ペナンに引っ越して半年たちました!私の心の変化はこんな感じだよ!

      2017/09/06

Photography by yOsHi

こんにちは!たびなすびのちかです。

今年の3月初めにマレーシアのペナン島に引っ越して、昨日でちょうど半年たちました!

 

私は「もう半年か!」

夫は「まだ半年か!」

 

の気分です。

最近ようやく生活が落ち着いてきたな〜、と感じてたので、私は6ヶ月もたったことに早い!と感じたのですが、

夫はペナンの生活にすっかり慣れちゃって、もう一年くらいいるような感覚なんだって!

 

3月にペナンに来たものの、1ヶ月は部屋探しに費やしたので、定住する家に住み始めたのは4月から。

5月末から6月までは、タイ・日本・韓国に行き、ビザランやらロングステイビザの準備やらで落ち着かず。

7月初めに無事マレーシアのロングステイビザ(MM2H)をゲット!

ようやくホッとし、ペナン生活を満喫できるようになりました!

ここ2ヶ月で生活スタイルが定まってきた気がします。

半年住んでみての感想

まず、大前提として、

・職場がない(フリー)

・日本から直接来ていない(海外生活15年、直近は韓国の釜山)

・居住国は数ヶ月ほどの滞在も含めると、夫5カ国目、妻6カ国目

・夫婦共々根っからの旅好き

が私たち夫婦の大きな特徴なので、同じ日本人であっても感じ方は全く違うかもしれません。

ということで、私達の個人的な感想として捉えてもらえば、と思います!

住まい

pool

Straitsquay

もうね…

「最高!!!」

以外に何も言葉がないよ。

住まいにはこだわったのでペナンの中ではお高め物件ですが、それでも都心のワンルームくらいのお値段。

つくりもセキュリティもしっかりしてるし、東南アジアのコンドミニアムには必須のプール、ジムなどの設備も完備。

 

…てかね、

今までの生活では、築40年の視界ゼロ物件に大家や不動産屋とのトラブルに巻き込まれまくりながら住んでいたので、明るいってだけでも天国なのよ…。

食生活

Japanesefood

Photography by yOsHi

和食に関しては、韓国の数倍手に入りやすいことにビックリ。

近くて遠い国というのはこのことか…、と思った。

とにかく日本人が多いので、在住日本人向けのサービスやお店が商売として成り立つからでしょうね。

韓国は近い割に住んでいる日本人が少ないので、在住日本人向けにお店をやっても大半のお客さんは韓国人となります。

Photography by yOsHi

ローカルフードは多種多様にあるので、色々食べて口にあったところを見つけては通うスタイルかな。

最初は自炊をかなり頑張っていましたが、最近はオフィスに通い始めたので時間があったり、外食では食べられない料理が食べたい時に作るようにしてます。

結局あんまり料理好きじゃないんだな、私は。

ファッション

ユニクロの半袖短パンオンリー!

夫に至っては、同じ色のTシャツを複数枚買って着回すオバQスタイル。

化粧もしてないので(日焼け止めだけ)、ラク!

たまーに、シャツとか来てると、

 

「何?どうした!なんかあるの!?」

 

って言われる…。

戦闘態勢で生活しなくても良い気楽さ

別に韓国を責めてるわけじゃないんですけど、でも本当のことなんで言いますけど、多分韓国人全員納得してくれると思いますけど、

 

韓国はドアを開けたら戦闘モード

 

で日々生活しなくちゃいけないことが多い!

韓国ドラマとか見たことありますか?結構怒鳴りあいの場面、あるでしょ…。

多分言葉の特徴なんだと思いますけど、例えば注意するときとか、声をかける時にワンクッションがなかったりする…。

 

「あの〜、ここに立つと人が通れないんで…」

と言ってほしいところを、

「ヤー!!!!何でここに立ってんだ!!!どけろ!!!」

みたいな。第一声が(大体おじさん)。

 

こわいーーー。

 

で、言われた方も気分が悪くなりますね。

「そんな怒鳴ることないだろ!!!」

と応戦し、言い合いが起こると…。

 

一日最低5回は遭う。だから韓国ドラマ見たくなかったの…、ノーモア怒鳴り…。

 

一方のマレーシア。

私がちょっと邪魔なところに立ってたりすると、

 

「ソーリー(ニコッ)」

 

天使かよっ!!

しかもおじさんでも。

韓国のせっかちさと真逆、ペナンののんびり感

韓国を表す特徴として韓国人がよく言うのは、「パリパリ(早く早く)」

韓国人は実にせっかちな国民性を持っています。

 

幼稚園のころから大人に「パリパリ!!」と言われているので、何でも早くできることが良いことだ、とされています。

なので、韓国人に仕事などを依頼すると、とにかくスピーディー!

8割方のクオリティではありますが、本当にすぐやってくれます。

外食も5分と待たずにおかずが出てくるし、ネット接続なんかもお願いすれば即日完了、銀行のカードも即日発行!

10分も待たされれば、「大変お待たせして申し訳ありません!」と平謝り…。

 

それはいいんですが、これが自分に振りかかるとまあ大変!

レジでもたもたしてたら、後ろの人からプレッシャー…どころじゃなく追い出される。

締め切りが30分後の仕事が舞い込む。そしてものすごい急き立てられる。

「今来てください、じゃないと待てません」とかよく言われる。

 

随時急かされてる感じ…

 

多分韓国人にパワーを感じる!という所以はこのあたりじゃないですかね、行動が早く、声が大きい。

更に男性だと全員軍隊に行っていて儒教国家ですから、国全体が体育会系の極地ですし。

宅配便でも両国(韓国とマレーシア)を比較してみよう

韓国で宅配便を頼んだときのこと。

なぜかインターホンを押した直後に、

 

ドンドンドンドン!!!!

ドアを叩きまくる…。

 

「宅配便でーーす!!いますか?いますか?いません?」

突然の訪問と音に焦って素早くドアを開けると(10秒以内)、

 

帰る宅配おじさん。

 

私「待ってくださいよ!すぐ出たじゃないですか!」

宅「じゃあ返事してくださいよ!」

私「しましたよ!」

宅「大きい声でしなきゃ聞こえないでしょうが!」

 

みたいな。

ねー、つかれるねー。

 

一方のマレーシア。

10年の韓国生活で、宅配のインターホンがなると(早く早く!急がなきゃ帰ってしまう!!!)とドキドキしてしまう私…。

「イエース!!!プリーズウェイト!!!」

と駆け足でドアを開けるも、

 

宅「ハロー(ニコニコニコニコ…)」

 

あっ…ここはマレーシアだった…。

必死の形相(韓国親父に対抗するための顔)をスマイルに直すのであった…。

 

マレーシアはのんびり!とかよく聞きますが、急かされるよりは精神衛生上100倍良いよ。

仕事上だとまた違うんでしょうが、日常生活レベルなら穏やかにすごせます!

自分の好きなように生活できるペナン

Northern_beach_cafe

Photography by yOsHi

ペナンには日本人が多い、というのも印象的。

釜山とかあんなに日本から近いのに、観光客じゃない日本人あんまりいない…。

で、特に思うのが、ペナンでは日本人らしい日本人が結構多いってことかな。

 

多分駐在さんとか多いからかもしれませんが、現地化しなくてもやっていけるからかな?

またまた比較に出して申し訳ないですが、韓国の場合、多少現地化しないと生活がかなり大変です。

大多数は韓国人で韓国語喋って韓国語で書いてあって韓国文化バリバリなので、日本を押し通すことができません。

韓国にちょっとは触れて〜、とか、

 

ちょっととか、無理。

全力で降り掛かってきます。

 

前述したように、トラブルとか急な巻き込まれみたいなのが頻繁にあるので、ある程度対抗できるようじゃないとかなり不愉快な思いをしてしまいます。

そのため、韓国に住んでいる日本人は戦闘能力が高くなり、

 

強えええええ!!!

みたいになる。

 

特に女性の場合は儒教のあれで大変な立場に追いやられることもあるので、もっと強くなります。しょうがない。諦めろ。(友人たちの顔を思い浮かべる…)

だから、ちょっと柔らかい雰囲気とか察する話し方とかを忘れがち…。

 

わ・た・し・も・な。

 

なので、ペナンで超日本人っぽい奥様とか見ると、「きれい…」と憧れの目で見てるわ!!

真っ黒な日焼けの半袖短パンでさ!!

 

ああ…韓国って面白い国だったな…(遠い目)

 

ということで、半年振り返り記事がなんか韓国特集みたいになっちゃいましたけど、戦闘態勢国家に住んでいる方!

 

マレーシアに来れば、心が真逆になりますよ。

一年たったら私も「おほほほ…」とか言ってるはずだ!笑顔大事…。

 

怒涛の韓国生活はこちら!

ペナン移住記事はこちら!

目次で他の旅記事を探してみる!

 

筆文字オンライン

**************

今までの筆文字をまとめました

『たびなすび』ショップ

**************

スマホアドセンス




 - アジア, マレーシア, 妻:ちか