海外でタトゥーのイメージは悪くない?いや、一概にそうとも言えないよ…

   

こんにちは!たびなすびのちかです。

水着になるプールや海が大好きなのでリゾートアイランドにもよく行くんですが、

よく見かけるのが、

 

タトゥー。

 

刺青ですね。

日本では眉をひそめる人もいますが、結構なガッツリ系もよく見ます。

街中にもタトゥー屋さんがちらほらあり、ショッピング気分で気軽に店内に入ってそのままワンポイント!なんてことも可能。

リゾートに行った証として入れる人も多いらしいです。

そういった人に囲まれてると…

 

「何か素敵ー!そんな大層なことじゃなさそうだし、私も入れちゃおっかな。」

 

と思っちゃうかもしれない。

で、たまに、

 

「海外だと日本みたいに『タトゥーなんて…』って言われることもないんだよねー!」

 

という声も聞きます。

 

が!!

 

そんなことはない!!

 

と私は言いたい。

「海外では〜」とは一体どこなんだ

まず海外とは日本以外に約200カ国弱(国連加盟国で)ありますから、一緒くたにしてはいけないですね。

私も日本に帰ると、違和感を感じたこと多々あり。

 

「海外では結婚しないカップルも多い!」

「海外では男性も育休をとる!」

「海外では同性愛に寛容!」

 

とかいうテレビ番組や記事などを見たことがありますが、

 

 

…はて?

(韓国在住だった私)

 

ってなったんですけども。

「海外では」と一括りにするのはかなり無理がありますね!

 

多分一般的な日本でイメージされる海外は「欧米」かな。

 

あ、だからかー。

私、東アジア専門だから…。

欧米人のタトゥーが半数以上の場所と、全くいない場所

私達が彼らのタトゥー(ガッツリ系)をよくみるのは、アジアの島。

 

まあよく見ましたね。

タトゥーを入れてない人のほうが少ないんじゃないかと思うほど。

首やら腰、腕、足全体、また複数箇所に入れてる人も多かったです。

 

これだけの経験だとね、

 

「やっぱり欧米人はタトゥー入れても全然問題ないんだー」

 

って考えてしまいますよね。

私もそう思ってました。

 

がしかし!

 

現在マレーシアはペナン島のコンドミニアムに住んでいるんですが、住人の大半が外国人。

欧米人も非常に多いのですが、

 

プールでタトゥーはほぼ見かけません。

 

たまーにワンポイントっぽいの(服を着たら全くわからない)は見ることもありますが、島で見た欧米人はなんだったんだ、ってくらいの割合です。

面白いですよね!

 

島で彼らと話したときには「タトゥーなんて皆入れてる」って言ってたのにー。

欧米人のタトゥーについての私見

私がタトゥー大半の欧米人と合った場所は、アジアの島。

滞在場所がゲストハウス。

 

こういうのが関係してると思います。

滞在費が安いので、バックパッカー系の人がたくさん来ますよね。

全員がそうではないですが、ヒッピー的要素が性格に盛り込まれている人が多いのではないかと。

 

一方のコンド住人は、大半が駐在員さん。

会社員となると、ガッツリ系タトゥーでは雇ってもらえない場合もあるのだそう。(やっぱそうか)

 

また、一説によると、

カジュアル店のスタッフや、芸能系、スポーツ系などの実力社会、軍人などの身元確認系ではタトゥーをする人が多いようです。

他人の判断をあまり必要としない場合は、全く気にせず自分の好きなようにするみたい。

 

日本って、日本人同士がほぼ共通の価値観を持っている国だと思います。

だから、一つの議論が起こったときでも、大多数の方向性が同じになりやすい。

でも、例えば欧米諸国のいくつかの国なんかだと、階級社会もすごいし、バックグラウンドも様々なので、そのグループによって価値観がまるで違う場合もあり。

私が島で会ったガッツリ系タトゥー入りバックパッカーの意見を、その国全体の動向として鵜呑みにしてはいけないわけですね。

韓国とマレーシアの場合も考えてみる

韓国の場合

まず、長年住んだ韓国の場合。

 

最近めちゃくちゃ増えてます!

 

今までは日本のように「あれってもしかしてヤ…」と思われてましたが、最近はもうね、これこそ「流行」です。

海外旅行が一般的になり、更に学生バックパッカーがめちゃくちゃ流行ってるので、アジアの島で気軽に入れてくるんだと思います。

(韓国人は突っ走り型の傾向があるので、あんまり後先考えずにやっちゃえ!って人が多い)

 

が、韓国でも日本と同じで、

 

就職できません。

 

中年以上にはめっちゃネガティブなイメージで捉えられてますが、韓国も高齢化社会なので、雇う側はほぼオジさん。

一瞬で落とされます。

私は大学で働いてましたが、学校側はタトゥー入りの学生にはほぼ肉体労働系しか紹介しません。(絶対に合格できないから)

 

旅行でタトゥーの若者を見かける機会は多いかもしれませんが、多分ほとんど店員さんか、自分でスモールビジネスしてる人でしょう。

そういう人は、むしろかっこよく見えるので、積極的に採用される可能性はあります!

マレーシアの場合

もう一つは今住んでいるマレーシア。

マレー系は肌を隠してるのでよくわかりませんが、中華系では結構ガッツリ系います。

この前会ったUberのドライバーさんもそうでしたが、彼いわく、

 

元ギャングスターだから…

 

マレーシアは南国なので(どういう理由…)結構寛容なのかなと思いましたが、

ドライバーさんは、

 

「このタトゥーのせいでどこにも就職できないから、Grabドライバーやってる」

 

って言ってたので、ガッツリ系タトゥーはマレーシアでも仕事につくのは難しいようです。

就職の心配さえ無ければ好きにすればいい

いろんな国の状況を見てみると、一番のネックは就職。

それさえクリアできれば、個人的には自分の好きなようにすればいいと思います。

タトゥーを入れた人を見ても、別に何とも思わないし。

 

ただ、

「海外ではタトゥーとか全然問題ない〜」

っていうのは合ってなくて、「時と場合による」というのが正しいかも。

だから日本でも就職で苦労するのは当たり前の話ですね。

 

言いたいのは、

 

どこに行ってもタトゥーでジャッジしてくる人はいるよ!

 

ってこと!

とにかくタトゥーは自己責任の極地!ってことですな。

 

【日本を飛び出してビックリ!シリーズ】

直近一週間で出会った店員さんに見るマレーシアの雰囲気!どう感じるかはアナタ次第…

この世の春を満喫するアラブ女子!自転車に乗ることがこんなに特別なことだなんて!

アラブ商法モロッコ人VSマイペース中国人!オロオロする日本人・・・

 

⇒ 目次で他の旅記事を探してみる!

 

ウラたびなすび

***********

『ウラたびなすび』始めました

***********

スマホアドセンス




 - 妻:ちか, 旅のよもやま話