ガーニーGホテル『味楽(MIRAKU)』のランチビュッフェで刺身と寿司の充電完了!

      2017/05/04

こんにちは!たびなすびのちかです。

ああ…

 

刺し身が食べたい…

 

通勤もなくなったので、最近は自炊をよくするように。

蕎麦にそうめん、餃子に唐揚げ、たまに食べたくなるキムチや豚焼肉、中国大陸風麻婆豆腐も材料は揃いました。

納豆も買えるし、梅干しも海苔もゲット。

 

だけど!

絶対に家で食べられないのが刺し身。

日に日に募る生魚への思い…。

自分で釣っちゃうか、危険覚悟でトライか

海外だからしょうがない、と割り切って過ごせばいいのでしょうが、とにかく生魚が大好き…。

日本に帰れば刺し身か寿司か牛肉しか食べてませんね、最近は。

ここペナンは南国なので、日本と同じ種類のお魚を求めるのは無理な話ですが、魚はあるので新鮮なら刺し身は食べられるでしょう。

 

…釣ろうかな。

 

コンドミニアムの前が直ぐ海なのでふと頭をよぎりましたが、対岸に見える工業地帯を見ると、ピチピチの魚が釣れるのかな、とちょっと不安に。

目下船釣りのチャンスを狙ってるんですが、まだそんなリッチマンとはお友達になってないので時間がかかりそうですね。

 

…市場の食べちゃおっかな。

 

これ。どう思う…?

朝とれたてを売ってるなら、食べても大丈夫だと思うんだけどな。

 

勇気いるよね。

 

私が市場に行くのは早くても9時過ぎなので、ペナンは日が昇りもう日差しが暑い。

ほぼ外で数時間も台に乗ってた魚だからさ…。

後は自己責任で気持ちの問題ですね。今のところ、まだ心の準備はできてない…。

和食屋で安全に食べればいいんだけどさ

ペナンには和食屋さんがたくさんあるので、そこに食べに行けばいい話なんですけどね!

 

高いの!

 

3人前で7000円とかする!

 

ペナンではそれなりに質は高いんだと思いますが、庶民派としては、

「これで7000円か…。てことは一切れ数百円…。ちゃんと噛まなきゃ…。」

とかみみっちいことになって全然食事を楽しめないのが目に見えるので、現実的ではありません。

 

お気に入りのホテル『Gホテル』のカフェでダラダラしていた時のこと。

 

私「あーあ、どうすれば刺し身が食べられるのかなー」

夫「やっぱ和食屋に行くしかないんじゃないの。ここにもあるらしいから行ってみよっか」

 

ここの1階(実質2階)に和食屋さんがあり、結構有名だとのこと。

入り口の前にメニューがあったのでパラパラめくって「なるほどー」なんて言ってると、

 

「こんなのあった!」

 

と夫が持ってきたチラシが、

 

サタデーランチビュッフェ!!

 

でかでかと刺盛りの写真がチラシを埋め尽くしてる!!

早速その週の土曜日に行った!

Gホテル一階『味楽(MIRAKU)』のビュッフェ

『味楽(MIRAKU)』

公式サイト

ランチビュッフェは毎週土曜日、11:30〜15:00まで。

大人は69リンギット、子ども(12歳まで)は39リンギット。

69リンギットというと、約1800円!

刺盛りの額とホテルランチということを考慮すると、かなりお得といえますね。

 

 

早速入店っ!

 

普段はカウンターとして使ってるエリアに食事が並んでいました。

テーブル席は1〜2卓で区切ってあって、落ち着いた印象。

 

…あったよ、

 

刺し身と寿司がさ!

 

私のお目当てはこれだけ…。

ネタは少ないけど、満足!

寿司、刺し身、天ぷら、鍋系、サラダ、カニ、酢の物、麺類など、結構種類豊富でしたが、詳細は覚えていません。

なぜならほぼ、

 

寿司と刺身しか食べてないから。

 

寿司は、まぐろ、イカ、サーモン、白身魚、エビ、穴子巻き。

刺し身は、サーモン、白身魚二種。

 

これをひたすら食べてた。

あと、カニと、スープ代わりに寄せ鍋。

 

天ぷらとかも焼き魚もありましたけど、どんだけ生魚欲してんだよってくらい徹底してましたね…。

我ながらアッパレ…。

 

酢飯がちょっと利きすぎかな、とも思いましたが概ね満足。

寿司&刺し身のクオリティ的には、

 

韓国のホテルビュッフェの上!

 

なんで突然韓国と比べちゃってんの、とお思いでしょうが、私のビュッフェ経験はほぼ韓国でしかありません。(韓国在住経験10年)

韓国人はビュッフェがとにかく大好きで、いいものがたくさん食べたい時はとにかくビュッフェに行きます。

高級ホテルでもビュッフェはデフォルトであるのですが、超高い!

一人6〜7千円はザラなので、

 

このクオリティで1800円は破格です!

超個人的な見解だけど…。

 

日本と比べちゃったら、青魚はないし、白身もなんだかわかんないし、サーモンばっかだし、と思っちゃうかもしれませんが、そもそも青魚を安価で提供しちゃう海外の都市はあまりないだろうし、ここペナンだから!って脳に言い聞かせればOK!

刺し身&寿司食べたくなったら駆け込める安心感

これ以上食べたら後悔する直前で今回は終了!

後悔ラインを習得したのも、長年の韓国ビュッフェ経験が功を奏しましたね!

 

私「満足…。2000円以下で刺し身と寿司を食べられるなんてうれしすぎ。」

夫「ここで刺し身が食べられるってわかった安心感は半端ないね。」

私「そう!食べられない、って思うと余計食べたくなっちゃうんだよね!」

夫「チョイスがあるのとないのとでは、全然心の持ちようがちがうね。」

私「100%同意」

 

偶然ですが、隣の席は、

 

韓国人グループでした。

 

彼女達は、

 

「こんなに美味しいご飯食べられて幸せ!」

「お寿司も何か違うわね」

「雰囲気も静かでいいわ」

 

と私と全く同じ台詞を言ってた。

 

わかるよ!その気持ち!

 

【ペナン生活でもこんなもの食べたい!シリーズ】

【ペナンでタイ料理】ガーニー裏通り『Chok Dee Thai』は日本人に合うテイスト!

ペナンで老干媽(ラオガンマー)と花椒が買えるのはここ!中国食材『好佳Ok Treat』

ジョージタウンの元馬小屋ワインバー!『Georgetown Wines』で都会的雰囲気のひととき!

【ペナンスーパー】輸入系ノンハラール『Cold Storage』に行けば自炊には困らない!

マレーシアで手に入る材料で手作りキムチ!味に深みはないけど及第点かな

 

目次で他の旅記事を探してみる!

 

『週刊たびなすび』

↓一週間分の更新情報+αをお届け!

 - アジア, マレーシア, 妻:ちか