韓国のオバサンはなぜ銭湯で場所取りするのか!?そこには納得の理由があった!

   

こんにちは!たびなすびのちかです。

日本はお風呂大好き国ですが、実は韓国にも銭湯は山ほどあります。

近所にはかならず昔ながらの銭湯があるし、ちょっと大きな大浴場がある銭湯には、チムジルバンという半袖短パンで入るサウナ部屋や、岩盤欲ができる施設が併設されています。

韓国旅行で人気のあるあかすりは、ここで受けることが可能。

24時間営業しているところも多く、常にお客さんがいるところをみると、韓国人もお風呂好きであることがうかがえます。

家にバスタブが無い!

そんなお風呂好きと推察できる韓国人ですが、なんと家にはバスタブがないのです!

許せない…

外でお風呂入るなら家にも作ってよう!と文句の一言も言いたくなります。

 

実はファミリータイプの場合、デフォルトではバスタブが付いている家が多いのですが、リフォームする際に取っ払ってしまうことがほとんど。

韓国は日本のようにトイレが独立しておらず、ユニットバスのように風呂場と共用なので、狭さを増長するバスタブは不要と捉えるようです。

 

我が家も例に漏れず、築年数=私の年齢のためリフォームが繰り返されており、バスタブなど跡形もなく消え去っています。

マイナス二桁まで下がる韓国の冬。

いくらオンドルがすばらしいとはいえ、寝る前にアツアツのお風呂に入りたいのが人情じゃありませんか!

ということで、週に2~3回は近所の銭湯へと足しげく通っているのであります。

湯船があるのはいいんだけどさ…

韓国では10軒以上の銭湯へ行きました。

入浴料は年々値上がりしており、最近は一回7000ウォン程度(約700円)といったところ。

だいたい回数券や1ヶ月単位の会費があるので、通う可能性の高い銭湯ではそれらを購入したほうがお得でしょう。

 

タオルは貸してくれ、内部には鍵付きの脱衣所があります。

後は日本の銭湯と同じ。シャンプーやリンスなどはありませんから、自分で持っていくか、使いきりタイプを脱衣所で買うことができます。

 

日本人にはお馴染みのシステムで、非常に使い勝手がいいのですが、

ただね…

 

空いてるのにね…

 

シャワーが浴びられない…。

 

 

誰も使っていないシャワーブース(洗い場)。

しかし鏡の前には、

ドデカイ銭湯グッズが入ったカゴや、

洗濯物が入った洗面器などが置かれてあり、

 

「私の場所!誰も使うなよ!」

 

というオーラを放っています。

でもどんどん新しいお客さんが入ってきますから、シャワーが無くて困ります。

 

一度、持ち主(?)がいない洗い場で髪を洗っていたら、

「ちょっと!そこあたしの席なんだけど!」

と怒られました。

 

「席ってお前が買ったんか!!!!」

とでも言ってやりたかったですが、同じステージに立つのも嫌なのでシャンプーがついたまま立ち退きました。

 

一連のやり取りを見ていたやさしい他のオバサンが、

「こっちで一緒に浴びよう。」

と言ってくれ助かりました。捨てる神あれば、拾う神ありです。

が、感謝したのもつかの間、初対面のオバサンと共にシャワーをかけ合ったり、勝手に背中を流されたりというなんともシュールな展開に…。

 

乗り越えられない韓国的パーソナルスペースの激狭文化。

この条件をクリアする銭湯を探せ!

韓国で10年、あらゆる温泉や銭湯に行きましたが、場所取りの行われないところは皆無

それだけがとにかく嫌で、立ちシャワーのあるところ以外には寄り付かないようにしていました。(なぜか立ちシャワーでは場所取りがない)

しかし、認めたくはないけども寄る年波には勝てないのか、年々ひどくなる肩コリに首コリ。

湯船に使ったホッとする感じの病みつき感。

 

場所取りオババを乗り越えてでも通いたい!アイラブ湯船!

 

私は家から歩いて30秒という好立地の銭湯の10回クーポンを購入。

10回までは頑張ってみよう。それでダメなら諦めよう。

そう決意し、通うことにしたのです。

 

通ってみて気づいたのは、超繁華街にあるその銭湯は近所にファミリーが住みにくい事もあって、女性があまり多くないのが特徴。

これは私には好条件です。

徒党を組んだオババが少ないということですからね!

 

また、夕方5〜7時は主婦であるオバサンのゴールデン夕食の支度タイムなので、更に空いているのです。

この条件をクリアすることで、今まで一度も場所取りで満席になったことがありません!

しかもこの銭湯、シャワーブースまであるので、万が一満席になってもシャワーを浴びられないということはありません。

ゴールデン銭湯ここにあり!(評価:私一人)

なぜそんなに洗い場に固執するのか

銭湯に通って早1年。

韓国人がなぜ、あれほどにまで洗い場確保に血眼になるのか、の謎が解けました。

それは、銭湯に来る理由が、

 

アカスリだから!

 

因みに私は、

 

湯船に浸かりたいから。

 

そもそも、根本が違ったわけです。

 

私が髪と身体などを一通り洗い、さて、湯船に入ろうか、と席を立った時、隣の韓国人は片手のアカスリがまだ終わらないほど、時間をかけます。

韓国人が湯船に浸かるのも、身体の表面をアカスリしやすく柔らかくしているのです。(もちろん温まっている人もいるが)

だから、湯船はオマケ、洗い場がメイン。

 

そりゃ重要よね...、洗い場...。

 

それに引き換え、私は最悪洗うのは家でもいい!とにかく湯船に浸かりたいのよ!という湯船メイン。

私より長く、そして何度も湯船に入る韓国人はほぼいませんし、

「あんたまだ入ってんの!?」

と言われることもしばしば。

 

こっちにしてみれば、

「あんたまだこすってんの!?」

ですけどね。

 

一度その理論をオバサン達にぶつけた所、

「アカスリの良さをわかってない!」

無理やりアカスリされそうになったので、その後はこの件に関しては口をつぐんでおります。

 

韓国人が銭湯に行くのはアカスリがしたいから!

そのためには洗い場確保が必要不可欠なのです。

 

湯船メインの私達は、広い心で気持ちよく譲ってあげようではないか!

 

【韓国人ってこんな人たち!シリーズ】

チュソク(秋夕)前日の韓国レポート!嫁達が準備の愚痴で盛り上がる

日本に興味津々韓国人の応援が面白すぎる!会話に気をとられて試合に集中できない

韓国人は電話が大好き!外国人には難しい韓国的通話終了サインを見極めろ!

 

【隣の国でもこんなに違う!ビックリカルチャーシリーズ】

韓国の家電CMは豪華絢爛!そんな宣伝で本当に売れるの!?

韓国で中古車を買ってみた!いい車に当たるかは運しだい!?

直訳したらイラッとする韓国語はコレ!意訳して心を穏やかにしよう

『週刊たびなすび』

↓一週間分の更新情報+αをお届け!

 - アジア, 妻:ちか, 韓国