ペナンはリゾートじゃない!都市型観光だ!と思って来たほうがいいよ…

      2017/05/09

こんにちは!たびなすびのちかです。

エアアジアを利用するようになり、どこへ行くにもまずクアラルンプールで乗り換えることが多くなりました。

ダイビングのライセンスを持っているため、潜れるお手軽な場所もマレーシアにはたくさんあるのも魅力。

diving

Photography by yOsHi

ランカウイ島、ティオマン島、コタキナバル、プルフンティアン島…と素敵なリゾートアイランドでダイビングを体験し、すっかりマレーシアに魅了されたんですが…

 

私達が住みたい!と思ったのは、ペナン島。

georgetown

Photography by yOsHi

その理由は、

 

リゾートじゃなくて都市だから!

これに尽きる!

ペナン島にリゾートを求めちゃだめ!

日本のまとめサイトやテレビ番組で、ペナン観光情報を見かけることがあるんですが、

 

超違和感!!

 

「綺麗なビーチを堪能!」

とか、

「都会の喧騒から離れて常夏のリゾートを満喫!」

とか、

「マレーシア屈指のリゾートアイランド!」

とか、

 

とっても魅力的な文言が散りばめられていますが、

 

私はペナンのビーチで泳ぐのは気が進まない。

ペナンの海は、日本の本州のビーチくらいの色だよ。

ペナン屈指のビーチ『バトゥフェリンギ』の実態

”ペナン島北部の『バトゥフェリンギ』ってところが素敵なビーチよ!”

とこの前友達のガイドブックに書いてあったのを見ましたが、本当に変な期待を持たせないでおくれ!

 

数回訪れたそのビーチで海に入っていたのは地元のファミリーか、2〜3人の観光客のみ。

あとは、バナナボートとパラセーリングのキャッチが歩いているだけ。

 

でもね!

このビーチ沿いにはホテルが立ち並んでいるので、リゾート目的の観光客はいるんです。

じゃあ、彼らは何を満喫しているのか。

 

みんな、

 

プールでビーチを見ながらダラダラする。

プールがきれいで快適だからね…。

 

プールにはそりゃたくさんの観光客がビーチチェアで寝っ転がっていますが、目の前にあるビーチにこれだけ人が少ないのはなぜか。

やっぱり海がきれいじゃないからでしょうね…。

ペナンの中心ジョージタウンは都市

Chulia_Court

Photography by yOsHi

ペナン島はとっても魅力的なところなので、誤解を招くような”リゾート推し”はしないでいただきたい!

 

ペナン観光の魅力は、何といっても世界遺産の街、ジョージタウン。

200年以上前に海峡貿易の拠点として経済発展した街で、当時の面影を今も残す情緒あふれる街並みが素敵。

世界遺産登録後は、芸術にも力を入れ、街角アートと呼ばれる壁画やギャラリー、建物を上手くリノベーションしたカフェやレストランもたくさんあります。

Georgetownwines

Photography by yOsHi

ペナン島は島内に70万人の人が住み、中心部のジョージタウンに半分以上の40万人が住んでいます。

ここが、ペナンの”推し”なので、

 

ペナンは都市型アイランドなんです!

 

だから、ジョージタウンに宿をとって観光するのが一番おすすめですが、そうした場合、

「あれ?ペナンってリゾートなんじゃないの?めっちゃごちゃごちゃしてるんだけど…」

と頭がはてなマークになっちゃったら心配…。

リゾートには住めない、都市がいい!

マレーシアには海がめちゃくちゃ綺麗で、本格的なリゾートはたくさんあります。

海が大好きなのに、なんで私達がペナンを選んだかというと、

 

都市だからです。

 

リゾートって、

都会の喧騒から離れて、心も体もリラックス。

たまにはいつも食べないエスニック料理に舌鼓を打ち、自然に囲まれながらリフレッシュ。

気持ちがリセットされたら現実へ再出発…

 

こんな感じですね。

 

でもこれが、現実の生活になった場合、

都会がないから、車買わなきゃ。無理ならバイクでもいいから足は必要。

和食なんて手にはいらないから、現地のものでなんとかしなきゃ。自然に囲まれてるから虫も出放題だわ!

現実がここだからずーーっと海とジャングルと私…。

 

こうなるわけ。

 

無理!!!

私にはね…。

 

現実の生活が便利な場所にあってこそのリゾートの魅力です。

実際に生活する場所は、住み慣れた都市部がいいな、と思いました。

遊びに来てくれる人とのギャップを埋めたい

現代人がリゾートに求めるのは上記のような”自然の中でのリラックス”。

そんな気持ちでペナンに降り立ってしまうと、ジョージタウンのゴチャゴチャ感には違和感を感じてしまうかも…。

日本やその他の先進国、またアジアの首都のような忙しさはないので、十分にのんびりした雰囲気を味わえるとは思いますが、

 

ブルーな海は見られないし、

 

シュノーケルもダイビングもここではできないからね!

※船で3時間ほど行けば、ランカウイ島近郊のスポットはあるけど超きれいではない。

 

ペナン島に来る際は、

 

世界遺産のジョージタウンの街並み、

美味しいB級グルメ、

ペナンの人たちののんびり優しい笑顔、

 

を楽しみに来てください!

 

【ペナン観光必須事項!シリーズ】

ペナンのバス乗り放題!『rapid Penang PASSPORT』で小銭の心配なし!

ペナンで配車アプリ『Grab』を使ってみたよ!スマホの押し間違いには要注意!

マレーシアのスマホ代は一ヶ月800円(2GB)だった!なかなか減らないデータの不思議…

マレーシアの気候に慣れるまではエアコンに注意!絶対携帯羽織るもの!

日中は誰も外に出ない!?ペナンでの必須アイテムは帽子とサングラス!

 

目次で他の旅記事を探してみる!

 

ウラたびなすび

***********

『ウラたびなすび』始めました

***********

スマホアドセンス




 - アジア, マレーシア, 妻:ちか