【台南ノマド】まるで下北!?『roomA』は毎日通っちゃう超オシャレブックカフェ

      2017/01/26

こんにちは!たびなすびのちかです。

すっかり気に入ってしまった台湾の古都、台南。

数日あれば地理も把握でき、かといって不便ではなく必要なものは全て揃う、旅行者としてはちょうどよい規模の街です。

ホテルも安いし、ご飯は美味しいし、漢字表記便利だし、みんな優しいし、

 

もう住んじゃおうかな…。

 

と誘惑してくる、ある意味危険都市なのだ!

台南でも『共同工作空間遊覧』

旅行先でも昼はノマドワークをしなければならない&コワーキングスペースが大好きな我ら夫婦。

趣味である「旅先コワーキングスペース巡り」を兼ね、台南でもレッツゴー!

 

夫がまず見つけたのは、

『Planett』

公式サイト

 

台南駅からバスで15分ほどの場所にあるのですが、途中バスの中で、

 

私「ねえ…」←しかめっ面

夫「嫌な予感」

私「お腹痛い…かも…」

夫「120%そうだと思った。スッスッ(スマホで現在地確認)」

私「さらなる波が…」

夫「あ、この先に三越があるから寄ってく?」

私「是非そう願いたいっ!」

 

お腹の具合がおかしくなった私の訴えにより途中下車したため、すごく回り道して到着!

 

ガラスの扉の向こうで作業している背中が10名ほど見えますね。

「ピンポーン」

インターホンを鳴らすと、若い女性が応対に出てくれました。

 

夫「ニーハオ!ネットで見つけて来てみたんだけど、一日だけ利用することは可能ですか?」

若「あー、ごめんなさい。うちはまずネットで受付して長期契約する人が使用するスペースなんです。」

夫「そうなんですかー、残念!」

若「もしよかったら、見学だけでもしていって!」

 

ということで、ここはドロップイン(一日だけ利用する)はできませんでした。

中もデザイナーやクリエイターがデスクも全て本気モードにカスタマイズして使っており、完全なる事務所!

 

夫「じゃあ、どこか私達みたいな人が利用できるいいところ、知らない?」

若「この近くに『roomA』ってところがあるんだけど、図書館みたいなところで時間制なの。是非行ってみて!」

 

渡りに船!早速行ってみましょう。

超おしゃれ空間ブックカフェ

tainan_rooma_00

Photography by yOsHi

雑居ビルの三階にあるので、階段へと続く入り口に小さな看板が出ています。

ちょっと見つけにくいので、地図のあたりで看板探しをする必要があるかも。

『roomA』

台南市康樂街21號3F(フェイスブック
06 220 9797

お店のドアを開けると…

 

本!雑誌!漫画!

 

本棚で埋め尽くされた店内には読み物がいっぱい!

分野はサブカル系が多いかな、そしてなぜか約半分が日本の本&雑誌…。

tainan_rooma_01

Photography by yOsHi

台湾に来てびっくりするのは、どこもかしこも日本で溢れているということですね。

10年前にちょっと台湾に住んでいたのですが、その時は台北の中心部だからそうなのかと思っていたら、こんな地方都市まで「日本づくし」でビックリします。

しかも…

 

韓国からストレートで来てるもんでさ…。

 

なんかほら、あれじゃん?

ニュースではよく日本とどうこうとか出ますけど、普通の韓国人は別に日本嫌いではありません(どちらかというと日本政府嫌い)。

むしろ日本人といえばとても親切にしてくれます。

 

が!

こんなに全面に日本を押し出すのはやはり憚られる雰囲気も無きにしもあらず。

同じ歴史を持つにも関わらず、180度違う対日姿勢を見ると不思議な気持ちになるものですね…。

 

とはいえ、私は生粋の日本人なので(行動は雑だけど)、日本びいきは嬉しいもの。

意識しているのかはわかりませんが、この『roomA』での時間は、まるで、

 

下北沢でもまだ知られてないおしゃれサブカル発信基地

 

にいるみたいだったわ…。

tainan_rooma_02

Photography by yOsHi

勝手に評価表

【行き方】

台南駅前ロータリーのバスターミナルから、2番,5番,ブルーラインバスで行ける。がどれも下車後10分位は歩かなければならない。台南の人は基本的にスクーターで移動しているので、あまり公共交通が便利ではない。10分位なら近い方だと思う。

【店の雰囲気】

大きなテーブルが2〜3卓と小さな座敷(ちゃぶ台付き)、窓際カウンター席があり、手作り感のある木製家具のセンスがよい。壁際には本や雑誌、漫画が所狭しと並べてある。図書館のように非常に静かで、店員さんが注文を受けるときでさえヒソヒソ声。

【料金】

最初の一時間は60元(最低価格:約180円)、一時間過ぎたら一分1元で計算。300元(約900円)の一日券もあるそう。
コーヒー、お茶(紅茶、中国茶)、レモンジュース、アイスティーなどセルフで準備されているものは料金に含まれている。
その他別料金で、スイーツや凝ったドリンクが注文できる。
4時間弱滞在して、バナナケーキとチーズケーキを別途注文、全部で550元(約1650円:二人分)だった。安い!

【混み具合】

平日午後で七割がた埋まっていたが、とにかくものすごく静かで、一人で来ている人も多かったのですごく居心地がよかった。パソコン作業に飽きたら雑誌とか読めるのもグッド。danchuとかもあるし、旅好きのエッセイとかもあった。青山あたりにあるオシャレ本屋みたい。トイレも超キレイ!

tainan_rooma_03

Photography by yOsHi

Wi-Fiは激速というわけではなかったので、高速ネット環境は必要な人にはあまり向いていないかもしれません。

ノマドワーカーだけじゃなく、観光はちょっと疲れちゃったな…とか、今日は昼時間空いちゃったな…とか、そんなときにも重宝しそうなカフェ。

しかも日本語話者にはたまらない本の種類の多さなので、普段読まない本にここで目を通してみてはいかがでしょうか。

あ!ただ、漫画だけは中国語(繁体字)しかなかったので要注意!

 

【台湾のコワーキング&ネット環境情報!】

【高雄ノマド】親切すぎるスタッフ!本格コワーキングスペース『DAKUO』は美食タウン

【高雄ノマド】3時間までなら飲食代150元のみ!『Fusion One』は木のぬくもり

台湾のプリペイドSIM買ったよ(高雄で)!秒速で装着する店員さんがすごい!

 

【台湾の南部はゆったりまったり!シリーズ】

おっとりした性格の台湾人にツッコまれる!全ては私の行動がアレだからよね…

冬の高雄の服装が難しいと思っている君!5月の自分を思い出すんだ!

高雄最大『六合夜市』は完全に祭の出店!台北より海鮮が多くて歩きやすいね

 

目次で他の記事を探してみる!

筆文字オンライン

**************

今までの筆文字をまとめました

『たびなすび』ショップ

**************

スマホアドセンス




 - アジア, 台湾, 妻:ちか