チュソク(秋夕)前日の韓国レポート!嫁達が準備の愚痴で盛り上がる

   

こんにちは!たびなすびのちかです。

韓国の二大年中行事の一つであるチュソク(秋夕)が今年もやってまいりました。

日本人夫婦である私達にとっては呑気な連休ですが、韓国人配偶者を持つ同僚(日本人)は、

「このまま永遠に仕事が続けばいいのに…」

と暗い表情でつぶやきながら、足早に帰宅していった後ろ姿を忘れることはできません。

帰宅時のバスの中がいつもと違う

秋夕連休前日ということで、「ビールをたらふく飲むぞ!」と意気揚々と帰りのバスに乗った所、

 

座席の周りに積まれた荷物、荷物、荷物…

 

混み具合はいつもと同じなのに、荷物のせいで通路に立つもつり革や手すりを掴むと前のめりになってしまいます。

バスがチョロQ並の蛇行運転をするここ釜山では、足は肩幅、手でも体重を支えておかないと急ブレーキや急カーブでひとたまりもないので、この姿勢はなかなかキツイのです。

もう少し考えて置けばいいのに!と文句の一つも言いたくなりましたが、荷物の持ち主であるオバサン達は、一様に、

 

遠くの一点を見つめている…

 

おかしい!!

韓国のオバサンは元気で好奇心旺盛!新しい乗客が乗ってきたら舐めまわすようにジロジロ見るんじゃないの!?

何で…

こんなに気が抜けてるの…

 

次のバス停に止まると、新たな荷物大盛りオバサンが乗車。

「アイゴアイゴアイゴ…(よいしょよいしょよいしょ…)」

目ざとく私が掴んでいる手すりを私の手が無いかのように掴むと、

「疲れた…死にそう…疲れた…」

と目の前の床に座り込みました。

 

この時点でもう私がいた場所はオバサンのもの。

何なんだよ!オババ!

文句の一つも言いそうになりましたが、「死にそう」と言われては仕方がない。

私は全く死にそうでもないし、ビールが待っていると思えば逆立ちしても帰れそうなほど元気なのですから。

女同士で助けあおう!

「まあまあ、その荷物、私が膝に乗せてやるよ。」

 

座席にいたオバサンが、「死にそう」なオバサンの荷物を奪うと(本当に奪う感じ)膝にポンと乗せました。

 

「アイゴー、カムサハムニダ。ああ、本当に疲れた。一体私は何回買い出しに行かなきゃならないんだっての。」

「あんた、何買い忘れたんだ。」

「煮干しが足りなくてさ。なのにここの市場ったら、こーんな少ないのに8000ウォン(800円)もするんだよ!」

「そうそう!高いんだよ、煮干し!私もねえ…」

 

チュソクの準備はとても大変です。

茶礼(チャレ)という先祖供養儀式のために、主婦は数十種類の料理を準備しなければなりません。

お餅や天ぷら、煮付けにナムルなど地域によっても違うようですが、それもちょこっとではなく、例えば天ぷら50個、お餅100個など尋常ではない数なのです。

親戚が入れかわり立ちかわり来るそうで、その度にまた一からもてなすので座るヒマもないそう。

 

そうだ…

だからオバサン達遠くの方を見つめてたんだ…

ごめん!オババ!文句言おうとしちゃって!

 

煮干し話に花が咲き始めると、バス中のオバサン達の目が生き生きと。

 

「あんた!あそこで買えばよかったのに!7,000ウォンだったから!」

「あんなとこまで行きたくないよ、死にそうよ!」

「そうよねえ、これから数日、気が重いわーーー」

「うちなんてまだ嫁もいないし大変よーーー」

 

バス中が女の愚痴大会に。

ちょっと気が晴れたらしいオバサンたちは、「がんばろうね!」と挨拶をすると荷物を担いで元気にバスを降りて行きました。

 

頭に浮かぶ同僚の後ろ姿。

バスのオバサン達は彼女の姑世代。

 

週明けは彼女に優しくしてあげよう…。

そう心に誓ったのでした。

 

【ビックリ韓国カルチャー!シリーズ】

お葬式の弔問はこんな遠い関係まで!?合理的な韓国の葬儀場は病院の中

韓国はカード天国!直近一ヶ月で現金を触ったのは、香典代を入れたときだけだったよ

梱包から荷解きまでなんと4時間!韓国の引越しは超スピーディーで超雑なのだ

 

【韓国生活これが便利だよ!シリーズ】

韓国でタクシーに乗るなら『カカオタクシー』アプリが便利だよ!

外国人でも可能な韓国の自動出入国システム!ラクラクだけど、こんな落とし穴が…

【韓国の薬】口内炎の最強薬『アルボチル』で口の中を焼き尽くせ!

『週刊たびなすび』

↓一週間分の更新情報+αをお届け!

 - アジア, 妻:ちか, 韓国