日本語訳が秀逸すぎる!マレーシア版『お米のおいしいお召し上がり方』

      2017/06/04

こんにちは!たびなすびのちかです。

ペナンに来てから、米米うるさくてごめんなさい。

米米言いすぎてカールスモーキーになりそうです。(ならない)

現在は、夫の親友坊主さんが持ってきてくれた山形産『つや姫』を食べているので、

 

ノンストレス。

 

これがいつか無くなる日が怖い…。

マレーシアにもジャポニカ米はある

ジャポニカ米は、日本とか韓国、中国など主に東アジアで食べられているお米で、タイ米のようなインディカ米に比べて短く丸っこいのが特徴。

マレーシアはインディカ米が基本なので、外食ではもちろんそれ。

粘り気が全くなく、インド料理やマレー料理にはよく合います。

 

けど、和食には全くの不向き。

これでおにぎりなんて夢のまた夢よ!

例えるなら、河原の石を一メートル積み上げなさいっ!そしたら終了っ!

くらいの難しさ…。(わかりにくい)

 

でもマレーシアには東アジア人もかなり住んでいるので、スーパーには一応売ってます、ジャポニカ米。

 

SUMO

とか、

SAKURA

とか、

とか…。

 

絶対メイドインジャパンがつけなそうな名前で…。

 

SUMOはそれこそお相撲さんがご飯を食べているパッケージで、和食作るならこれよ!って感じでどこでも売ってるので、とりあえずこれを食べてました。

炊き方が悪いのか、水分量が足りないのかわかりませんが、

 

まあこんなもんだよね。

レベル。

 

おにぎりはかなり難しいです、こっちのお米は基本的に粘り気が足りない。

日本人のために和訳がついてるんだけど…

他のジャポニカ米も試してみようということで、次に買ったのが、

sakura_rice

Photography by YOSHI

 

SAKURA。

 

SUMOに比べると、パッケージが薄紫でサクラらしき花柄なので、ちょっと高級感漂います。(値段は同程度)

 

「パッケージ、素敵じゃん…」

と思いつつ、おもむろに裏面を見ると、マレー語と英語と、日本語で書かれた、

 

『お米のおいしい召し上がり方』

…日本語、いる?

 

マレー語と英語はわかりますよ、いつもインディカ米を食べているマレーシア人や欧米人がなれないジャポニカ米を炊くんですから。

でもさ、

人生数十年、食べたコメの量は数知れず…みたいな日本人に指南する必要があるんだろうか…。

日本語を読むのって日本人だけだしさ…。

それなら北京語で全中華系を網羅したほうが良さそうだけど。

 

なんてくだらないことをダラダラ考えながら、でも、どれどれ…と和訳を読み進めていったわけです。

秀逸の和訳にぐうの音も出ない

では日本語訳を見ていきましょう(マレー語と英語は省きます)

行程は、1〜5まであります。

1.1回洗います。

一回でいいの…。

英語では "Rince the Rice ONCE" って大文字で一回を強調されてたから、皆、SAKURAの米は一回しか洗っちゃダメ…。

2.標準的には、お米の1.2倍の量です。お好みの水加減を決めてください。

日本のように、きっちりとした量を示すのではなく、自由に決めてね!って感じがいいね!

3.30分以上、水につけておいて下さい。

水に浸す作業も入れてるなんてしっかりしてるね!

4.こればかりは自動炊飯器におまかせ。

!!!!!

 

『こればかりは自動炊飯器におまかせ。』!?

sakura_rice

Photography by YOSHI

びっくりしすぎてリピートしちゃった…。

炊くのは炊飯器にまかせなきゃダメなの…。

そう、その通り…。

お願い…炊飯器さん…。

5.スイッチが切れたら15分むらして、しゃもじで粒を潰さないように上下に混ぜます。おいしいご飯が炊けました。

おいしいご飯が炊けましたーーー!炊飯器さんのおかげですーーー!

 

ネイティブチェックしても直すところがない

元日本語教師として、この和訳をネイティブチェックしてみましたが、

 

直すところ、ないよね!

野暮なことできないよ…。

 

だって、じゃあどうするの、「炊飯器で炊きあがるまで待ちましょう」とか?

うわー、センスない。自分で書いてて嫌になるわー。

 

「こればかりは自動炊飯器におまかせ!」

に勝る日本語を思いつかないっ!

 

これ、英語だと、

Place the rice into the cooker. Leave to cook.

なの。

 

全然センスないー、日本語見習ってほしい。

 

ということで、マレーシアでのお米に迷ったら、激しくSAKURAをオススメします!

味じゃなく!

 

【マレーシアで和食を!シリーズ】

ガーニーGホテル『味楽(MIRAKU)』のランチビュッフェで刺身と寿司の充電完了!

【ペナンスーパー】輸入系ノンハラール『Cold Storage』に行けば自炊には困らない!

【ガーニーエリア市場】豚肉の塊が買える『Pulau Tikus Wet Market』!超熟年夫婦のたまご屋さんも!

 

目次で他の旅記事を探してみる!

 

 

『週刊たびなすび』

↓一週間分の更新情報+αをお届け!

 - アジア, マレーシア, 妻:ちか