釜山でレンタルスペース『modumoim』を利用してみた!絶対迷わない立地がグッド!

      2017/02/23

こんにちは!たびなすびのちかです。

先日の『たびなすびトークイベントin釜山』開催に際して、10名ほどが入る会場をいろいろ探しました。

韓国ではカフェが非常に多いのですが、最近は多様化してきており、「団体用の部屋」を予約制で貸し出している店舗もちらほら。

最初は飲み物も美味しいし、そういう場所でカジュアルにやろうかとも思ったのですが、

 

・スクリーンがないので、パソコン画面が写せない

・5〜6人を想定している部屋が多い

・音漏れする

・外から丸見え

 

とちょっと心配な点もあったので、もともとイベントやセミナーを想定した場所を探すことにしました!

最近増えている釜山のレンタルスペース

まず、ソミョンにあるコワーキングスペースに行ってみました。

参照:釜山コワーキングスペース『NIXGON SPACE』でノマド!説明が長い読書室だった

ホームページに会議室の写真があったので、使用できるか聞いたところ、

 

「潰してカフェ兼睡眠室にしたわ」

 

と言われちゃった…。

韓国ではまだまだコワーキングスペースが一般に認知されていません。

勉強専用部屋の「読書室」とつくりがよく似ていることと、それにしてはめちゃくちゃキレイなことで、受験生が殺到し、

 

会議室なんていらなくなっちゃったんだって。

それより食事できる場所を作ってくれとの要望が殺到。

 

当てが外れた私達はそこのスタッフに事情を説明し、どこかいいところはないか、と聞いたところ、

・the moim(더모임)

・ハイテン(하이텐)

の二つを紹介されました。

ソミョン(西面)のレンタルスペース

the moim(더모임)

公式サイト

・場所:ソミョン駅から徒歩5分

・2人部屋〜25人部屋までスペースの大きさは豊富

・2時間3000ウォン(一人料金、2名以上の場合)

ハイテン(하이텐)

公式サイト

・場所:ソミョン駅から徒歩5分

・2人部屋から30人部屋まで10部屋以上ある

・2時間3000ウォン(平日午前は2000ウォン、一人料金)

上記の二つを選ばなかった理由

値段もお手頃だし、人数に合わせられることは良かったのですが、今回のイベントでは利用しませんでした。

理由は主に、

・雑居ビルに入っているので、日本から来た参加者が見つけるのが難しい

・車で来られない(提携駐車場はあるが、混雑して停めにくい)

ということ。

特に一つ目は大きな理由で、ソミョンは結構ごちゃごちゃしているので私でも結構迷います。

ハングルが読めればなんとかなりますが、読めなければ結構探すのにストレスがかかりそう。

遠くから足を運んで参加してもらうイベントには致命的ですね。

釜山の地理がわかっていれば、ここも十分いいスペースだと思います!

誰も迷わない立地のレンタルスペース発見!

「超わかりやすい場所があった!」

と夜な夜なレンタルスペースを探していた夫。

 

私「どこ?」

夫「センタムシティ駅前にホームプラスあるじゃん。」

※ホームプラス:大型スーパー、イオンみたいな。

私「あるね」

夫「そこ」

私「そこのそば?」

夫「そばじゃなくて、そこ」

私「?」

 

夫「ホームプラスの中。3階。」

 

私「おおおおおおお!!」

夫「ホームプラスの駐車場に車も停められる。」

私「超わかりやすい!!」

 

なんということでしょう!

ホームプラスは超大きなスーパーで、でかでかと「HomePlus」という看板までつけてますから迷うことはありません。

センタムシティ周辺釜山の新都心で、大きなビルしか無いのでわかりやすいのです。

駅を出ればシンセゲデパート、ロッテデパート、そしてホームプラスしかありませんからね!

ではでは早速下見に行ってみましょう。

センタム駅前レンタルスペース「modumoim(모두모임)」

公式サイト

場所

グーグルマップ

センタムシティ駅前「ホームプラス」3階
地下鉄2号線「センタムシティ(센텀시티)」駅2番出口を出ると、左手に青と白の大型スーパーが見えます。それがホームプラスです。

設備

1人用から、2〜4人用、6〜8人用、15人まで入れる講義室がありました。
8人用でもいいかな、と思ったのですが、横並びなので横を向いて話を聞かなければならず、イベント中に首が痛くなりそう!
講義室は前向きの席なので、話が聞きやすそうです。

また、講義室は備え付けのプロジェクターですが、それ以外は持ち運び式のものを借りることができます。(有料)

私達は人数に余裕をもって、講義室を借りることにしました。

サービス

簡単な無料ドリンクがあり、利用時間中なら何度でも飲むことができます。
ドリップコーヒー、ジュース、お茶など。

料金

・2時間5000ウォン(一人当たりの料金)
※但し講義室は13人が最低人数として計算されます。

・プロジェクターなどのOA機器貸出、2時間5000ウォン

・駐車券あり

使った感想

今回は2時間(イベント)+1時間(準備時間)の合計3時間利用しました。

まず、下見の段階で部屋を決め、予約を入れました。

当日は受付のモニターに教室番号と代表者の氏名がに表示されます。

私達は「tabinasubi」と表示してくれるようにお願いしました。

 

午後2〜4時までの2時間がイベントでしたが、1時に私と夫が到着。

準備時間の1時間は私と夫の二人分料金で計算してくれました。

定員より少ないくらいがちょうどよい

講義室は3席+2席が四列の20席なのですが、席と席の感覚が非常に狭いので、びっちり20人入ったらギュウギュウで居心地は悪いと思います。

一列目を私達の機材置き場にして、余裕をもって座ってもらうようにしました。

15席分に10人の参加者に座ってもらいましたが、ちょうどよい感じでした。

血迷って8人部屋にしなくてよかった!と心から思いました!

時間をきっちり守るのが難しい

イベントは4時までで、終了後に写真をとったりお話していたら当然時間オーバーしてしまいました。

しかし、ここは韓国。

それくらいはいいよ〜、という感じで全く問題ありませんでした。

日本だったらきっちり何分オーバーですね!とか言われそう…。

午後2時開始ですから、当然みんな2時前に来るわけだし…。

ただ、予約がギュウギュウだったら、時間まで入れませんし早く出なければなりませんね。

まとめ

すごく使い勝手が良かったです。

イベントはもちろん、会社関係でない集まりの打ち合わせなんかにも便利そうです。

また、家庭教師なんかもここでやるといいかも。

カフェとかだとダラダラ時間がオーバーしてしまうので、時間制限があるのも魅力。

飲み物はあるし、集中してやるべきことができそうです。

 

少人数でもイベント感が出せてよかったです。

日本からいらっしゃった方も迷わず来られたので、見つけやすい立地もグッド。

使い道は無限にありそうなので、これからこういう施設が爆発的に増えそうな予感!

 

【釜山でノマドしてみたよ!シリーズ】

南浦洞のお茶カフェ『OSULLOC(オソロッ)』でノマドしよう!電源大量!

松亭(ソンジョン)でサーファーが大発生!流行りがわかり易すぎる韓国

釜山コワーキングスペース『NIXGON SPACE』でノマド!説明が長い読書室だった

 

Wi-Fiが最速なのはやっぱりスタバ ⇒ 釜山スタバ特集を見てみる

目次で他の記事を探してみる!

『週刊たびなすび』

↓一週間分の更新情報+αをお届け!

 - アジア, 妻:ちか, 韓国