【ドンムアン空港ラウンジ】できたてホヤホヤ『Coral』で飛行機見放題!ただちょっと暑い…

      2017/07/05

こんにちは!たびなすびのちかです。

タイへのビザランを終え、ペナンへと戻ります!

待ち遠しかったこの日っ!!

 

いやいや…タイも楽しかったです。

学生のころはタイにハマっちゃって、楽園かと思ったこともあるくらい…。

なのに、タイにいながらペナンに早く帰りたくなっちゃうなんてっ!信じられないっ!

 

多分ペナンで家を奮発しているからでしょうね、チェンマイもバンコクも今までのバックパッカー旅に比べれば格段にいい宿に泊まっているはずなのに、

 

狭い…。

古い…。

I miss 家…。

 

やはり衣食住の食ばかりを優先してきましたが、『住』も大切だと気づいた、そんな貴重なタイ旅行でした!

(ちなみに『衣』の比重はほぼゼロ)

ついにうっかりが移った夫

Priority_pass

Photography by YOSHI

「あ、やベっ!!」

 

遡ること2週間前、ペナンを経つ日のこと。

私の常套句を夫が発した…。

 

私「珍しく若干焦り気味のよし(夫)!」

夫「くあ〜、やべ…」

私「貴重っ!で、何がやばいの。」

夫「プライオリティパス持ってくんの忘れた!!」

私「マジ!?超やばいじゃん!」

説明しよう!

『プライオリティパス』とは空港のラウンジが使い放題になるカードのことである。

全てのラウンジというわけではないが、大きな空港にはほぼプライオリティパス使用可のラウンジが存在。

私達の場合、楽天プレミアムカード(年会費1万円)の付帯で作ったんだけど、一回2000〜3000円くらいの利用料が無料になるから、年間3往復すればほぼもとが取れる計算。

庶民でもやたら飛行機に乗る人にはオトクなカードなのである。

待ち時間にソファ&ドリンク&軽食を一度やってしまったら、もう、戻れない…昔の私には…。

楽天プレミアムカード
参照記事

>>楽天プレミアムカードを申し込む!フリーランスでも審査に合格したよ

そんな万能カードを忘れてくるとは何たる失態っ!

今回は、

ペナン

KL

チェンマイ

バンコク

ペナン

4回も使えるのにーーー!

そして5秒後…。

 

「ま、いっか。」

 

出たっ!

夫お得意の冷静沈着執着心なしスタイル…。

 

心のなかで

(マジかよ!忘れるとかありえないんだけどー。私一人でラウンジ行っちゃおっかな!でもそれってちょっと心がズキン…)

とグルグル考えて口にしようと思いましたが、

 

「まあ、今回はしょうがないよ!」

 

と明るく気にしない夫スタイルを取った私、成長したなっ!

なぜなら私には前科が100犯くらいあって一度も夫に責められてないから…。1犯くらい許す…。

ドンムアン空港に期待しないスタイル

なぜ私が広い心で対応できたかというと、今回は

 

ドンムアン空港利用だから!

 

タイの一番大きな空港は、スワンナプーム空港で新しく広い。

ドンムアン空港はその空港ができる前の古い空港なのです。

私達アラフォーにとっては、学生時代に利用した思い出深い空港ですが、長年羽田がそうであったように老朽化が激しく、エアコンすらも効かないんじゃないの、と思うような物件。

こんな古い空港のラウンジなんて期待できないしいいや…。

そう思ってたんだけど、最終日、

 

4時間前に着いちゃった 。

空港に…。

 

バンコクの渋滞はひどいことで有名で、しかも私たちの移動時間はほぼ通勤時間と丸かぶり。

1時間弱で行けるところも、もしかすると二倍以上の時間を取られるかもしれません。

念のためかなり早めに出発したら、スッと着いたよね…。

※とはいえ、早めの行動が安心です!

夫のセレブ発言!

「こんなに早く着いちゃって持て余すよ…」

 

最近のドンムアン空港は国内線のほかに、国際線LCC専用ターミナルになっているようで、かなりの人出。

どこもかしこも混み合っているので、席を確保するにも一苦労しそうです。

 

夫「しょうがない、ラウンジ行こう。」

私「えっ。」

夫「?」

私「『?』じゃないよ、プライオリティパスないじゃん。」

夫「まあ、

 

俺の分は払えばいいよ。」

 

私「えええっ!!セレブっ!!」

※私たちはセレブではありません。(みんな知ってる)

 

数年前までバックパッカー旅人だった彼が、今やこんな発言をするほど人が変わってしまった…。

一度ラウンジを使ってしまうと、快適さゆえに一回数千円も惜しくなくなる模様。

 

まあ私はカードを持っているので大賛成だけどさ!

できたてホヤホヤラウンジ『Coral(コーラル)』

donmuang_coral

Photography by YOSHI

出入国審査を終えるとすぐ目の前に現れるのが、私達が今回使用したラウンジ、

 

『Coral(コーラル)』

 

最近できたばかりのようで、昭和感満載のドンムアン空港らしからぬピカピカの内装。

まず私がプライオリティパスを出し、入室OK。

続いて夫ですが、

「プライオリティパス、家に忘れちゃった。えへへ。」

と告げると、

 

「オッケー。どうぞ。」

 

え。

 

「サンキュー」とかいって、ちゃっかり入室した夫。

「えええ、彼オッケーなの?」

と一応聞きましたが、うん、と言われ、ラウンジへと案内されました。

 

超ラッキー!

 

持ってるけど忘れたならオッケーなのか、一人が持ってるからいいのか、はたまたオープニングのサービスなのかはわかりませんが、カードなくても夫は入れました。

詳しく聞きすぎて取り消されるのも嫌なので、フワッとした許可ながらもそのまま入室…。

目の前が滑走路!

donmuang_coral

Photography by YOSHI

入ったときには、お客さんが私達だけ!!

後から2〜3人入ってきましたが、100席ほどはありそうな室内でスタッフが5〜6人いるので至れり尽くせり。

donmuang_coral

Photography by YOSHI

食べ物はホットミールが数種類、パン、スイーツなど軽食。

ドリンクは大概のソフトドリンクと、ビールもあったよ!朝だから自重したけど…。

コーヒーはバリスタが入れてくれて、テーブルまで持ってきてくれる。

なぜならスタッフが余ってるから…。

 

また、

「15分の無料マッサージサービスのあるので、是非!」

とのこと。

私たちは前日の夜に2時間のマッサージを受けたばっかりだったのでしませんでしたけど、いいですねー、そのサービス。

donmuang_coral

Photography by YOSHI

テーブルはソファ席とコンセント付きカウンターがあり、かなりの席数。

ただ、できたてだからなのか全ての椅子が固めだったな。文句はないけど、座りやすーい!って感じではない。

 

建物から出っ張ってるからか、全面が窓になってて直ぐにゲート、奥に滑走路があって間近で見られるので飛行機好きにはたまらないかも!

タイのLCC『Nok Air(ノックエア)』は飛行機が鳥になってて顔が可愛いので、ノックエア機体コレクションを見るのも楽しかった!(それぞれ色とか模様が違う)

ただ…ちょっと暑いんだけど…

これだけ見ると、完璧に近いこのラウンジなんですが、なんか、

 

暑い…

 

なんでよっ!

電車とかショッピングモールとか凍えそうなほど寒くしてるくせに、なんで空港のラウンジだけ、暑いの…。

冷やすのが国を挙げてサービスなら、ラウンジとかイチ段階寒くて凍えるかと覚悟してたのに…。

 

滑走路からの日当たりもめちゃくちゃいいので、どんどん室内温度は上がっていき、滞在が2時間になろうとしたころには、

 

汗ばむ陽気!

東南アジアの室内ではありえない。

 

ということで、まだ搭乗時刻まではちょっとありましたが、出ました。

夫の額に汗が滲みまくってたので…。

 

もしかしてリノベしてオープンしたばかりなので、空調システムが上手く機能していない可能性もありますね!

タイではありえない室内温度だったので、多分時間が経過すれば直るでしょう。

 

キレイで眺めも良いラウンジ、次はカード忘れても入れるかわかんないので、是非カードは忘れずに!

 

↓詳細の確認は公式サイトからどうぞ

楽天プレミアムカード

 

【いろんな空港ラウンジレポート!】

ペナン空港の国内線ラウンジは手荷物検査後すぐ目の前!シャワーも浴びられるよ!

関空に早めについたらラウンジ『比叡』で休憩!楽天プレミアムカードで入室OK!

成田空港ターミナル1でプライオリティパス使用可はカルラウンジだけだったよ!

釜山金海空港に新ラウンジ『SKY HUB』オープン!滑走路見ながらビュッフェだよ

深夜は居眠り客で大混雑!ドバイ国際空港『マルハバラウンジ』をはしごしてみた

 

目次で他の旅記事を探してみる!

ウラたびなすび

***********

『ウラたびなすび』始めました

***********

スマホアドセンス




 - アジア, タイ, 妻:ちか