メガバンクで普通口座を作るのは超面倒くさい!窓口はまるで尋問だった

   

こんにちは!たびなすびのちかです。

最近は日本に帰る回数も多く、一回の期間も長くなっているので、住民票を一旦日本に戻すことにしました。

なぜならば、住民票がないと無保険になってしまうからです。

海外在住者はその国で旅行保険に入っても、母国は適応外になることがほとんど。

国民健康保険料は高いのでちょっと懐が痛いですが、おっちょこちょいな性格としては絶対重要なものですから、仕方がありません。

メガバンクの口座を開設しよう!

今まで私はゆうちょ銀行の口座しか持っていませんでした。

しかし、国民健康保険料の引き落とし口座にゆうちょ銀行は入っていないとのこと。

日本を行ったり来たりしているので、引き落としの方が楽だということは、言うまでもありません。

 

また結婚後の改姓のドタバタもあり、新しく口座を作ったほうが便利だと判断。

(詳細記事 → 海外在住だと銀行口座が凍結!?一向に変更できない旧姓のままの口座名義

この機会にメガバンクの口座を開設しておこうかと、一路銀行の店舗へと向かいました。

口座開設:東京三菱UFJ銀行の場合

久しぶりすぎる銀行店舗訪問。

入り口をくぐり番号札を取ろうとすると、どこからとも無くベテラン年齢の行員が表れ、

 

銀「ご来店ありがとうございます。今日はどういったご用件でしょうか?」

私「あ、新規口座を作ろうと思って。」

銀「こちらに口座をお持ちになるのは初めてでいらっしゃいますか?」

私「はい」

銀「では、こちらにご記入いただきこちらでお待ち下さい。」

 

驚くべきスムーズさで、気がついた時には番号札のついたファイルを持たされ、新規専用窓口前に座っていました。

数分後、番号を呼ばれ窓口に向かいました。

窓口はすべてパーテーションで区切られ、客が一切見えないようになっています。

物々しい…。

担当はアラフィフくらいのベテラン女性行員。

そしてここからゴングが鳴り、戦いが始まるのであった…。

 

窓「いらっしゃいませ。今回は新規の口座開設ということでよろしいでしょうか。」

私「はい。」

窓「当行の口座をお持ちでないことを確認いたしますので、少々お待ち下さい。」

 

ー1〜2分後

窓「お持ちでないようですので、これから開設の手続きをさせていただきます。」

私「はい」

窓「えーと、まずなぜ口座を開設することになさったのか、理由をお聞かせください。」

私「国民健康保険料の引き落としにゆうちょが使えないので。」

窓「お客様はこちらの店舗から距離があるところにお住まいですが、なぜ当行なのでしょうか。

私「は?ダメなんですか?」

※実家はメガバンクの店舗がない市で、政令都市で手続きをしている。県内であれば口座開設はできる。

窓「いいえ、しかし理由をお聞かせ願えますか。

私「(ちょっとイラつく)地方銀行だと全国のATMで手数料を払わなきゃだからです。」

窓「全国のATMをご利用になるんですか?」

私「はい。たまに。」

窓「どういった理由で全国にいらっしゃるのですか?」

私「(イライラ)は?そこまで話すんですか?」

窓「はい、お願い致します。」

私「出張というか、用事があるので。」

窓「ご職業を詳しくお聞かせください。」

私「今は無職です(日本での住民登録で)。」

窓「え?では出張はなぜ?なぜ全国にいらっしゃるのですか?」

私「(超イライラ)研究会出席と学会発表のためです!これをしないと再就職できないんですよ!」←一番最もらしい理由を言ってみた

窓「学会のお名前をお教えいただけますか?

私「は?そこまで言わなきゃいけないの?なんで?」

窓「規則なので、申し訳ありませんが。」

私「○○です。」

窓「…わかりました。ではお手続きいたします。」

 

超面倒くさくない…?

 

銀行プライバシー重視といいつつ、自分たちは根掘り葉掘り何でも聞いていいんだね。

口座売買が多発していて、メガバンクが被害を受けているらしいからしょうがないのかもしれないけど。

 

ほぼ爆発しかけてましたが、窓口の人の意向でもないし(きっと結構客にキレられてるはず)、黙って耐えました。

けどいい気はしない。

 

結局無事口座は開設されましたが、もしかして使わないかも。

イメージ悪くなりすぎ。

口座開設:みずほ銀行の場合

番号札の機会に歩み寄ると、行員が寄ってきて目的を聞くまではほぼ同じ。

しかーし!

みずほ銀行は一歩先を行っていたのであります。

口座開設記入用紙はなく、全てタブレットで打ち込むスタイル。

数人が操作している長テーブルの横にはフォロー行員も待機し、スムーズに終わりました。

クレジット機能付きカードの説明を聞いてから窓口に行くシステムでしたが、

「本当に要らないんで。」

とキッパリ断ったらパスして進めました。

 

窓口の行員さんは20代女性。

 

…はっ。

 

皆様お気づきでしょうか。

無意識に「行員”さん”」とさん付けをしてしまっている…。

区別しているわけではなかったのに...、文章って正直に感情が出てしまうのかしら…。

 

「いらっしゃいませ。当行の口座開設は初めてでいらっしゃますか?確認いたしますね。」

ここまでは三菱とほぼ一緒。

「口座開設目的は○○とのことですが、お間違いないでしょうか?」

この○○はタブレットで記入済みのものを聞かれる。

 

これだけ!

(小声)しかも笑顔付き!

 

昔に比べれば厳しくなったのかもしれませんが、尋問形式でなかっただけもイメージアップ!

三菱の後だから余計そうなのかもしれませんがね…。

 

三菱、みずほどちらも本人確認書類は免許証でOK、マイナンバーは必要ありませんでした。(2016年7月時点)

ATMで手数料を取られないようにするには

体感だけでいえばみずほに軍配があがり、国民健康保険料の引き落としは感情的にみずほを選択。

口座を作った時点では1000円しか入れてなかったので、ちょっとまとまったお金を入れようとATMへ向かいました。

※店舗のない場所ではイオン銀行と提携しているため、イオンに行けばみずほ銀行のATMとして使用可能。

 

早速イオン銀行のATMへと向かい通帳で入金しようとすると…

 

あれ?通帳入れるとこないよ?

 

取引はカードのみだってよ!

入金もカードだけだって…。(だって通帳入れるとこないし)

カードは口座開設から10日くらい立たないと送られてこないのです。

 

更に!

みずほ銀行に関しては、平日8:45〜18:00以外は入金も有料だって!!(店舗併設ATMでも)

 

もう…銀行に預けたら貯金減る一方じゃん…。

ちょっとひどいんじゃないの?

と憤慨していましたが、「みずほマイレージクラブ」というのに入ればATMの手数料が無料になるそうです。

 

そういえば、タブレットで「みずほマイレージクラブ」に入会しますか?と問われ、よくわからず「はい」にしたっけ…。

多分このクラブではクレジット機能付きカードに申し込ませることが目的だと思われますが、私のようにきっぱり「要らないんで。」と断ればクレジット機能なしのクラブカードとしてキャッシュカードが登録されるみたいです。

 

つまり、カードさえ届けばATMをいつでも無料で使えるということですね。

 

三菱は入金は無料のようですが、出金の時間外手数料はとられる様子。

ATM手数料を無料にするには「スーパー普通預金」口座を開設すればOK。(私もコレ)

 

年々口座開設は厳しくなっていくようなので、数年後にはどうなるかちょっとドキドキなのでありました!

結局ゆうちょが一番かな楽かな!(独断と偏見、そしてまだ旧姓)

 

【日本は色々面倒くさいのう…シリーズ】

海外在住だと銀行口座が凍結!?一向に変更できない旧姓のままの口座名義

ネスカフェ原宿で長居してきたよ!コーヒーマシーンの使い方難しい(泣)

海外在住者が一時帰国すると危険がいっぱい?日本語ってこわい!

 

【でもやっぱり日本最高!シリーズ】

新宿のデパートのトイレに定期を忘れたら、超連携プレーですぐに出てきた!

スバルのアイサイト搭載車に乗ってみた!「ついていく技術」が特にすごい!

『てもみん』はかゆいところに手が届くマッサージのプロ集団だった!

『週刊たびなすび』

↓一週間分の更新情報+αをお届け!

 - アジア, 妻:ちか, 日本