外国人として住むならマレーシアは快適!多国籍な空間で居心地最高!

      2017/03/15

こんにちは!たびなすびのちかです。

ペナンに引っ越して約1週間。

 

家の内覧をしたり…

おしゃれなカフェに行ってみたり…

コンドミニアムのプールで泳いだり…

ハンモックで寝たり…

 

まだまだ観光客気分です!

マレーシア人ってそもそも…?

ペナンに来る前は長いこと韓国に住んでいましたが、外国人として感じることは、

・韓国人の国である

・韓国語ができないと生活が非常に不便

・韓国文化が強烈

ということ。

 

当たり前っちゃ当たり前なんですけど。

「韓国」というところを「日本」にも置き換えられますね。

そういう国で外国人として生きると、どうしても目立つこともあるし、同化しないとしんどいことも起こります。

 

しかし!

マレーシアではこの常識が非常識に。

マレーシア人の国である…?

マレー系(イスラム教徒)、中華系、インド系、その他少数民族が共存しており、国籍はマレーシアでも、マレーシア人を一括りにできません。

マレーシア人ってどういう国民性なの?と言われても、一概に言えないのです。

これは日本人や韓国人が圧倒的多数である日本、韓国とは全く異なる点。

だから、外国人がまぎれていても、疎外感が全くありません。

マレー語ができないと生活できない…?

たまにマレー語のみで書類が来たりしてビビりましたが(税関書類)、基本的には英語も併記されています。

マレー系マレーシア人の母語はマレー語。

中華系マレーシア人の母語は先祖の地方の言葉。

例えばペナンには福建出身中華系が多いので福建語、でも家によって客家語とか広東語とかいろいろで、中華系同士で話す時は北京語を話すそう。

だから中華系と行っても北京語が母語というわけでもない。

インド系マレーシア人は南部出身者が多いのでタミル語が母語の人が多い。

一応母語だからマレーシア出身者はマレー語がわかるみたいですが、あまりマレー人と関わらない仕事をしている中華系は「マレー語苦手ー」と言ってました。

いろいろ民族がミックスした場合は英語で話している場面も結構見かけます。

人を見て使い分けるのが染み付いてる感じ。

マレーシア文化が強烈…?

…マレーシア文化って何だろう?

マレー系だけに絞ればこんなの、とかありますけど、はっきり一つには絞れません。

中華系のお寺もあれば、ヒンドゥー教の寺院やイスラム教のモスクもあります。

それぞれの宗教の戒律が違いすぎるので、異民族間の結婚はあまり多くない印象ですが、それでもうまく共存している感じです。

 

もちろん、その国にはその国の問題もあるのでしょうが、それはどこに行っても同じこと。

パーフェクトな国なんてないでしょうから。

 

ただ、長年外国に住んでいるので、外国人として住む際の居心地というものに敏感になりました。

特に韓国では韓国人じゃない、韓国語が下手、韓国文化に理解を示さないとなかなか疎外感を感じる部分も多かったです。(もちろんそれ故に興味深い体験もたくさんありました!)

しかしマレーシアにはそういう、外国人!!!!という圧力というか、異質感を感じる視線が全くない。

外国人として生活するにはこれ以上のメリットはないのではないでしょうか。

移住者と外国人労働者の多さ

移住者は暮らしを重視しているのに対して、労働目的に来ている外国人はお金を稼ぐことが目的。

それぞれ外国人として暮らすものの、立場は違います。

しかし、この二種類の目的においてもマレーシアは魅力的な国なので、年々外国人の居住者は増えている模様。

 

ペナンのコンドミニアムに滞在して一週間が経ちましたが、

・部屋のオーナーはニュージーランド人

・オーナーの奥さんはインド系マレーシア人

・同じコンドミニアムに住む夫の元同僚はアメリカ人

・その彼女は韓国人

・隣の部屋は中国人

・プールで井戸端会議してたママたちはドイツ人

・ビーチチェアで日光浴をしながら、にこやかに話しかけてきたのはイタリア人

・Grab(配車アプリ)の運転手は、中華系2回、インド系1回、マレー系1回

・コンドミニアムのセキュリティはネパール人

・内覧に行った先の住人はインド系ドイツ人

「隣の部屋、外国人なんだって…」という噂話とか、ここでは

 

絶対にない。

だって全員そうだから。

 

他にも色んな人に会いましたが、そういえばまだ、

 

同じ国籍のカップルに一度も会ってない。

私達だけ!

 

この状況に合う合わない、は性格によってあるかもしれませんが、少なくとも私には、

 

超快適空間です!

 

日本人にも「ハロー!」とか言っちゃって苦笑いされた!

外見じゃ全然わからないー。

 

【ペナンの雰囲気を書いてみたよ!シリーズ】

ペナンへ移住する際の衣食住について考えてみた!超日本的志向じゃなければ無問題

ペナンで刺激がほしいなら海沿いホーカー(屋台街)へ!次々と巻き起こる珍事件

ペナンでコンドミニアムを内覧!直接行くのが一番手っ取り早いよ!

 

【ペナン生活情報初級編!シリーズ】

ペナンで出前アプリ『フードパンダ』を注文!家に『鼎泰豊』の小籠包が届いたよ!

【ペナン移住】EMSの荷物が届かない!?バタワースの税関に直接取りに行ったよ!

マレーシアSIMは『HOTLINK』がオススメ!サービスで容量が2倍に!

 

目次で他の旅記事を探してみる!

『週刊たびなすび』

↓一週間分の更新情報+αをお届け!

 - アジア, マレーシア, 妻:ちか