【バックパッカーの必需品】足の裏潔癖症ならビーサンは必須!安宿泊を少しでも快適に…

   

こんにちは!たびなすびのちかです。

バックパッカーです。

ここ数年、ちょっと無理をすると疲れの取れない時間が長引くんです…。

なので、

(昔)空港泊
(今)ホテルでちゃんと寝る、変な寝方したら数日痛い

(昔)現地についたら宿探し
(今)サイトで事前予約必須、一ミリも無駄歩きしたくない

(昔)空港から街までは安さ優先
(今)タイムイズマネー、到着が早いに越したことはない

こんな具合に旅行スタイルが変わりました。

 

一生バックパッカーかと思ってましたが、人って変わるんですね。

私とは比べ物にならないほどバリバリのバックパッカーだった夫、もう安宿に泊まる気配すら見せません。

 

「えっ…このホテル、バスタブ無いのか…」

 

とか言っちゃってますから!!!

別人!!

 

まあチェンジはいいことなので、正面から自分たちの変化を受け止めてます。

変わらないのは、いや、むしろ拍車がかかったのは荷物の少なさかな。

最近はバックパックすら持ちたくない(大きいと思ってる)ので、デイパックに入らなければ「これは旅行中多分使わないな」と暗示をかけて持っていかないことにしています。

バックパッカーのタマゴにアドバイスとかしたい

でもですね、十何年もバックパッカーをしてくると、知恵も多少なりとはついたんです。

 

こういうのとか

>>旅先で大活躍!携帯できる旅行用湯沸かし器で熱々モーニングコーヒーを飲もう!

こういうのとか

>>インド人の行列はすき間ナシで超密着!後ろのおじさんの温もりまで感じちゃう…

 

熟練バックパッカーさんには「基本中の基本だよ!そんなことは!」ということでも、

「私…この夏休みに…初海外でバックパック旅行するつもりなんだけど…不安感まじやばい…」

っていうタマゴたちもいるわけですよ!

 

ということで、今回はバックパッカー超初級編の持ち物を紹介しようと思う!

それは…

 

ビーチサンダルだっ!!

これを忘れたら地獄だぜ…。

潔癖症でもゲストハウス生活が安心に!

聞こえてきますよ、「当たり前すぎ!!」という声が。

でもですね、じゃあ聞きたい。

旅行先が常夏系の場所じゃなかったら持っていきますか?と。

悩むでしょ。

「いらないんじゃないかな…、旅行先冬だしな…」って。

 

私も一度悩んで置いていったことがあります。

靴下脱ぐことないだろうしな…と思って。なるべく荷物を軽くしたいですしね。

 

でもあなたはバックパッカー。

泊まるのはゲストハウスですね、もちろん。

 

バス・トイレが共用だったらどうします…?

 

靴しかないよ!!

靴履いていく?シャワーの水かかるよ!!

…しょうがないから裸足?

トイレもあるんだよ!!

 

「ビーサン持ってくればよかった…」

 

心からそう叫びたくなる…。蘇るパッキング時にビーサンを靴箱に戻した自分…。

 

このビーサン無し状態、意外に精神的に来ますね…。

何せ回数が多いからね…。バス・トイレっていうものは…。

 

「現地で買えばいいじゃん!」って?

冬仕様の現地のお店でおいそれと見つからないんですよね、ビーサンって。

 

足の裏潔癖がちなバックパッカーには、辛っ…。

色んなサンダルあるけどビーサンが一番便利

歩きやすさではTEVAサンダルが一番お気に入りですが、便利さで行ったらビーサン一択ですね。

まず、

 

・薄くて軽い

 

特に靴を履いていく場所であれば、二足目がかさばるのは荷物も増えるし痛い。

ビーサンはほぼ重みなしなので、持ち歩きに負担はかかりません。

 

そして、最大のメリットは、

 

・湿らない、溜まらない

 

TEVAサンダルのようなスポサンは、ストラップが何本も付いており、大体は綿素材。

これでシャワーを浴びようものなら、次の日まで湿ったまま。

履き心地もよくないし、そのままリュックにしまうのも嫌じゃない?重くなるし。

最悪の場合は、臭ってくるし…。

外で乾かせばいいじゃん!と思いますが、サンダル活用は主に夜から朝にかけてなので、常時ベッド脇に置いておく必要があり難しい…。

 

溜まらない、とは水が内部に溜まらない、の意。

一度、クロックスで代用したことがあります。

クロックスは綿素材も全く無いので、素材的には湿らないビーサンと似ています。

が、

つま先にカバーが有り、更に足の裏部分もくぼんでいるので、水が溜まる溜まる!

壁に立てかけておいても、必ずどこかのくぼみに水が蓄えてある…。

 

夜中にトイレで目覚めたとき、そのクロックスを履いて、

「ひゃあ!!!!」

ってなった…。

水たまりに足突っ込んだみたいな感じだった…。

 

ということで、

バックパッカにとってビーサンとは、

・安宿であればあるほど必要。

・旅先がどんな季節でも持っていくべき

・現地(夏以外の国)での調達はうまくいかない可能性が高い

 

タマゴたちよ!

健闘を祈る!!

 

【バックパッカーはつらいよ!シリーズ】

インドで寝台列車のキャンセル待ちは地獄!永遠に番号は呼ばれない

KLIA2で野宿!?エアアジア夜便が遅延しちゃった夜中の過ごし方

ラオスの長距離バスはヘアピンカーブで全身真っ赤っか!

砂漠の国の貴重な資源!お腹の弱い私がモロッコで生水を飲んでみた

 

目次で他の旅記事を探してみる!

 

筆文字オンライン

**************

今までの筆文字をまとめました

『たびなすび』ショップ

**************

スマホアドセンス




 - 妻:ちか, 旅のよもやま話