コムター展望台への玄関口『TOP』の蝋人形がリアルすぎてキモいーー!湧き上がる抵抗感…

      2017/03/27

こんにちは!たびなすびのちかです。

ジョージタウンのカフェで仕事に没頭し、気がついたら午後8時を回っていました。

ジュース一杯でかなり粘ってたので、そのカフェで夕飯まで食べちゃおうかと思ったんですが、なんと

 

「ソーリー…もうクローズなんだ…」

 

って!

いやむしろごめんよーー!こんな長居して空気読めない夫婦でごめんよ…。

集中力があるってこと…。

ペナンが早いのか、韓国が遅いのか

ペナンって結構お店が閉まるのが早いんですよね。

8時過ぎになると大体の食堂は閉まっちゃって、ホーカー(屋台街)とかがちょっとやってる程度。

 

ペナンに来る前には韓国の釜山に10年もの間住んでいたのですが、釜山で8時に店閉めるとか言ったら、

 

「商売やる気あんのか!!ヤー!」

 

ってほとんどの釜山アジョシ(親父)に文句を言われそうな雰囲気だったんですよね…。

(たまに韓国人のパワーを文中に入れたくなる私はまだ韓国依存症)

だから、例えおばちゃんが数人でやってる小さい店も『24時間営業』なんて当たり前で、いつ何時腹が減っても全く困らない状況でした。

あ…だから韓国人っていつも戦闘態勢万全なのか…。

 

でも、日本に帰ったときも結構夜遅くだと食べ物に困ることがありました!

地元のレストランは8時にラストオーダーだったし、ファミレス以外行くとこなかったな(田舎)。

東京だとしても、飲み会で使うような店じゃなかったら結構早かったかも。

 

とすれば!

 

韓国の営業時間が異常なだけか!

パワーの源…。

ペナンでいつも食べられるのはカレー!

私「どこも開いてないねー」

夫「ホーカー行く?」

私「でも連日ホーカーだから変えたいよね」

夫「とすれば…」

私「…?」

夫「インド人街しか…」

私「キャー!」

 

いや、決してインド人街が嫌いではありません。

が!

最近何かにつけてカレーなもんでね、もう飽き飽きなんですよ!!

一ヶ月のインド旅行(5年前)で一生分のインドカレーを食べた気がしてるのもあるしね。

先日妹が来たときにも夜中に煌々と明かりがついていたのは、

 

インド人街のカレー屋さん!

24時間営業だってさ…。

 

「いや、まだ真夜中じゃないしさ、カレーに運命を委ねる前にもうちょっと探させてよ。」

「…まあ、いいけど。」

 

カレー好きの夫は毎日カレーでも問題ないため、腑に落ちないようですが、ここで引き下がるわけには行かん…。

ペナンに来たのにデリーのような生活では困りますからね!

まあ、結局フードコートに入ったわけだけども

カフェがコムター周辺だったのもあり、見つけたのがコムターに入っている『The TOP』。

展望台へ行くエレベーターがあるフロアの総称で、お土産屋さんやら、フードコートが入っています。

長細いフロアで、奥の方に『和食通り』なんてところもあり、たこ焼きやお好み焼き、うどん、お弁当などわかりやすい和食が並んでました!

 

が!

私達が行ったのは午後9時前で、ほとんどが店じまいの準備。

 

「展望台も閉まってるもんねー。そうだよね。」

「ちょっと戻ってさ、どっか入ろうよ。」

 

と入り口方面へ向かいつつやっている店おを探すと、2組ほど食事をしているお店を発見。

一組の家族連れのテーブルのすぐ横で、

 

ガードマンが本気で寝てるけど…。

気にしない。それがマレーシア。

 

私「何時までやってますか?」

店「10時まで」

私「ナイス!じゃあ、ここに入ろう」

 

入り口メニューの下に札があって、それをレジに持っていけば注文とみなされるらしい。

 

夫「じゃあ、カレーライス」

店「フィニッシュ」

夫「じゃあ、チャーハン」

店「フィニッシュ」

夫「じゃあ、チキンライス」

店「フィニッシュ」

 

じゃあ逆に何があるのさ。

 

店「あー、ライスフィニッシュ」

夫「それを早く言おうぜ。」

 

ということで、カレーラクサ(カレーうどんみたいなの)とワンタン麺を注文し席に着きました。

居眠りガードマン、まさかの!

私「てかさー、あのガードマン、いくらなんでも寝過ぎじゃない?」

夫「…え?」

私「よくあんな間近で平気な顔で食事できるよ…」

夫「まさか…」

私「…?」

夫「見て、あのスパイダーマンに、ロナウド…」

私「まさか!!!」

 

夫「そう、あれ、蝋人形ね。」

 

私「リアルすぎ!!キモーーー!!!」

 

正確に言うと、現在はもう蝋でできてないので蝋人形とは言わないかもしれませんが、皆が思い浮かべるあの蝋人形ですよ。

よくテーマパークとかにあって、「どっちが本物かわかんなーい!」っていうやつ。

 

あまりに日常風景に溶け込みすぎて全く気づかなかった。

しかもマレーシアだけにありがちの光景すぎて。

 

有名人でもない単なるおじさんですからね!

モデル誰なんだ…。

わかっちゃいるけど込み上げる抵抗感

夫「これ写真取ろうよ!皆騙されるよ!」

私「そうだね!おもしろそう!」

 

夫「じゃあ、おじさんの鼻に指突っ込んで。」

 

私「えっ…」

夫「早く!チーズ!」

 

近づいておじさんの顔をマジマジと見る…

 

髭の生え具合…

頬のたるみ…

ちょっと老化した肌…

 

リアルすぎて触れんっ!!!

人形じゃない、これは紛れもなくオッサンだ。

 

私「無理…触れない…」

夫「は?人形だから!早く指を鼻の穴に!!」

私「無理!!できない!!」

夫「何で!!」

私「だって知らないオッサンだし!!」

 

抵抗を繰り返した私は、結局壁を乗り越えられなかった…。

オッサンのモデルはあの人だった!

触ったふりして取った写真を妹に送ったら、

 

「何これ!?出川!?」

 

って言われた。

モデル出川だったんか!!

 

じゃあ、次は触れるかも知れない…。

 

女性の皆さん、度胸試しに一度体験してみてくれ!

ちなみに食事の味は至って普通だった!

 

【マレーシア生活に興味津々!シリーズ】

マレーシアの謎!階数が全て揃ってるビルがない!?5階に住んでるけど実質10階だよ

日中は誰も外に出ない!?ペナンでの必須アイテムは帽子とサングラス!

マレーシアはお酒が高い!気軽に晩酌できないのが移住の唯一のデメリット!

マレーシア屋台街のルール!席に座ったら必ずドリンク一杯は注文せよ!

マレーシアに来てから髪がベタつく!それって湿度の問題?それともシャンプー?

 

目次で他の旅記事を探してみる!

筆文字オンライン

**************

今までの筆文字をまとめました

『たびなすび』ショップ

**************

スマホアドセンス




 - アジア, マレーシア, 妻:ちか