新婚旅行でカンクン観光!コバ遺跡のピラミッドで号泣する新妻!

      2017/02/06

こんにちは!たびなすびのちかです。

突然ですが、ビルの10階まで階段で登ったことがありますか?

 

手すりなしで。

柵もなしで。

 

しかも、外から。

 

しかもその階段、

 

今にも崩れそう…。

 

普通登ったことなんてないですよね、そして登りたくもないです。

なのに、なのに…。

私は ”新婚旅行” というワードに調子に乗りすぎて、登ってしまいました。

ピラミッドのはしごができる街、カンクン

メキシコはカンクンで、新婚旅行を満喫していた私達。

生贄に胸焼けしましたが、チチェンイッツァ巡りも2時間ほどで終わってしまいました。

Photography by CHIKA

Photography by CHIKA

 

ここまできて2時間ってのもずいぶん短すぎるんじゃない…。

ということで、いろいろなことを教えてくれているガイドブックの『その他の観光名所』というページをペラペラとめくっていました。

すると、そこには『まだ登れる貴重なピラミッド!』という文言が。

目の前のチチェンイッツァのピラミッドは、昔は誰でも登れたようですが、今は禁止。

登って周囲を眺められたらイメージも違うんじゃないか、生贄の気持ちもほんのちょっとは理解できるのではないか、と思うのです。

太古のマヤ人に心をはせるなら、やはりピラミッドに登らなければ。胸焼けしたままでは申し訳ない!

私たちはそのピラミッドを目指すことにしました。

自転車で爆走し、『コバ遺跡』へ!

チチェンイッツァからバスで1時間ちょっと。

ロケーションもばっちりの、

 

コバ遺跡(5-8世紀、マヤ文明)

 

に到着です。近い!

 

チチェンイッツァとは打って変わってローカル風な入り口。

入り口を抜けると、おっさん付きの三輪車と立てかけられた自転車が山ほどあります。

またまたいい商売考えるわね、アミーゴ。でも乗らないわよっ!

 

歩き始めた私たちに、どこからともなく聞こえた会話…

「大ピラミッドまで歩くと往復3時間かかるらしいよ~」

コバ遺跡で自転車

Photography by YOSHI

 

自転車借りました。

(一人300円くらい)

 

旅行中は毎日テクテク歩いているので、自転車に乗ると気分が高まります。

こんなに早く移動できるなんて!

 

「ブンブーン!」

 

自転車にのりながらバイクの擬音を声に出すという、日本では恥ずかしくて考えられないこともしてしまうほどです。

その後自転車でも結構な距離を走り、バイクの擬音も小声になってきた頃、目の前に崩れたビルのような巨大な物体が現れました。

テンションが上がり、階段を駆け上がる

この崩れたビルこそ、

 

コバ遺跡の大ピラミッド!

 

ピラミッドなのに、三角じゃない…。

チチェンイッツァの綺麗な三角形のピラミッドを、

 

雪だるまのように100回くらいゴロゴロ転がして、2回くらい崖から落として設置した感じ。

 

ほぼ崩れかけてます。

ピラミッドの正面に一直線に頂上まで伸びる階段では、たくさんの観光客が頂上を目指していたり、途中で写真を撮ったりしています。

テンションが最高潮になった私は、バイクの真似をしていたことも手伝っていたのでしょう、自転車を降りると一目散に、

 

階段を駆け上がるっ!

 

夫が「急だから気をつけ・・・」と背後で言っていたような気がしましたが、もう誰にも止められません。

一気に頂上目指し、一目散ですっ!

 

一心不乱に登り続けるも、頂上までは道のりが長く、途中で息が切れてしまいました。

 

「ちょっと休憩しよう…」

 

と立ち止まり、姿の見えない夫を探すために振り返ると…

Photography by YOSHI

Photography by YOSHI

 

ひええええ…

 

尋常じゃない高さ…

45度くらいの傾斜…

横はほぼ階段崩壊!

 

参考程度にお話しますと、この大ピラミッドの高さは42メートル、傾斜45度以上、一段の幅約一足分です。

ピタリと止まった足は動くのか?

そのちょうど中腹で止まってしまった私。

階段の中央にはロープがあったのですが、テンションがマックスだった私は混んでいる中央部を避け、端から登ってしまいました。

ちょっとずれたらほぼ崖です。

 

石と化す我が身…。

 

「どうした~、早く行こう~」

 

と呑気な夫。

しかし恐怖に支配された私は一歩も動けません。石ですから。

行くも地獄、帰すも地獄です。

 

私「もう無理、動けない」

夫「えっ…」

私「無理っ。」

夫「…いやいや、もうすぐだから、頑張って。ね。」

 

(ね。じゃないよ!動けないんだから!ってか、何で登っちゃったんだろう…、私のバカ!一体どうすればいいの…)

と考えるや否や、

 

「うえーーーーーん!ごわいよ、がえりだいよーーー!」

 

と周囲もはばからず、自然と号泣してしまったのです。

ぎぇえーーー今考えると恥っ!

mexicocoba2

史上最強に恥ずかしい思い出ナンバーワン決定ですね。

今思い出しても穴があったら入りたいほどです。

 

えええええ…という顔で見つめる夫と、泣き続ける30過ぎの女…。

それでも涙は止まらない。自分を抑えられません。

すると周囲の観光客たちが

 

「大丈夫?」

「あのロープまで一緒に行きましょう」

「私の手をつかんで」

 

と集まってくれるではありませんか。

なんてやさしいひとたちなの…

ありがとうございまずーーーサンキューグラシアスーメルシー…

 

そんなこんなで無事に頂上に到着!!

 

周りが森に囲まれた幻想的な景色もほぼ楽しめず、数人に抱えられながら引きつった顔で記念写真を撮ったのでした。

帰りはロープを死守してそろりそろりと降り、とぼとぼと自転車を漕いで帰りました。

 

皆様、登る前には冷静に深呼吸してくださいね!

 

【新婚旅行でもドタバタ妻!シリーズ】

メキシコ編

【メキシコ:カンクン】チチェンイッツァは心霊写真にご用心

カンクンのディズニーランド!『シェルハ』でビール飲み放題!

カンクンのホテルでオールインクルーシブ体験!東洋からの距離を思い知るのだ

キューバ編

キューバ上陸前から刺激的!クバーナ航空が超おもしろい

キューバの通貨は現地人と外国人観光客で違う!その差なんと24倍!

キューバで世界最強野球リーグ観戦!入場料は5円チョコより安かった!

 

目次で他の旅記事を探してみる!

筆文字オンライン

**************

今までの筆文字をまとめました

『たびなすび』ショップ

**************

スマホアドセンス




 - メキシコ, 中南米, 妻:ちか