くらいじゃもう寝転んでる人も多数!

私と言えば、辛かったですが45階だったかな?で、息を整えるために数分休んだのみ。

もちろんキツかったですが、軽い登山くらいでグロッキーになるほどじゃありませんでした。

 

コムタの階段は1237段。

例えば山形の山寺が1015段で、私数年前登ったんですよね。

 

還暦迎えた両親に余裕で負けたんですけども。

 

私が速いわけは全く無くて、マレーシア人が体力なさすぎな気がする…。(もちろんそうじゃない人もいるけど!全体的に)

日本の高齢者のほうが全然体力あると思うよ。

ゴールがどこかわからないし、実感がない

tabinasubi.com

超マッハで駆け上がった(ように周りからは見える)私ですが、何階がゴールかよくわかってませんでした。

で、周りの人に聞いても「よくわかんない、ごじゅう何階。」とかいうし。(私もだけど)

 

で、50階…

 

(ここか!?)

 

それっぽくない

 

54階…

 

(ここ!?)

 

まだ上る人がいる

 

56階…

 

(ここだろ!?)

 

違うらしい

 

で、

59階…

 

スタッフっぽい人が「出てー」とビル内に誘導。

 

(ここか!!!やったーゴールか!?)

 

と中に入ると、そこは、

 

エレベーターホール。

 

数人が座って汗を拭ってますが、ほんと数人。

私が数番目な訳はないので、はて?と思ってると、

 

「来た人、エレベーター乗って一階降りてー」

 

えええええええっ。

 

ス「あなたもエレベーター乗ってー」

私「え、すぐ降りるの?今上ってきたのに?こんなに頑張って!」

ス「うん、一階で水あげる」

私「ゴールは?」

ス「ここ」

 

ええええええええええ

 

雑居ビル(的な雰囲気の)薄汚れたエレベーターホールがゴール…?

ちなみに飾り付けとかは全くなし。

 

せっかく59階まで上ってきて一瞬で一階に降りるって味気なくなーい?

 

とりあえず、夫が私がめちゃくちゃ遅いとふんで超ゆったり上ってたらしく、まだ着いてないので待つことに。

 

夫「おまたせー」

私「てかさ、ここがゴールらしいよ」

夫「何にもないじゃん」

私「ね」

夫「まあでもここにいてもしょうがないから降りよ」

私「そだね」

 

帰りは文明の利器、エレベーターで一瞬のうちに1階へ…。

水とコッペパンが配られ、メダルなどももらい、出口へ。

 

フワッと終わった。

イベントに参加してわかったこと

今回9割方地元の人が参加者のイベントに参加してみて、

・スタートも遅れるときがある

・交通規制がゆるいので、イベント中でも車に気をつける

・普通の日本人の並の体力だと己を過信するレベルで、マレーシア人体力ない

・59段も階段登らせるなら、もうちょっとキレイなところがよかった。非常階段辛い

・終わりよければ全てよしっていう気持ちはゼロレベル

・その分勝手に帰れていい

・でもゴールくらいはデコってほしかった

こんな感じ!

 

だからって日本みたいに素晴らしいオーガナイズでやってもらうと、多分登録料高くなるし、仰々しくて気軽に参加できなくなるかもね。

個人的にはこれで十分かな。

本気度を測られたら困るタイプ。

 

このくらいのゆるさなら、これからも体験型のやつにはどんどん参加していこうかな!

 

 

【マレーシアでこんな体験!】

ペナン観光のついでに鍼治療はいかが?10リンギットで受けられる仏教治療院!

ペナン島でアフタヌーンティー@E&Oホテル!超一流ホテルなのにリーズナブルで非日常感!

【マレーシア】ラマダン明けのハリラヤ期間は航空券が高騰!普段の10倍だったよ!

 

⇒ 目次で他の旅記事を探してみる!

 

ウラたびなすび

***********

『ウラたびなすび』始めました

***********

スマホアドセンス




 - アジア, マレーシア, 妻:ちか