【ランカウイ島】宿泊をパンタイチェナン(ビーチ)かクアタウン(シティ)で迷ったら、ビーチ一択!

      2017/11/19

Langkawi

こんにちは!たびなすびのちかです。

ランカウイに来てます!

ランカウイは今住んでいるペナンの北に位置する島。

飛行機とフェリーで行くことができるのですが、飛行機を選んだ場合、

何と、

 

飛行時間約35分。

飛んでる時間は10分ちょい。

 

めっちゃ近いっ!!

 

だからフェリーをチョイスする人も多く、それでも1時間半くらいで行けちゃいます。(よく調べたら2時間45分だった!ごめん!)

フェリーならペナンの中心部から行けるし、車も運べるので便利ですね。

ただ、フェリーの料金と航空券代はほぼ変わらないし、船よりは飛行機のほうが身体に合ってるので(結構酔いやすい)、フライトを選びました。

ランカウイに海の綺麗さを求めてはいけない

私たちは今まで2回ほどペナン移住前にランカウイを訪れたことがあるんですが、ペナンに住み始めてからはあんまり気が乗りませんでした。

 

というのも、結構有名な島(日本でも名前くらいは知られてるよね)にもかかわらず、そんなに海はキレイじゃないんだな…。

過去二回はダイビング目的に訪れましたが、ここならマレーシアの東海岸の島(プルフンティアン、ティオマン)とかボルネオ島、のほうが断然キレイ。

比べ物にならない。

 

ちょっと下のペナンも、全然キレイじゃない。

てか、海に入るのは気が進まないくらい…。

だけど一応ビーチはあるし、家から海も眺められる。

気候もほぼ一緒。

 

ランカウイ、行く必要ある…?

って思って足が向きませんでした。

 

ですが、今月はゲストも来ないしペナン生活にメリハリもなさそうなので、チケットの安いランカウイを選んでみました、消去法で。

で、実際に来てみて、

 

来てよかった、すごく!!!

過去二回の渡航を参考に、今回はパンタイチェナン側に泊まる

ランカウイに滞在するなら、

 

①超高級リゾート

②パンタイチェナン(一番知名度のあるビーチ)近辺

③クアタウン(市街地)近辺

④自然のど真ん中のゲストハウス

 

の4択が一般的だと思います。

①超高級リゾートホテルに泊まる

本当なら、ね!

①が希望ですよ、そりゃ。

 

超高級リゾート(フォーシーズンズとか、リッツ、タダイ…)は大体ちょっと奥まった場所にとんでもない敷地を有しています。

 

その中のコテージに泊まり…

プールで泳ぎ…

プライベートビーチにも行き…

チェアで一眠り…

夜は雰囲気のいいレストランでワインを傾ける…

 

外に行く必要なし!

立地とかほぼどうでもいい!

 

憧れますね…。

 

しかし残念ながら、そこに泊まるのはまだ無理なので、②〜④の選択肢しかありません。

 

結果的に②を選択したんですが、その理由は以下です。

③クアタウン(市街地)近辺に泊まる

1回目にビーチ側に泊まったので、2回目(前回)はクアタウンに泊まりました。

ホテルはね、良かったです。

清潔でお手頃のホテルがゴロゴロありました。

 

が、

 

街だからね、全くの。

地元の人が住んでる街。

レストランの雰囲気も、全部普通。

島じゃない、街。

 

島に来たからには、ビーチでゴロゴロしたり、海に沈む夕焼けを見たりしたいでしょ。

朝起きて、ビーチ沿いを散歩したりしたいでしょ。

 

でも街だから。

昼は満喫できても、夕日が沈んだら真っ暗になる前にタウンへ戻らなければなりません。(結構遠い)

夕食までビーチ沿いの雰囲気のいいところで取ろうと思ったら、帰るのがめちゃくちゃ面倒(だった、私たちは)。

 

じゃあ、夜はクアタウンで過ごそう…。

美味しそうな中華の海鮮料理店に入った…。

 

中国人だらけ!!!!

味は美味しかったけど、リゾート満喫中の彼らの話し声が大きすぎて、まともに会話できなかったよ…。

 

別に中国人を責めているわけではありませんが、ほら、リゾートにのんびりしにきてるわけじゃん?

彼らは食事を大切にするようなので、彼ら好みのレストランがタウンに集まっている、そんな印象でした。

 

こんな経験から、

「リゾートらしさが半減してしまう」

という理由で、クアタウンは今回消去!!

④自然ど真ん中のゲストハウスに泊まる

これも結構多いです!

最近は地元の人が空いている自分の家を『Airbnb』に出してたりするので、到着してみたら田んぼのど真ん中だった!なんてこともあり。

これはこれで楽しそうですよね!

 

特に欧米人なんかは(括るのはよくないけど傾向として)静けさや自然との一体感などを楽しむ人も多いので、

パンタイチェナンやクアタウンなんかは「うるさい…」と感じたりもするみたい。

 

朝からジョギングしたり、サイクリングで数十キロ走ったりなんていうスポーツマンも多いので、すごく人気があるそうです。

 

ただね…

 

私はそういうのあんまり得意じゃないんだ…。

 

もともと田舎者だからなのか?静けさとか別にそんなに求めないし、便利なお店が近くにあったほうが「ラッキー」って思っちゃうタイプ。

すぐ隣にカフェとか合ったらいいホテル!とか思っちゃうのでね…。

それにほら、

 

虫とか嫌いだし。

 

田んぼの真ん中とか凄いよ多分。

ちなみに夏に実家に帰ると夜中のカエルの鳴き声がうるさすぎるので、ど田舎が静かだとも思わない…。

 

ということで、これもなし!

最強、②パンタイチェナン(一番知名度のあるビーチ)近辺

結局ね、①以外はどうやっても②のパンタイチェナン近辺には食事やらなんやらで訪れるんですよ。

だったら、ここに滞在してたほうが時間も足も気にせず楽しめるので、私は断然②をオススメしたい!

①が本当の最強ですけどね…。

 

最初に訪れたのは2011年ですが、この6年の間にビーチ沿いはものすごく変わりました。

スタバはできるわ、おしゃれカフェ&バーはいっぱいだわ、ビーチ沿いにホテルができまくってるわ、様変わりです。

人それぞれだと思いますが、私はエアコン付きカフェでも涼みたいし、雨が避けられるちょっと小洒落たバーでビールも楽しみたい派。

 

なので、海はあんまりキレイじゃないけどランカウイは大好き!

ペナンと近いけど来てよかったと思った理由

消去法で訪れたランカウイ。

ペナンに住んでるので、昔ほど楽しめないかと思いましたが、結果、

 

超満喫した!

 

ダイビングやシュノーケルは何度もやったことがあるし、透明度もそこまで期待できないので今回はしませんでした。(でも初めてならやったほうがいいよ!)

でも、

 

毎朝ビーチを散歩したり…

昼間ビーチでゴロゴロしたり…

海に落ちる夕日を眺めたり…

 

なんかペナンとは全く雰囲気が違う!

 

多分ペナンはある程度都会なので(ランカウイより島は小さいが、70万人住んでいる)、人々の生活感が溢れてるからかな。

ランカウイは島自体が観光産業で成り立ってる感じなので、観光客で溢れていて、彼らの目的はリラックスなので基本的にダラダラゴロゴロ。

 

更に中華系が半数以上のペナンに対し、ランカウイ島は9割がマレー系。

のんびりの代表みたいな民族なので、そういう雰囲気が加速してるのかもしれません。

 

「同じようなもんでしょ」

と思ってましたが、全然違って楽しめました。

 

すごくこの環境が気に入ったので、これからはちょこちょこ訪れたいと思います。

なんたって30分で行けるしね!

 

で、いつかは、

 

①の枠で泊まるんだ…。

 

頑張れ私!!

 

【ランカウイとかいろんな島に行った!シリーズ】

訪問したマレーシアの島々の特徴を紹介!自然派ならプルフンティアン、適度な便利さならランカウイ!

ランカウイ島のダイビングは日本の半額!マレー人インストラクターが癒し系すぎる!

マレーシアのランカウイは怠け者に最適の島である

 

⇒ 目次で他の旅記事を探してみる!

 

ウラたびなすび

***********

『ウラたびなすび』始めました

***********

スマホアドセンス




 - アジア, マレーシア, 妻:ちか