【ペナンでブランチ】最強『エッグ・ベネディクト』を堪能!夕方までお腹いっぱい

   

こんにちは!たびなすびのちかです。

ペナン生活で知り合いも大分増え、移住者同士情報交換をする毎日。

移住情報をよく教えてくれるのが、夫の元同僚でもあるアメリカ人のポール。

ポールはペナンに移り住んで約1年になるので、家の探し方から交通、ネットの選び方に現地の人との交渉の仕方など、色々相談に載ってくれたとってもありがたい存在。

彼のガールフレンドは韓国人で、私と仲良しになり、夫婦ともども大変お世話になっています。

幼少期の食生活が違うと美味しさを共有できない

そんなポールが教えてくれるのは、生活インフラだけではありません。

オススメのレストランなんかも教えてくれます。

 

なのに一度も足を運んだことがない。

 

会う度に「ここのパスタは最高」とか、「ブランチならあそこに行くべき!」とか言われてるのに、

分かれたとたんに一瞬で脳の奥深くにしまい込まれるポールのグルメ情報。

 

別に夫婦で示し合わせてなかったことにしているわけではなく、本当に二人ですぐに忘れちゃうんですよね。

たぶんね…その理由は…

 

アメリカ人だからかもしれない。

 

ほんっと、勝手な思い込みだけどね!

アメリカ人におすすめグルメを教えられても、

 

イマイチ好みが違う気がするのよね…。

チーズ!ベーコン!バター!が正義的な…(偏見です)

 

実は私が台湾に住んでいた時、好みの差を思い知らされました。

なんかね、台湾人に大人気のお店に行くと、

 

ものすごく甘くて塩味が足りなかったことが多々。

 

でも台湾の人は「ハオチーハオチー」と食べてたので言い出せなかったんですが、同じく台湾在住の日本人に聞くと理解してもらえました。

この時、育ってきた食べ物の違いってものすごく大きいのかも!と思ったんだ…。

韓国ではあまりそれは感じなかったのですが、逆に韓国人には日本でおすすめした食べ物がしょっぱいとか、脂っこいと言われたこともありました。

キムチ食べててしょっぱいとか!とも思いましたが、違うしょっぱさらしいです。

 

で、ここに来てアメリカでしょ。

いやいや…ちょっと違うと思うよ…と口には出さねど感じていたため、ポールのおすすめレストランは長らくウチで話題になることはありませんでした。

ポールおすすめ『Secawan Hutton』に行ってみた

ある日、朝食の時間をとっくに過ぎて起床したため、久々にブランチをしに行くことに。

その時ふと、前日ポールが力説していた『エッグ・ベネディクト』が脳裏をよぎった…。

私「ねえ、あんなに勧められてたし、一応行ってみる?」

夫「まあ…話の種に行ってみっか!」

私「他に行きたい店も思いつかないしね!」

 

ということで、超期待薄ながらも一路ポールオススメ店へ。

 

やってきたのはここ!

『Secawan Hutton』

Facebook

ジョージタウンの中心からちょっと離れたところにある新しいお店が並ぶエリア、『NAGOREストリート』にあるカフェ。

見た目はそれこそよくあるオシャレカフェです。

ペナンでは、全てを回るには年単位で時間がかかりそうなほどカフェが乱立しており、その殆どは世界遺産であるジョージタウンの昔ながらの建物をうまく使いリノベーションしたニューモダンインテリアが主流。

このカフェもそんな感じで、オシャレではあるものの、よくあるペナンのカフェといった雰囲気。

 

平日の午前にも関わらず、8割方席は埋まってました。

 

ポールの言うとおり、エッグ・ベネディクトを注文。

メニュー名は、

・ミスターベネディクト(MR BENEDICT)

・ジュニアベン(JUNIOR BEN)

実はスモークサーモン系のを一つ頼もうと思ったのですが、売り切れ。

オススメを聞いたら、ジュニアベンというので、それにしました。

ジュニアベンは小さいから、大きいサイズが良いということで、その通りに注文。

初『エッグ・ベネディクト』のフォルムに驚愕!

ここまでしれっと『エッグ・ベネディクト』と書いていますが、

 

食べたことないの、今まで。

だから未知…。

 

ポールが賢明に

「ポーチドエッグが上に乗ってて…」

とか言ってたんだけど、

 

そもそもポーチドエッグも知らない。

そして興味もなく話を右から左へと聞き流していた…。

 

だから注文しても対して何も考えずにスマホをポチポチいじってたわけ。

そして数分後、目の前に現れたエッグ・ベネディクトが…

 

Secawan_Hutton

Photography by yOsHi

 

なんじゃこりゃー!

驚いた。

 

知ってる人には「は?無知すぎ」ってことなんですが、全く予備知識なくエッグ・ベネディクトと対面した私達はビックリ仰天!

何か、

 

白いまんじゅう的なものが2つ…

その上にクリーミーなソースがふんだんにかけられ…

まんじゅうのしたにベーコンがわさわさ敷かれてる…

 

まんじゅうって、卵なのはさすがにわかってますけど、どう見てもまんまるでソースがキレイにかかってるからそう見えちゃう!

もう一つの『ジュニアベン』もほぼ同じで、ベーコンがカリカリかスモークかの差。

 

テーブルに4つの丸い物体が揃う…。

 

うまそう!!!

まるでグルメ番組のような卵入刀

eggbenedict

Photography by yOsHi

 

「じゃあ、切ります…ポーチドエッグ…」

 

夫がナイフでエッグを切る…

 

トローーーリ…

溢れ出す黄身!!

 

私「まさにグルメ番組の切り口!!」

 

これ、エッグ・ベネディクトあるあるなの…?

 

口に入れると、あの上にかかってるはチーズソースだった!

 

チーズソース&半熟卵&カリカリベーコン&パン

 

まずいわけがない。

 

ポールに全力で謝りたい。

ニューヨーク発祥らしいよ

ほんとに美味しかったー。

ハマリそうエッグ・ベネディクトー。

 

諸説あるようですが、一説によると、エッグ・ベネディクトは1900年代初頭にニューヨークで発祥したらしいです。

ポールはニューヨーク近郊のコネチカット出身。

故郷の味だったかー!

そんなポールがオススメするんですから、信憑性ありましたね。

 

エッグ・ベネディクトもポーチドエッグすら知らなかったでの、ほぼ聞き流していた私達ですが、反省しました。

ここをおすすめしてくれたポールは信用できます!

これからはポールおすすめグルメには素直に耳を傾けようと心に誓ったのであった…。

 

【ペナンで美味しいもの食べた!シリーズ】

ガーニーGホテル『味楽(MIRAKU)』のランチビュッフェで刺身と寿司の充電完了!

ペナンの有名エッグタルト屋さん『名香泰』の脇役メニューが超おいしい!

ジョージタウンのインド風絶品スープ店『Soup Hameed』!ダシの効いてるカレー味って…

ペナンの激うまスチームボート『呉発成』は庶民派!お鍋は煙突つき、炭火でスープを沸かすよ!

ペナンの海沿いでエビカニを食べまくれ!高級マンションに囲まれる超ローカル店

 

目次で他の旅記事を探してみる!

 

『週刊たびなすび』

↓一週間分の更新情報+αをお届け!

 - アジア, マレーシア, 妻:ちか