『SportsNavi(スポナビライブ)』で毎日プロ野球観戦中!スポーツは中継に限るね!

      2017/08/24

こんにちは!たびなすびのちかです。

学生時代ソフト部だったにも関わらず、プロ野球には全く興味はなく最近まで知ってる一番若い選手は、

 

阪神の藪でした。

 

ぽっちゃりおじさんに変貌した藪の現在を見た衝撃といったら…。

なぜ藪を知ってたかというと、高校時代あたりに一瞬大人気になってクラスで流行ったからです。

それから約20年、プロ野球情報が脳に入ってくることはなく時が過ぎていったのだが…。

ドアラに目覚める2016年

Doara_doll

Photography by YOSHI

 

遅!!!という声が聞こえてきそうですが、2016年になってひょんなことから中日ドラゴンズのマスコット、ドアラにドハマリ。

無表情の顔と、マスコットらしからぬやる気のない態度に心を奪われました。

それからというもの、YOUTUBEでドアラ動画を見る毎日。

とうとうマスコットが大集合するオールスターまで見に行ってしまいました!!

(たまにドアラ好きを公言すると中日ファンに握手を求められますが、あくまでもドアラのファンであり、中日ではない。でも『燃えよドラゴンズ!』は歌える…)

2017年家族が楽天ファンになる

kobo

Photography by yOsHi

 

オールスターで初めて野球観戦をしたところ、思いの外楽しかった!!

最近の(って昔知らないけど)野球スタジアムは本当に面白く考えられていて、一種のテーマパークのようでした。

それ以来、国内旅行する際には野球の試合スケジュールを確認し、時間が合えば野球観戦も組み込むハマりっぷり。

 

実家は宮城なので、近くにコボスタ(楽天ホームスタジアム)があるんですが、今までは興味がないので素通り。

しかし野球観戦に目覚めたので、夫と帰省中に家族も誘って見に行こうかな、と思っていたら、

「興味ない」

「暑い」

「面倒くさい」

と一蹴。

 

唯一妹だけが「行ってみようかな…どうせ休みのだし…」と、乗り気度30%の雰囲気で参戦。

そんな感じの実家だったのに…、今年(2017年)の夏に帰ったら、

 

母・妹「私達楽天ファンクラブ会員です!」

 

何があった…。

地元・宮城にいると、楽天を自然と応援しちゃう不思議…

今年90歳になった祖父は大の野球好き。

昔はヤクルトファンだったらしいけど、地元に楽天が来てからは楽天ファンに。

祖父がスタジアムで野球観戦をしたいとき、ついていく機会が増えたりしてスタジアムに行ってたら、

 

「意外と盛り上がっちゃってさ!ストレス発散になるのよ、直接応援すると!」

 

と去年一番乗り機じゃなかった母から、信じられない言葉がっ!

人って変わるんですね、しかも還暦過ぎても。

なんか、家にさ、

 

ユニフォーム7枚もあったしさ。

 

いろんな特典があるらしく、ファンクラブにまで入ったらしいよ。

ただ、今年は楽天が強いから応援してて面白いし、地元に帰るとテレビも街も駅も楽天推しがすごいので、ここで生活してたら自然と応援したくなるかもなー、と思いました。

それで今年の夏一週間ほど帰ったんですが、

 

毎日試合見せられた。強制的に。

たまに2回見せられる日も…。

一試合も見逃したくないファン御用達『スポナビライブ』

私はドアラファンであって楽天ファンではないんですが、家族が毎日応援してると自然と感情移入してしまいます。

興味のないオリンピック種目にも、日本選手が出てるから見てたら超楽しんじゃった!みたいな感じ。

上にも書きましたが、今年は楽天強いんでね、応援してても気持ちがいいです。

 

とはいえ、みんな毎日試合の時刻に家にいるわけでもなく、家族旅行もしたりしました。

なのになぜ全試合が見られるのか。

それは…

 

『スポナビライブ』を契約してるからなんだ!

↓これ
SportsnaviLive

この『スポナビライブ』は有料(月額980円)なんだけど、登録するとシーズン中のほぼ全試合が見られる優れものなのである!!

と、妹に力説されたんですが、そのときはまだピンときていませんでした。ファンになる前だったので…。

 

しかし、数日楽天戦を観戦し、すっかり心を奪われたころ、お墓参りに秋田へ行くことになりました。

車で3時間ほどかかるのですが、その日は試合がデーゲーム。まさに移動中。

 

私「ちょっと…今日大事な試合だってのに、見られないわけ?」(すでにファン気分)

父「とりあえずラジオ中継してるかもしれないから…」

私「AMもFMも全くやってないよ!同じ東北だってのに酷いもんだね!」

妹「お姉ちゃん…諦めるのはまだ早いよ…」

私「えっ…」

妹「見て…」

 

妹のスマホ画面には、

 

美馬が好投中!!

※美馬とは地味ながらいい働きをする楽天の先発ピッチャー

 

私「美馬ーーーー!」

妹「これで見られるよ。」

私「あ、これって、もしかして」

妹「お姉ちゃんが『ふーん』って興味を持たなかったスポナビライブだよ。」

 

その日楽天は勝利を収めるまで結構紆余曲折あったので、車の中での3時間はかなり盛り上がりました!

そっか、こういう使い方があったのか!

 

全試合がみたいなら、ケーブルテレビとかを契約すればいいんじゃないかと思いましたが、いつでも家にいられるとは限らないですしね。

スポナビライブ、ここがいいね!

出先で見られる

「私習い事の帰りのバスで楽天の試合チェックしてるんだー」

って、母がですよ!!!

信じられない…。

週に何度かナイトゲームの時刻に家にいない母は、帰路の最中にライブでスマホから応援しているんだそう。

パソコンすら全然扱えないアナログな人だったのに…、今やデジタルおばばですよ!!

父はジムで、妹は仕事の休憩中にチェックしているようです。

複数デバイスで見られる

上記のように、同じ試合を父、母、妹と同時に見ている…。

そう、一契約で最大4デバイスで同時に見られるんだって!

 

…ひとデバイス余ってんな。

 

私「頂戴」

妹「いいよ」

 

貰った!!!

※海外からはVPN要使用。

野球だけじゃないよ、相撲も!テニスも!

夫「いや、でも俺日本のプロ野球ほぼ見てないし最近…」

と言ったのは、どこのどなたですか!

今日もね、朝からスマホとられてね、

 

ダルビッシュの先発試合見てたよ。

 

先週も夜中にスマホとられてね、

 

錦織選手のなんとかオープン見てたよ。

 

私より確実に再生回数多いよね、夫。

このように、日本プロ野球の他に、

・メジャーリーグ

・テニス

・大相撲

・サッカー

・バスケ

・バレーボール

も見られます。

ただ、どのリーグのか詳しくないので、サイトでチェックすることをオススメします。

一定期間の見逃し配信がある

「ちょっと今日の結果言わないでよ!!!」

と、夜激務から帰ってきた妹。

その日はデーゲームで、私と両親は散々盛り上がった後なんですが、

 

もう一度大画面で再生される試合…。

 

私「この後、美馬がね…」(美馬登板しすぎ)

妹「絶対言わないでよ。」

母「次の回ウィーラーがね…」

妹「マジやめて。」

 

邪魔する人がいなければ、見逃した試合でも最初から見ることができます。

リアルタイムで見るのが一番ですがね、全試合そうとはいきませんからね!

巨人ファンと広島ファンは注意が必要

ただ、こんなファンには嬉しいスポナビライブですが、

 

巨人と広島のホーム試合は配信不可。

権利的なやつ…。

 

楽天の場合、パ・リーグなので交流戦以外は気になりませんが、セ・リーグファンはちょっと「今日見れないのかよおおおおお!!」となる可能性ありますね。

交流戦でもちょっとイラッとしましたから。

ファン歴1週間未満にも関わらず。

オールスターも配信しなかった!!

超楽しみにしてたオールスターも配信なかったよ!

がっかりしたー。

放送権とか高そうだからかな。

多分日本にいれば地上波でやりますから、別にスポナビライブでやらなくても全く困らないんでしょうがね…。

 

このぶんだと、日本シリーズとかもやらないな、きっと…。

今の一番の懸念はこれ!!!

 

楽天出るよね…、クライマックスシリーズ。

今急激に西武とか追い上げてきてるけど。

 

頑張って欲しいので、マレーシアで一人孤軍奮闘しながら応援するつもりです!

 

↓「スポナビライブ」公式サイト

SportsnaviLive

※ソフトバンク、またはYahooプレミアムユーザーは初月無料で月980円(割引料金)。

それ以外の場合は月1480円だそうです。

家族でソフトバンクユーザーに登録してもらって、IDをシェアするのが一番オトクですね。

 

【野球なんか好きになってきた!シリーズ】

リアルタイムで見たいテレビは圧倒的にスポーツしかない!

ドアラスタンプを買って使いまくったら、ドアラグッズを家族にプレゼントされたよ!

楽天コボスタはメジャーの球場みたいだった!試合のチケットは絶対になくさないアレ!

ヤフオクドームでソフトバンクの試合観戦!楽天と横浜の扱いがひどすぎるのだ

 

目次で他の旅記事を探してみる!

 

筆文字オンライン

**************

今までの筆文字をまとめました

『たびなすび』ショップ

**************

スマホアドセンス




 - アジア, 妻:ちか, 日本